【長財布マニア】日本製メンズ革財布

メニュー

コードバン(馬革)の長財布と二つ折り財布を厳選!ブランドはこれだ

このページではコードバンでおすすめのブランドと財布をご紹介しつつ、コードバンとはどういう革なのかの解説もしたいと思います。

ブランドで選ぶコードバン

■ ココマイスター

ココマイスターは、「英国紳士が愛した極上長財布」のコンセプトのもとに作られました。ヨーロッパの高級皮革の素材と日本の職人の技術力から作られる「大人の雰囲気」を演出できるアイテムを多く作ります。1つ1つ職人の匠の技を駆使して仕上げることから、質の高さは常に評価され続けています。

ココマイスターはコードバンの種類が豊富です。光沢が美しい水染めコードバンを使用したマイスターコードバンシリーズ、ブライドルレザーのようにロウ引きされて徐々に輝きを増していくコードバンクラシックシリーズ、そしてシェルコードバンシリーズまであるのでここだけで全てが揃います。

設立年 2009年
主な価格帯 30,000円〜50,000円
製造地 日本

 

ココマイスター公式サイト

 

■ CRAFSTO(クラフスト)

クラフストの製品は定番の人気レザーであるブライドルレザーとコードバンで構成されていて、デザイン的にも洗練されています。フラグメントケース、L字ファスナー、マネークリップなど流行のミニ財布も取り入れており、中でも写真のL字ファスナー財布が人気です。

コードバンにおいてはアメリカ産のシェルコードバンのみを使用しています。シェルコードバンの長財布は非常に高額で10万円以上することが多いですが、クラフストでは内装にイタリアンレザーを使うことで価格を抑え、他社と比較して数万円ほど安い価格で購入できます。

 

※人気のため生産が追いつかず品切れが多いですが、予約注文できます。

設立年 2020年
主な価格帯 20,000円〜40,000円
製造地 日本

 

クラフスト公式サイト

 

※人気のため商品によっては納品まで1ヶ月待ちです。

 

■ GANZO

ブラックやブラウンのシンプルな色が多く、重厚感溢れる上質な革を使用していることからビジネスシーンに合わせやすいGANZO。「あなたの手によって世界最高の完成品となる」というコンセプトのもと、使い込むほど味が出る、まさに大人のためのアイテムです。

外装に水染めコードバン・内装にヌメ革を使用したコードバンシリーズ(上の写真)が一番人気ですが、他にも内装にホースハイドを使用したコードバンオーセンティック、内装にもコードバンを使用したコードバンルチダ、そしてシェルコードバンなどコードバンの取り扱いが非常に豊富です。

設立年 2001年
主な価格帯 30,000〜51,700円
製造地 日本

 

GANZO公式サイト

 

■ ウォームスクラフツマニュファクチャー

兵庫県に新喜皮革という日本唯一で、世界でも2社しかないコードバンのタンナー(革の製造業者)があります。その関連会社が起こした馬革専門のブランドがウォームスクラフツマニュファクチャーです。新喜皮革が製造したコードバンやホースハイドなど使用した革製品を多数手がけています。

会社名が『株式会社コードバン』ですから、それだけでコードバンにかける熱い思いや決意のようなものが伝わってきます。西は阪急メンズ大阪、E-MA、東は有楽町にある阪急メンズ東京の地下1階や伊勢丹メンズ館などで取り扱いがあります。どれも非常に高価ですが、品質は間違いなく国内最高峰です。

設立年 2014年
主な価格帯 50,000〜74,800円
製造地 日本

 

ウォームスクラフツ公式サイト

仕上げで選ぶ【ラウンド長財布】

「水染めコードバン」「シェルコードバン」「オイルコードバン」などの言葉が出てきますが、それぞれの違いは後半で解説しています。

■ 水染めコードバン

この財布の特徴

ブランドはココマイスターです。水染めのコードバンを使用して光沢と透明感のある財布に仕上げたマイスターコードバンシリーズの財布です。キラキラと光を映すその姿からはこれ以上ない高級感が漂っています。大人のラウンド長財布です。

