【50代】メンズ長財布の人気ブランド&ハイブランド20選

【50代】メンズ長財布の人気ブランド&ハイブランド20選

【PR】

今売れてる長財布

この財布の特徴

ハレルヤはキャッシュレス時代に対応した、コンパクトで他にはないユニークな財布を生み出し続けています。『TIDY(タイディ)2.0』は累計販売本数2万本を突破した実力派。そしてオールレザーかつ日本製なのに税込み15,555円というお手頃価格。スマホよりもちょっと大きい程度のコンパクトさがウケています。

ブランド ハレルヤ
価格 15,555円(税込み)
評価 評価4
備考 牛革(プルアップレザー)を使用

日本のメンズ財布ブランドと長財布【納得の品質と価格】

■ クラフスト

クラフストの製品は定番の人気レザーであるブライドルレザーとシェルコードバンで構成されています。各タイプの財布がある中で、50代の方には写真のブライドルレザーの長財布が人気です。

 

 

クラフストは10年後を考えたものづくりをしており「毎日使い続けても壊れない。壊れても修理ができる」という考えがベースにあります。他社より丈夫である上に修理を気軽に依頼できるのは嬉しいですね。

 

設立年 2020年
主な価格帯 20,000円〜40,000円
製造地 日本

 

【価格】39,600円(税込み)

 

クラフスト公式サイト

 

 

同じくブライドルレザーの長財布のこちらも人気です。

 

 

開閉が楽で扱いやすいです。

 

※ 価格:税込み38,500円

 

クラフスト公式サイト

 

■ キプリス

キプリスでは最高級レザーを使用して最高レベルの技術集団が作っていますが、他のブランドの同種の財布よりも1万円程度価格が抑えられているアイテムもあり、コスパが高くて人気です。

 

 

価格は1万円台から10万円以上まで幅広いのが特徴ですが、2万〜3万円の財布が多く売れているようです。写真は姫路産のシラサギレザーを使ったハニーセル構造の長財布で中身が見やすく収納力も抜群。長財布では一番売れています。

 

設立年 1995年
主な価格帯 20,000〜35,000円
製造地 日本

 

【価格】33,000円(税込み)

 

キプリス公式サイト

 

 

同じくシラサギレザーを使用した折り畳みの長財布も人気です。

 

 

日本で作られたレザーで日本で縫製された純国産の財布ながら税込み22,000円とかなりお手頃です。

 

【価格】24,200円(税込み)

 

キプリス公式サイト

 

 

■ 万双(まんそう)

実際にお店に行ったり公式サイトを見てみると、こだわりの強い職人が作る大人の男のためのブランドという印象です。適正な価格で販売するために卸はせず、直販にこだわっています。キプリス同様に価格が安いです。

 

 

公式サイトにも「世界最高峰の品質でありながら常識的な価格で革製品をご提供すること」と書いてあり、その通りのことをやっています。お客さんのことを思い誠実に経営されている、日本が誇るべき革ブランドです。

 

設立年 1995年
主な価格帯 20,000〜40,000円
製造地 日本

 

万双オンラインストア

 

万双で一番売れているの長財布はこちらのブライドル長財布(小銭入付)。

 

 

税込みで29,700円という価格は広告費に大きな予算を投じている他社には真似できません。

 

【価格】29,700円(税込み)

 

万双オンラインストア

 

日本のメンズ財布ブランドと長財布【1〜2万円台に抑えたい方向け】

■ ハレルヤ

ハレルヤの『TIDY2.0』シリーズは累計販売本数2万本を突破した実力派。そしてこちらは栃木レザーを使用したオールレザーの財布で日本製でありながら税込み15,555円というお手頃価格。

 

 

長財布が良いけど普通の長財布は大きすぎるという方に最適です。近年は緑の財布を持つと運気が上がると言われているようで、こちらのカラーが人気のようです。

 

設立年 2014年
主な価格帯 10,000円〜15,000円
製造地 日本

 

ハレルヤ公式サイト

 

■ ジョッゴ(JOGGO)

ジョッゴは最高級グレードの牛本革を使用していながら、人気の財布を税込みで16,280円という格安価格で財布を販売しているブランドです。レザーの色の組み合わせを自分で選ぶことができ、プレゼントにも喜ばれています。

 

 

日本製ではないのが安さの理由ですが十分な品質を備えていますし、この財布の製造がバングラディシュにおいて雇用を生み出し、貧困対策に繋がっています。買うことで社会貢献できるという優れた仕組みです。50代男性には写真のラウンド長財布が一番人気があるようです。

