【40代】日本製メンズ財布の人気ブランド15選|プレゼントにも

【40代】日本製メンズ財布の人気ブランド15選|プレゼントにも

特におすすめの日本製ブランド5選

財布の質が高いだけでなく、公式サイトも魅力的で見てると買いたくなっちゃうような、特におすすめのブランドを6つ厳選しました。

■ ココマイスター

ココマイスターはスーツにも合わせやすいシンプルなデザインが多く、幅広い世代の男性に受け入れられている革製品ブランドです。使用するレザーはヨーロッパ産のもので、名門タンナーの高級レザーを厳選。

 

 

エイジングも味わい深く、レザーファンを満足させる品質が特徴のひとつでもあります。一番のおすすめポイントは長財布のラインナップが豊富であること。長財布メインのブランドと言っても過言ではありません。たくさんの種類から選ぶならココマイスターです。

 

設立年 2009年
主な価格帯 30,000円〜50,000円
製造地 日本

 

ココマイスター公式サイト

 

 

ココマイスターは財布の種類が非常に豊富なので売れている財布もバラけているのですが、それでもこちらのブライドルレザーの長財布『ブライドルグランドウォレット』は人気です。

 

 

もう10年以上も売れ続けているロングセラー商品であり、ココマイスターを代表する財布の一つと言えます。価格が高すぎないのも人気の秘訣でしょう。どれにしようか迷った方は一見の価値ありです。

 

※ 価格:税込み32,800円

 

ブライドルグランドウォレットを見る

 

■ CRAFSTO(クラフスト)

クラフストの製品は定番の人気レザーであるブライドルレザーとシェルコードバンで構成されています。各タイプの財布がある中で、40代の方には写真のブライドルレザーの長財布が特に人気です。

 

 

クラフストは10年後を考えたものづくりをしており「毎日使い続けても壊れない。壊れても修理ができる」という考えがベースにあります。他社より丈夫である上に修理を気軽に依頼できるのは嬉しいですね。

 

設立年 2020年
主な価格帯 20,000円〜40,000円
製造地 日本

 

クラフスト公式サイト(長財布)

 

 

全年代を通して一番売れているのはこちらのL字ファスナー財布です。

 

 

キャッシュレスが進んだことでコンパクト化が進みましたが、やはり紙幣もカードも小銭も必要ということでこの財布がちょうどいいようです。使い勝手バツグンです。

 

クラフスト公式サイト(L字財布)

 

 

■ CYPRIS(キプリス)

キプリスでは最高級レザーを使用して最高レベルの技術集団が作っていますが、他のブランドの同種の財布よりも1万円程度価格が抑えられているアイテムもあり、コスパが高くて人気です。

 

 

価格は1万円台から10万円以上まで幅広いのが特徴ですが、2万〜3万円の財布が多く売れているようです。写真は姫路産のシラサギレザーを使ったハニーセル構造の長財布で中身が見やすく収納力も抜群。長財布では一番売れています。

 

設立年 1995年
主な価格帯 20,000〜35,000円
製造地 日本

 

キプリス公式サイト(長財布)

 

 

キャッシュレス化の影響もあり二つ折りも人気です。

 

 

こちらもシラサギレザーを使った財布で純国産ながら税込み18,700円とかなりお手頃です。キプリスで一番売れている財布です。

 

キプリス公式サイト(二つ折り)

 

 

■ フジタカ

1941年創業の大阪の革ブランドです。洗練されたデザイナーがいる、一歩先行く革ブランドだと感じています。老舗だと特徴の無い革財布を作りがちですが、フジタカは財布にちょっとしたグラデーションを加えたり和を取り入れたモダンな物があったりと、違いを見せつけられることがあります。

 

フジタカで一番人気なのは写真のコードバンの長財布。素材の美しさはもちろん、コードバンの長財布で50,600円という価格が魅力的なのかもしれません。

 

設立年 1941年
主な価格帯 40,000円〜60,000円
製造地 日本

 

フジタカ公式サイト(長財布)

 

 

コードバンの二つ折り財布も人気が高いです。こちらも税込み38,500円と他社と比較するとかなりのお手頃価格。

先程の長財布と人気1位2位を争っており、フジタカはコードバンが強いです。

 

フジタカ公式サイト(二つ折り)

 

■ yuhaku(ユハク)