価格 70,000円
評価 評価5
備考 国産水染めコードバン使用・内部は欧州産イタリアンレザー・縫製地は日本

 

コードバンの染色は難しいのですが、ココマイスターのコードバンシリーズにはブラック以外にもボルドーワイン・グリーンプラネット・ブループラネットといった珍しいカラーがあるのが特徴です。

ただし、少量生産のため売切であることが多いです。

 

この財布の特徴

ブランドはガンゾです。こちらの長財布はココマイスターと似ていますが価格は少しお手頃です。違いは内装のレザーです。ココマイスターはオイルレザーを使って渋めに作っているのに対して、GANZOは肌色のヌメ革を使い、クリーンな仕上がりになっています。

価格 63,800円
評価 評価5
備考 国産コードバン使用・内部は欧州産ヌメ革・縫製地は日本

 

■ シェルコードバン

この財布の特徴

ブランドはクラフストです。アメリカ産のコードバン(シェルコードバン)を使用したラウンド長財布。ココマイスターやガンゾのシェルコードバンの長財布は全面にシェルコードバンを使うことで10万円ぐらいしますが、この財布は内部にイタリアンレザーを使用することで7万円台まで価格を抑えています。非常にお得だと思います。

価格 75,240円
評価 評価5
備考 アメリカ産シェルコードバンを使用・内部は欧州産イタリアンレザー・縫製地は日本

 

後で詳しく解説しますがアメリカのホーウィンという会社が作ったコードバンをシェルコードバンと言います。いくつか種類のあるコードバンの一つです。

 

■ オイルコードバン

オイルコードバンとシェルコードバンは同じようなレザーですが、革を製造している会社が違うため分けています。

 

この財布の特徴

ブランドはウォームスクラフツマニュファクチャーです。このナチュラルレザーはコードバンの中でも更に生産量が少ない貴重なレザーです。ウォームスクラフツマニュファクチャーはタンナー(革の製造業者)と結び付きが強いため、こういった貴重なレザーでも取り扱うことができます。国産のオイルコードバンを使用しています。

価格 74,800円
評価 評価5
備考 国産コードバン使用・内部は国産ホースハイド・製地は日本

仕上げで選ぶ【折り畳み長財布】

■ 水染めコードバン

この財布の特徴

ブランドはココマイスターです。マイスターコードバンシリーズ(水染めコードバン)の折り畳み長財布です。ビジネスやフォーマルな場面によく似合う財布です。

価格 67,000円
評価 評価5
備考 国産水染めコードバン使用・内部は欧州産イタリアンレザー・縫製地は日本

 

この財布の特徴

ブランドはガンゾです。ココマイスターと似ていますが内装のレザーが異なります。それにしても価格差が大きいので、お得に買いたい方にはこちらをおすすめします。

価格 51,700円
評価 評価5
備考 国産コードバン使用・内部は欧州産ヌメ革・縫製地は日本

 

■ シェルコードバン

この財布の特徴

ブランドはクラフストです。やはりシェルコードバンを使っています。こちらもラウンド長財布同様に内部はイタリアンレザーです。シェルコードバンは密度が濃いため、革切れや革削れといった問題が起こりにくく、非常に丈夫です。

価格 71,500円
評価 評価5
備考 アメリカ産シェルコードバンを使用・内部は欧州産イタリアンレザー・縫製地は日本

仕上げで選ぶ【二つ折り財布】

■ 水染めコードバン

この財布の特徴

ブランドはココマイスターです。国産の水染めコードバンを使用した二つ折り財布です。ブライドルレザーよりも更に強い輝きを放ち、高級感が溢れます。大人の男にふさわしい二つ折り財布です。

価格 48,000円
評価 評価4
備考 外側は国産水染めコードバン・内部はオイルレザーを使用・縫製地は日本

 

この財布の特徴

ブランドはガンゾです。ココマイスター同様に国産の水染めコードバンを使用した二つ折り財布です。一般的な二つ折り財布の形状とは異なる新しいタイプです。こちらの方が収納しやすそうな印象です。

