【メンズ長財布】日本製ブランドと革財布53個を掲載

メニュー

長財布で後悔して欲しくない

はじめまして、長財布マニアです。

 

私が実際に購入して使っている長財布をご紹介しています。全て自腹で購入して写真入りでレポートしています。

 

 

まとめサイトのようにネットでかき集めた情報を掲載するのではなく、自分で実際に訪れたお店の情報や、実際に購入した商品写真を掲載するようにしています。

 

革の長財布は決して安くはないので、「本当に良い物を選んで欲しい」「粗悪な物を購入して後悔して欲しくない」そういう想いで運営しています。

 

 

男性に財布をプレゼントしようかなと検討中の女性にも、きっとお役に立てると思います。

 

以下、よく読まれているページです。

 

長財布ランキング2017

 → おすすめの長財布10点を厳選しました。

 

なぜ長財布が良いのか?

 → そもそもなぜ長財布が良いの?と疑問に思う方向けに解説しました。

 

3万円台の長財布9点

 → 3万円台が一番売れているようです。特に人気の9つの長財布をご紹介します。

 

1万円台で買えるJOGGO

 → 20代〜30代前半の方に支持されているブランドです。予算が1万円台の方は必見です。

 

人気No.1 ココマイスター

 → 30代・40代男性から圧倒的な支持を受けるココマイスター。名実ともにNo.1革ブランドに成長しました。レビュー多数あり。

【年代別】おすすめの財布ブランド

自分で財布を買う方も、男性にプレゼントを考えている方も、まずはどのブランドが良いのかを知りたいですよね。

そこで、年代別におすすめのブランドをまとめましたのでご紹介します。国産革ブランドが中心になっています。

 

20代 (15ブランド)

30代 (13ブランド)

40代・50代 (15ブランド)

【価格別】おすすめの財布

予算に合わせて選べるように、価格帯ごとにページを分けておすすめの財布をご紹介します。

1万円台の手頃な財布から6万円以上の高級品まで様々です。

1万円台 (2点)

2万円台 (4点)

3万円台 (7点)

4万円台 (6点)

5万円台 (2点)

6万円以上 (7点)

【タイプ別】おすすめの財布

財布の形状にも好みがあると思いますので、タイプ別にページを分けてご紹介します。

近年ではラウンドファスナータイプが圧倒的な人気を誇ります。

ラウンドファスナー (9点)

折り畳み (9点)

薄い長財布 (4点)

札入れ(小銭入れ無し) (3点)

【レザー別】おすすめの財布

当サイトだけでなく、革財布を求める方に圧倒的に支持されている革がコードバンブライドルレザーです。

 

 

コードバン (8点)

ブライドルレザー (8点)

 

※コードバンはほとんど品切れで再販売待ちの状態です。販売お知らせメールに登録しておきましょう。

※ なぜ長財布は良いのか? ※

長財布が男性にも流行り出してから数年が経ちましたが、そもそも何で長財布が良いの?と疑問に思う方も多いはず。

 

 

金運が良くなるって本当なのか?管理人なりの長財布が良いワケを詳しく解説します。

 

『長財布が良いワケ』を見てみる

日本製メンズ革財布ブランド10選

メンズ革財布を選ぶ時には、一体どのブランドがいいのか悩んでしまう方も多いでしょう。たくさんのブランドから選ぶのは大変ですよね。

 

もし初めて革財布を選ぶなら、日本製のメンズ財布がおすすめ。日本職人の技術は世界でも認められるほど高いため、有名海外ブランドよりも優れていることが多いのです。ここでは、国産ブランドの中でもイチオシの、おすすめブランドをご紹介していきます。

■ ココマイスター

経年変化を十分に楽しめる欧州厳選のレザーを使用しているブランドです。中でも、ブライドルレザーはココマイスターを代表する人気の皮革。革マニアも満足の素材です。仕立ては日本の熟練職人が一つ一つ手作業で縫製しているので、品質が高く、安心して使えるのも魅力。デザインもシンプルで、職業や年齢を問わず使用できます。ビジネスシーンでもカジュアルシーンでも使えるので、女性から大切な男性へのプレゼントにもおすすめです。

設立国 日本
設立年 2009年
財布価格帯 13,000〜120,000円

 

ココマイスター公式サイト

 

ココマイスターを更に詳しく

■ YUHAKU(ユハク)

他にはない魅力的なオリジナル染色と重厚感あるカラーバリエーションで人気のブランドです。独特のグラデーションは、ベラトゥーラ技法という加工によるもの。ユハクの職人兼デザイナーである仲垣氏が、絵画制作の中で編み出したものだといいます。ユハクという名前での歴史は2009年からと、まだまだ若いブランドですが、着々と知名度を広め、今では有名百貨店などでも取り扱われるようになりました。一流バイヤーも注目しているブランドです。