一見しただけでこの独特のグラデーションに心を奪われた方もいると思います。人と同じデザインは嫌だという方、ホンモノ志向の革財布を持ちたいという方にはユハクのアイテムはとてもおすすめです。

 

 

重厚感のある色味はベラトゥーラ技法という独自の染色方法によるもの。ブランド立ち上げからまだ10数年ですが、有名百貨店でも扱われるなどファッションに精通したバイヤーをも魅了しています。

 

設立年 2006年
主な価格帯 50,000円〜70,000円
製造地 日本

 

yuhakuK公式サイト

 

今売れてる長財布

この財布の特徴

クラウドファンディングサイト「Makuake」において、財布ジャンルで過去最高額となる2,600万円を達成したルバートアンドコーの長財布です。日本の栃木レザーを日本の職人が製造した純日本製の財布です。特徴はカードが多収納で立つこと。納品までなんと3ヶ月待ちという大変な人気ぶり。見た目も非常に美しく、男女年齢問わず使えることが人気の秘訣です。

設立年 2006年
主な価格帯 19,800円
製造地 日本

【ピックアップ】新しいブランド

こちらは日本製ではありませんが同等の品質を持つブランドなので掲載します。

■ ボナベンチュラ

ボナベンチュラは、イタリア・ミラノ発のラグジュアリーレザーブランドです。ヨーロッパの最高級レザーを採用し、レザーの美しさを最大限引き立てるミニマルなデザインが魅力です。ブランドのロゴが目立たないのも良いです。

元々はレディース向けのブランドであったことからエレガントな雰囲気が漂います。上質で上品な上に価格もお手頃なので人気急上昇中です。40代男性にはこちらの長財布が一番人気です。極薄タイプでスッキリとして使いやすいです。

 

設立年 2018年
主な価格帯 30,000〜50,000円
製造地 海外

 

ボナベンチュラ公式サイト

 

コンパクト系だとこちらです。

 

 

ボナベンチュラの全てのメンズ財布の中でこのコンパクトな三つ折り財布が人気No.1とのことです。

 

ボナベンチュラ公式サイト

こちらの日本製7ブランドもおすすめ

前半の5ブランドほどではありませんが、こちらもおすすめです。

■ CIMABUE(チマブエ)

ブランド名の『CIMABUE(チマブエ)』は、イタリア語の「CIMA(最上級)」「BUE(雄牛)」から名付けられたという、大人の男性向けバッグ&皮革製品ブランド。国内外の厳選した皮を、「匠」と呼ばれる国内職人のみで縫製しています。

 

 

ブライドルレザーのダレスバッグ(16万+税)から、ブリーフケース、デザイン性に富んだリュックなどの他、財布についても牛革、コードバン、ガルーシャ(エイ革)など様々な革を用いたラインアップが豊富です。タイプとしても長財布、二つ折り、ミニ財布など多岐に渡り、知名度は低いもののかなりの実力があるブランドだと感じます。

 

設立年 不明
主な価格帯 30,000〜60,000円
製造地 日本

 

チマブエ取扱いサイト

 

 

■ GREDEER(グレディア)

グレディアはコードバン、クロコダイル、アドバンティックレザー、松阪レザーという4種類のレザーで商品展開をしていますが、中でもオリジナルのアドバンテック仕上げをした牛革の財布(下の写真)が独特の表情で目を引きます。特にL字長財布のブルーが格好良いです。

 

 

アドバンティック仕上げは2層に塗装しており、使ううちに下層の鮮やかな色が徐々に出てきます。長財布はもちろんのことコンパクト財布やスマートウォレットなども多く扱い、時代に合った財布選びができそうです。

 

設立年 1930年
主な価格帯 25,000円〜35,000円
製造地 日本

 

グレディア公式サイト

 

■ 万双(まんそう)

デザイン、製造、販売のすべてを自社で手がけているブランド。そのため、高い品質の割りには比較的リーズナブルで、お手頃な価格で高級なレザーアイテムを手に出できます。

 

 

デザインはオーソドックスでシンプルなものが多いですが、豊富なカラーを展開しています。通常、革製品にはブランドロゴが入っていますが、万双はブランドロゴやタグを入れません。製品は手にした人の物として、自社の名前を入れないポリシーがあるのだそうです。

 

設立年 1995
主な価格帯 20,000〜40,000円
製造地 日本

 