価格 49,500円
評価 評価4
備考 外側は国産水染めコードバン・内部は牛ヌメ革を使用・縫製地は日本

 

■ シェルコードバン

この財布の特徴

ココマイスターのシェルコードバンの二つ折り財布はやはり内装にもシェルコードバンが使用されています。そのため二つ折りながら価格はかなり高額ですが、財布を開くとヌメ革ではなくコードバンなので得られる高級感は他の財布とは比較になりません。

価格 78,000円
評価 評価4
備考 全面にアメリカ産シェルコードバンを使用・縫製地は日本

仕上げで選ぶ【コンパクト財布】

■ シェルコードバン

この財布の特徴

ブランドはクラフストです。シェルコードバンを使用したL字ファスナー財布。クラフストでは今L字ファスナー財布が一番売れているとのこと。キャッシュレス化により新しいタイプのコンパクト財布が人気です。

価格 39,600円
評価 評価4
備考 アメリカ産シェルコードバンを使用・内部は欧州産イタリアンレザー・縫製地は日本

コードバンとはどんな革?

簡単に言うと馬のお尻から採れる皮を革に仕上げたものをコードバンと言います。
キングオブレザー」「革のダイヤモンド
と呼ばれることもあります。

 

臀部に厚さ1mmの特殊な繊維層が存在します。その緻密な繊維層を裏側から削りだし、なんと約10ヶ月もの手間暇をかけて革に仕上げていきます。

 

 

コードバンという名前はスペインの「コルドバ」地方からきていると言われています。ヨーロッパで食肉用としてごく少数生産されている馬から採取することができます。

 

馬革には他に「ホースハイド」がありますが、そちらは馬の胴体部分を使用した革です。

■ コードバンの種類

コードバンと一口に言っても仕上げの方法によって主に以下の3つに分けられます。

 

【 1.水染めコードバン 】

 

日本のレーデルオガワ社が製造しているコードバンです。アニリン染めという独自の染色方法により、表面のきらめくような美しさを実現しました。

 

 

この輝きは水染めコードバンならではです。

 

日本ではコードバンと言うとこの水染めコードバンのことを指すことが多いです。

 

水染めコードバンの財布ならココマイスターのマイスターコードバンシリーズがおすすめです。公式サイトの下の方です。

 

ココマイスター公式サイト

 

 

【 2.オイルコードバン 】

 

その名の通り革の内部に多くの油脂成分が含まれているコードバンです。それにより高い耐久性を実現しています。

 

アメリカのホーウィン社が作るシェルコードバンはオイルコードバンの代表格です。繊維の密度が高いので革切れが起こりにくいという特徴もあります。

 

日本だと新喜皮革社も製造しています。

 

 

水染めコードバンほどの輝きはありませんが、革の自然な風合いと程よい光沢、そしてエイジングも楽しむことができる魅力的なレザーです。

 

オイルコードバンの財布でしたらクラフストのシェルコードバンシリーズがおすすめです。

 

クラフスト公式サイト

 

 

【 3.顔料仕上げのコードバン 】

 

表面に顔料を塗ることでオイルコードバンよりも更に丈夫で水にも強いコードバンです。

 

日本から生まれたレザーで、主にランドセルに使われています。ランドセルは6年もの間雑に扱われがちですが、顔料仕上げによってそれに耐えることができます。

 

その一方で革の自然な風合いは損なわれるというデメリットもあります。

 

ランドセルに使われるスタンダードタイプの他に、財布だと顔料の上に更に蝋引き加工された商品を見かけます。

 

 

表面に白い粉が浮いていますが、使ううちに自然と取れて中の輝きを楽しむことができます。

■ コードバンの特徴

コードバンには大きく分けて3つの特徴があります。

 

【 1.強度 】牛革の3倍!?