 

設立年 2007年
主な価格帯 16,830円
製造地 バングラデシュ

 

【価格】16,830円(税込み)+ 送料924円

 

ジョッゴ公式サイト

 

 

こちらの長財布も同じくらい人気です。

 

 

薄くてシンプルで使いやすいです。

 

【価格】16,830円(税込み)+ 送料924円

 

ジョッゴ公式サイト

 

■ ルバートアンドコー

日本製の栃木レザーを使用して日本国内で製造することにこだわるブランドがルバートです。永く使うことで独特の風合いが出てくることが大きな特徴です。今はまだ公式サイトでは長財布1点のみの取り扱いです。

 

 

写真の長財布はユニセックスの財布として美しく、使い勝手も良く、男女ともに評判です。小さな工房で少数の職人が一つ一つ丁寧に作り上げます。ただし、人気過ぎて納品まで5ヶ月待ちということで、おすすめですがすぐには手に入らない状況です。

 

設立年 不明
主な価格帯 19,800円
製造地 日本

 

【価格】22,000円(税込み)

 

ルバートアンドコー公式サイト

 

日本のメンズ財布ブランドと長財布【高額だけど最高品質】

■ ユハク(yuhaku)

一見しただけでこの独特のグラデーションに心を奪われた方もいると思います。人と同じデザインは嫌だという方、ホンモノ志向の革財布を持ちたいという方にはユハクのアイテムはとてもおすすめです。手染めに手間がかかることに加え近年のレザー価格の高騰により、ユハクは高級革財布に位置づけられます。

 

 

見た目のスタイリッシュさ、美しさが注目されますが、製造段階で触り心地と使いやすさを追求するなど、財布の内部まで最大限のこだわりを追求しています。ユハクはかなり高価ですが写真の牛革の長財布(YVE110)が一番人気があります。価格に恥じぬ最高品質の財布です。

 

設立年 2006年
主な価格帯 50,000円〜75,000円
製造地 日本

 

【価格】82,500円(税込み)

 

ユハク公式サイト

 

 

同じく長財布で人気上位を争うのがこちらの『YVP114 ラウンドファスナーウォレット』です。先程と同じベルトゥーラシリーズのラウンドタイプです。

 

 

手染めをすることで、不透明であるはずの革素材に透明度の高い美しいツヤとグラデーションを生み出しています。

 

【価格】85,800円(税込み)

 

ユハク公式サイト

 

■ ガンゾ(GANZO)

皮革袋物メーカーでも老舗で知られる「AJIOKA」が展開するブランドです。GANZO製品にはAJIOKAで培ったレザーのノウハウが詰め込まれており、シンプルながらも品質の高いアイテムがラインナップしています。

 

 

カラー展開は、比較的シンプルで落ち着いた色が多く、ビジネスにもカジュアルにも使えるのが評価されているようです。経年変化も充分に楽しめるので皮革ファンにもおすすめできます。

 

設立年 2001年
主な価格帯 50,000〜80,000円
製造地 日本

 

ガンゾ公式サイト

 

人気があるのはコードバンの財布。

 

 

ガンゾはコードバンの財布が非常に有名で、そしてキャッシュレスが進んだ今も長財布が根強い人気を誇っています。

 

【価格】69,300円(税込み)

 

ガンゾ公式サイト

 

■ ココマイスター

ココマイスターは幅広い世代の男性に受け入れられている日本の革製品ブランドです。主にヨーロッパの名門タンナーにより製造された高級レザーを厳選して使用しています。コードバンは日本とアメリカの最高級品を使用しています。

 

 

エイジングが味わい深い製品が多く、レザーファンを満足させる品質が特徴でもあります。一番のおすすめポイントは長財布のラインナップが豊富であること。長財布がメインのブランドと言っても過言ではありません。たくさんの種類から選ぶならココマイスターです。

 

設立年 2009年
主な価格帯 30,000円〜50,000円
製造地 日本

 

ココマイスター公式サイト

 

 

ココマイスターは財布の種類が非常に豊富なので売れている財布もバラけているのですが、それでもこちらのブライドルレザーの長財布『ブライドルグランドウォレット』は人気です。

 

 

もう10年以上も売れ続けているロングセラー商品であり、ココマイスターを代表する財布の一つと言えます。価格が高すぎないのも人気の秘訣でしょう。どれにしようか迷った方は一見の価値ありです。

 

【価格】34,000円(税込み)

 

ココマイスター公式サイト

日本のメンズ財布ブランドと長財布【こちらも人気】

■ チマブエ(CIMABUE)