万双公式サイト

 

 

■ Dubeige(ドゥベージュ)

あまり認知度が高いブランドではありませんが、最近デパートでよく見かけるようになってきました。こちらも国産ブランドです。

 

 

欧州産レザー使用の高品質な革財布をどれも30,000円未満で購入できますので、比較的リーズナブルと言えます。雑誌LEONでもよく取り上げられており、今後人気が高まっていきそうな予感です。財布に刻印されたロゴが格好いいです。

 

設立年 1941年
主な価格帯 15,000〜30,000円
製造地 日本

 

ドゥベージュ公式サイト

 

 

■ 大峡製鞄(おおばせいほう)

大峡製鞄は初めて耳にする人も多いかもしれません。このブランドは1935年創業と歴史は古く、かつては、皇室の薬箱を製作していた実績もあるそうです。

 

 

実績も格式高いですが、皮革素材はパダラッシィ・カルロ社やワルピエ社など世界の有名タンナーから仕入れているため、クオリティはかなりのもの。ベーシックなデザインが多く、30代〜50代の本物志向の、大人の男性に好まれているのが特徴です。

 

設立年 1935年
主な価格帯 35,000〜50,000円
製造地 日本

 

大峡製鞄公式サイト

 

 

■ ペッレモルビダ

Pelle Morbida(ペッレモルビダ)の製品は大海原を航海する豪華客船での船旅や出逢いをコンセプトとしています。オリジナルレシピの柔らかいシュリンクレザーが特徴です。

 

 

主力となる長財布を手に取ると、まず感じるのはそのゆったりとしたサイズ感。一般的な長財布に比べて、ほんの少し余裕をもたせたサイズながら、その余裕はカードやお札の出し入れを快適にしてくれます。

 

設立年 2012年
主な価格帯 30,000円〜40,000円
製造地 日本

 

ペッレモルビダ公式サイト

 

 

■ 池田工芸

「クロコダイルレザー専門」の国内メーカーが池田工芸です。創業は1942年。国内のクロコダイル製品の草分けにして、国内最大級のメーカーとして80年に迫る歴史を有します。

 

 

長い歴史の中で育まれた、製品ごとに使用する革の選択眼、美しいツヤを生むグレージング技術は、まさに「宝石」のようなクロコダイルレザーを生み出します。一つ一つの斑がふっくらと浮き出るような丸みを帯び、その一粒一粒が光り輝いているように見えます。特に写真のミリオンウォレットが人気です。

 

設立年 1942年
主な価格帯 140,000円〜220,000円
製造地 日本

 

池田工芸公式サイト

 

日本製ではない日本のブランド1選

■ JOGGO(ジョッゴ)

ジョッゴでは最高級グレードの牛本革を使用している財布を主に税込み16,280円という格安価格で購入できます。レザーの色の組み合わせを自分で選ぶことができ、プレゼントにも喜ばれています。財布は全20種類あります。

 

 

メイドインジャパンではないのが安さの理由ですが、実はこの財布の製造がバングラディシュにおいて雇用を生み出し、貧困対策に繋がっています。買うことで社会貢献できるという優れた仕組みです。40代男性には写真のラウンド長財布が一番人気があるようです。

 

設立年 2007年
主な価格帯 16,280円
製造地 バングラデシュ

 

JOGGO公式サイト(長財布)

 

※お急ぎの方は特急便や超特急便をご利用ください。最短で1週間程度で届きます。

 

ジャンル別だとまだ長財布が一番売れていますが、商品別だとこちらの二つ折り財布が一番売れているようです。

 

 

着実に財布のコンパクト化が進んでいますね。

 

JOGGO公式サイト(二つ折り)

 

海外の高品質ブランド1選

■ エッティンガー

英国レザーブランドのエッティンガーの財布は、スーツにも似合うと男性から人気のあるブランドです。英国王室御用達ブランドでもあり、グレンロイヤルとホワイトハウスコックスと並んで、英国御三家とも呼ばれているようです。

 

 

一見シンプルなデザインですが、内装のカラーレザーが斬新だったり個性が光るアイテムが多いのも特徴です。薄くて耐久性もあるレザーは毎日ハードに働く男性立ちからも評価を得ています。

 

設立年 1934年
主な価格帯 40,000〜55,000円
製造地 イギリス

 

エッティンガー公式サイト