 

ブライドルレザー同様非常に堅牢で、一般的な牛革の2〜3倍の強度があると言われています。馬のお尻の部分はムチで強く打たれるため固くなります。

 

また、表面加工されているためシミや汚れ、傷などにも強く、牛革と比べると軽いです。

 

 

元々の素材がとても丈夫ですが、オイル仕上げや顔料仕上げなどによって更に頑丈になります。

 

【 2.希少性 】

 

コードバンが採取できる馬の生産量は少なく、1頭から採取できる量も非常に限られています。そのため牛革と異なり非常に希少性の高い革です。革のダイヤモンドといわれる由縁がそこにあります。

 

【 3.艶(ツヤ) 】

 

やはりコードバンの魅力で外せないのが、そのツヤ。財布で多く使われている水染めコードバンはこのように表面に光沢があり、ブライドルレザーの比ではありません。

 

 

この輝きが魅力的であるからこそコードバンの財布を買う方が多いのではないでしょうか。

■ コードバンを製造する会社

コードバンを皮のなめしから仕上げまで一貫して行う会社は世界に2社しかありません。レーデルオガワ社のように仕上げのみを行う会社はいくつかありますがここでは省略します。

 

【 1.新喜皮革 】

 

そのうちの一つがなんと日本にあります。兵庫県姫路市にある有限会社新喜皮革です。一般に新喜皮革(しんきひかく)と呼ばれています。

 

1951年創業で、1973年にコードバンの試験製造を開始してから40年以上も経過している老舗です。

 

日本でコードバンの財布として売られている物は、どれも新喜皮革でなめされたコードバンが使われています。

 

 

ただし、仕上げはレーデルオガワ社が有名で、上の写真のGANZOのコードバンにもレーデルオガワで水染めされたコードバンが使われています。

 

【 2.ホーウィン 】

 

もう一つがアメリカにあるホーウィンという会社です。

 

歴史は新喜皮革よりも更に古く、1905年創業で100年以上の歴史があります。

 

ホーウィンの製造するコードバンは「シェルコードバン」として商標登録され、ブランド化されています。

 

 

シェルコードバンの財布は非常に高く、特にココマイスターやGANZOのように内装までシェルコードバンが使われている長財布は10万円程します。

■ コードバンの手入れ方法

コードバンも使い続けるうちに細かい擦り傷が付き、新品当初のツヤが無くなってしまいます。そんな時はこちらのクリームがおすすめです。

 

 

このクリームはコードバンの繊維の風合いを守るため、含まれるワックスの割合を高め、水分を少なめにしているとのこと。

 

私も実際に使ってみましたがツヤが出て輝きが復活したのでとても嬉しかったです。エイジングもプラスされて味のある革になりました。

 

このクリームをAmazonで見る

 

※ イタリアンレザーやブライドルレザーに使うクリームをコードバンに使うと革が痛む可能性があるので、コードバン専用のクリームを使うようにしてください。

■ コードバンのまとめ

コードバンは以上のような特徴・魅力があり、たくさんの人達に愛されていますが、一つ残念な点があります。

 

それは、年々価格が高騰してきていることです。農耕馬の数は限られるため、どこかで需要が拡大すると一気に入手困難となり、価格が跳ね上がります。

 

2012年頃に30,000円で購入できた財布が、今は45,000円ほどで売られていたりします。

 

そんな貴重なコードバンだからこそ、長く大事に使いたいものです。

 

【参考文献】オイル仕上げのコードバンについて専門店の職人が解説します!

特におすすめの財布

水染めコードバンが人気ですので、こちらの2点をおすすめしたいと思います。

 

この財布の特徴

水染めのコードバンを使用して光沢と透明感のある財布に仕上げたマイスターコードバンシリーズの財布です。キラキラと光を映すその姿からはこれ以上ない高級感が漂っています。大人のラウンド長財布です。

価格 70,000円
評価 評価5
備考 国産水染めコードバン使用・内部は欧州産イタリアンレザー・縫製地は日本

 

この財布の特徴

国産の水染めコードバンを使用した二つ折り財布です。ブライドルレザーよりも更に強い輝きを放ち、高級感が溢れます。大人の男にふさわしい二つ折り財布です。

価格 48,000円
評価 評価4
備考 外側は国産水染めコードバン・内部はオイルレザーを使用・縫製地は日本