ブランド名の『CIMABUE』は、イタリア語の「CIMA(最上級)」「BUE(雄牛)」から名付けられたという、大人の男性向けバッグ&皮革製品ブランド。国内外の厳選した皮を、「匠」と呼ばれる国内職人のみで縫製しています。

 

 

ブライドルレザーのダレスバッグ(16万+税)から、ブリーフケース、デザイン性に富んだリュックなどの他、財布についても牛革、コードバン、ガルーシャ(エイ革)など様々な革を用いたラインナップが豊富です。タイプとしても長財布、二つ折り、ミニ財布など多岐に渡り、知名度は低いもののかなりの実力があるブランドだと感じます。

 

設立年 不明
主な価格帯 30,000〜60,000円
製造地 日本

 

チマブエ取扱いサイト

 

 

■ alt81(オルトハチジュウイチ)

2012年にスタートしたalt81は、革製品メーカーとしての歴史こそ浅いものの、その製品からは「質」と「使い勝手」へのこだわりが随所に見られます。

 

 

一番人気の『mark_ラウンド長財布02』はトラ模様が特徴です。後発組ですが他の国内革製品ブランドを凌駕するようなアイデアにもあふれている、注目のブランドです。

 

設立年 2012年
主な価格帯 25,000〜35,000円
製造地 日本

 

alt81公式サイト

 

 

■ ソメスサドル

ソメスサドルは北海道を中心に展開している日本の革ブランドです。北海道に4店舗、東京にも青山の直営店があります。馬具を宮内庁に納めていたほどですから技術的に相当認められている会社です。

 

 

フェルデンやディアマンといったコードバンを使用したシリーズの製品が多い他、二つ折り財布やコンパクトL字ウォレット、スリムウォレットなどもあり、時代の流れにしっかりと対応しています。

 

設立年 1964年
主な価格帯 20,000〜35,000円
製造地 日本

 

ソメスサドル公式サイト

 

 

■ 大峡製鞄(おおばせいほう)

大峡製鞄は知名度は高くないものの、1935年創業と歴史は古く、かつては皇室の薬箱を製作していた実績もあるそうです。格式高いブランドで商品も50代の方に好まれそうなベーシックな物が多いです。

 

 

皮革素材はパダラッシィ・カルロ社やワルピエ社など世界の有名タンナーから仕入れているため、クオリティはかなりのもの。公式サイトが見にくいのが弱点ですが、じっくりと眺めてみれば良い物がたくさんあることに気づくでしょう。

 

設立年 1935年
主な価格帯 35,000〜50,000円
製造地 日本

 

大峡製鞄公式サイト

 

 

■ プレリーギンザ

プレリーは日本中どこのデパートに行っても置いてあるので、目にしたことがある方が多いはず。1957年に創業され、品質には定評があります。最高級レザーを使用した“ジュエル”、最高品質商品がコンセプトの“プレリーギンザ”、中国で生産される“プレリー1957”など、いくつかのシリーズがあります。

 

 

中でも注目したいのがコードバンを使用したアイテムです。繊細さがあり、滑らかな肌触りが特徴です。別名キングオブレザーと呼ばれているように、革製品を代表する存在感を放っています。愛用している方にとっては説明するまでもないですが、一度使用するとその魅力の虜になることでしょう。

 

設立年 1957年
主な価格帯 22,000円〜36,300円
製造地 日本

 

プレリーギンザ公式サイト

 

海外のメンズ財布ブランドとハイブランド8選

■ エッティンガー

イギリスの名門エッティンガーは1934年に創業され、1999年に日本で流通し始めます。“ロイヤル・ワラント”という英国御用達の名誉ある称号を得たことで一躍有名ブランドとして認知され、根強いファンができる程です。エレガントなデザインを持ちながら品質高い革製品は、使用するだけで大人な男性を演出します。

 

 

スーツに合うのでビジネスマンが愛用しているイメージが強いのが特徴的。ほどよい厚さに仕上がっているので使用感も抜群。また、外面の縫い合わせに細い糸を使用していながらも、抜群の耐久性を誇っています。

 

設立年 1934年
主な価格帯 40,000円〜60,000円
創業地 イギリス

 

公式サイト(長財布一覧)

 

■ ボナベンチュラ

ボナベンチュラは、イタリア・ミラノ発のラグジュアリーレザーブランドです。ヨーロッパ最高級レザーを採用し、レザーの美しさを最大限引き立てるミニマルなデザインが魅力です。ブランドのロゴが目立たないのも良いです。

 

 

元々はレディース向けのブランドであったことからエレガントな雰囲気が漂います。上質で上品な上に価格もお手頃なので人気急上昇中です。50代男性にはこちらの長財布が一番人気です。極薄タイプでスッキリとして使いやすいです。

 

設立年 2018年
主な価格帯 30,000〜50,000円
創業地 イタリア

 

【価格】55,000円(税込み)

 

ボナベンチュラ公式ストア

 

■ グッチ

グッチの財布は、イタリアのラグジュアリーブランドとして常に革新的なデザインと高品質な素材で注目を集めています。エレガントな外観と洗練されたスタイルが特徴で、ファッションアイテムとして最適です。

 


画像引用元:グッチ公式サイト

 

上質なレザー素材やアイコニックなGG柄がラグジュアリーな雰囲気を演出し、高級感とスタイリッシュさを兼ね備えています。グッチの財布は、品質とスタイルを追求する男性にとって、自信と個性を表現するための最適な選択肢です。

 

設立年 1921年
主な価格帯 長財布は90,200円〜
創業地 イタリア

 

公式サイト(長財布一覧)

 

■ バーバリー

バーバリーの財布は、イギリスの伝統とモダンなデザインが見事に調和したアイテムです。上質なレザー素材やクラシックなチェック柄が特徴で、洗練されたスタイルを演出します。機能性も兼ね備えており、カードや現金を整理するための収納スペースが豊富です。

 


画像引用元:バーバリー公式サイト

 

特徴的な模様があるデザインも人気で、エレガントな印象を与えます。バーバリーの財布は、上質さと実用性を求める男性にとって、信頼できるパートナーとなることでしょう。

 

設立年 1856年
主な価格帯 長財布は79,200円〜
創業地 イギリス

 

公式サイト(財布一覧)

 

■ ラルフローレン

ラルフ・ローレンの財布は、アメリカの伝統と洗練されたスタイルが見事に融合したアイテムです。上質なレザー素材やクラシックなデザインが特徴で、品位と実用性を兼ね備えています。

画像引用元:ラルフローレン公式サイト

 

ラルフ・ローレンの財布は、クラシックでタイムレスなアクセサリーとして、スタイリッシュな印象を与えてくれるでしょう。そのデザイン性の高さから、フォーマルなシーンだけでなくカジュアルな場面まで幅広く活躍し、長く愛用できる信頼性も備えています。

 

設立年 1967年
主な価格帯 長財布は75,900円〜
創業地 アメリカ

 

公式サイト(財布一覧)

 

■ グレンロイヤル

1979年創業のグレンロイヤルは、スコットランドの職人によりハンドメイドで丁寧に作られるブランドです。このブランドの最大の特徴は、革の光沢の良さにあります。ブライドルレザーの繊維を収縮させて耐久性を上げるだけでなく、外面からも美しい光沢のアイテムを作ることができます。

 

 

また、使えば使う程味が出ることで愛着が湧くアイテムなので、1つのアイテムを10年単位で使用するユーザーもいる程です。耐久性が優れているからこそできることです。

 

設立年 1979年
主な価格帯 40,000円〜50,000円
創業地 イギリス

 

公式サイト(財布一覧)

 

■ ダンヒル

ダンヒルの財布は、イギリスのエレガントなスタイルと高品質な素材で知られています。洗練されたデザインと確かな職人技術が光るアイテムは、50代の男性にとって理想的な選択肢です。

 


画像引用元:ダンヒル公式サイト

 

上質なレザー素材やクラシックなディテールが特徴で、品位と実用性を兼ね備えています。何気ない日常生活の中でキラリと輝くアイテムで、幅広く活躍し、信頼できる相棒として長く愛用できます。

 

設立年 1893年
主な価格帯 長財布は94,600円〜
創業地 イギリス

 

公式サイト(長財布一覧)

 

■ モンブラン

モンブランの財布は、高級感と上質な素材で知られるラグジュアリーブランドです。洗練されたデザインと確かな品質が特徴で、こなれ感を演出する理想的なアクセサリーです。上質なレザー素材やモンブランのアイコンであるスターモチーフが、財布にエレガントな雰囲気を与えます。

 


画像引用元:モンブラン公式サイト

 

機能性も兼ね備えており、カードや現金を整理するための収納スペースがしっかりと設けられています。モンブランの財布は、高級感と実用性を求める男性にとって、自信と品位を持って使える一品です。

 

設立年 1906年
主な価格帯 長財布は79,200円〜
創業地 ドイツ

 

公式サイト(長財布一覧)