設立国 日本
設立年 2006年(2009年ユハクに改組)
財布価格帯 15,000〜195,000円

 

YUHAKU公式サイト

 

YUHAKUをもっと詳しく

■ GANZO

GANZOは約100年の歴史がある皮革袋物メーカー「AJIOKA」が興したブランドです。GANZOとしての歴史はまだ15年ほどですが、比較メーカーとしては老舗中の老舗。日本の職人が手がけているので、品質は高く、こちらも高度な職人技が革マニアたちに受け入れられています。、ブラックやブラウンなどのベーシックな色展開が多く、デザインもシンプルなものが多いので、ビジネスシーンに合わせる大人の男性が多いようです。

設立国 日本
設立年 2001年
財布価格帯 12,000〜270,000円

 

GANZOオンラインストア

 

GANZOをもっと詳しく

■ 土屋鞄製造所

土屋鞄は約半世紀の歴史があるブランド。はじめはランドセルを作る会社としてスタートしたことでも知られます。財布価格帯は手頃ながらも、一点一点を日本職人が手作業で仕立てており、その品質には価格以上の価値を感じられるはず。デザインも比較的シンプルなものが多く、革そのものの良さを感じられるため、革マニアも注目のブランド。ビジネスでもカジュアルでも使えるので、活用シーンが広いのも魅力の一つに数えられるでしょう。

設立国 日本
設立年 1965年
財布価格帯 5,500〜46,000円

 

土屋鞄公式サイト

■ CYPRIS (キプリス)

株式会社モルフォが展開するブランドラインの一つ。レザー製品を扱って約20年の、歴史も充分にあるメーカーのブランドですので、品質の高さも折り紙つきです。特に、「菊寄せ」という革加工の技術は日本一美しいとも言われており、リーズナブルな価格とクオリティの高さから、多くのユーザーに愛されています。ハニーセル型カード入れなど、モルフォオリジナルの収納構造なども評価されており、革財布ファンの注目を集めています。

設立国 日本
設立年 1995年
財布価格帯 5,000〜170,000円

 

キプリス公式ストア

■ 万双

デザイン、製造、販売のすべてを自社で手がけているブランド。そのため、高い品質の割りには比較的リーズナブルで、お手頃な価格で高級なレザーアイテムを手に出できます。デザインはオーソドックスでシンプルなものが多いですが、豊富なカラーを展開しています。通常、革製品にはブランドロゴが入っていますが、万双はブランドロゴやタグを入れません。製品は手にした人の物として、自社の名前を入れないポリシーがあるのだそうです。

設立国 日本
設立年 1995年
財布価格帯 7,500〜120,000円

 

万双オンラインストア

■ ソメスサドル

ソメスサドルは、現在日本で唯一の北海道にある馬具メーカーです。今ではそのノウハウを活かし、ハンドメイドで革製品を製造しています。半世紀もの歴史があり、かつては馬具を宮内庁にも納めていたというから、信頼性は折り紙つきです。ベーシックでシンプルなデザインは、革そのものの温かみを感じるほど魅力的です。手間暇をかけた製品は海外ブランドにも負けない品質を誇ります。その割に比較的リーズナブルなのも人気の秘密です。

設立国 日本
設立年 1964年
財布価格帯 10,000〜35,000円

 

ソメスサドル公式ストア

■ PRARE(プレリー)

プレリーには3つのシリーズがあります。1つ目はコードバンやブライドルレザーを使用した最高級のジュエルで、3〜4万円台が中心です。2つ目は「最高品質商品」をテーマに作られたプレリーギンザで、2〜3万円台が中心です。3つ目は中国で生産されているプレリー1957で、1〜2万円台のリーズナブルな商品が中心です。どのシリーズも全国のデパートで取扱いがあることから、ブランドとしての信頼性の高さが伺えます。

設立国 日本
設立年 -
財布価格帯 1〜3万円台

 

プレリー公式ストア

■ FARO(ファーロ)

革好きの方には極薄の財布があるブランドとして知られています。例えば下の財布はマチが無いので、フタを閉じるとぺったんこになるほとです(その分容量が限られます)。価格はレザーによって2万円台から20万円台まで様々です。店舗での取扱いが東京に限られるため、実物を見ての購入が難しいのが残念なところです。品質は申し分ないので全国に広がって欲しいです。東京近郊の方であれば新宿の伊勢丹メンズ館や有楽町の阪急メンズ館に行くのをおすすめします。

設立国 日本
設立年 -
財布価格帯 20,000〜220,000円

 

ファーロ取扱いストア

■ ワイルドスワンズ

銀座に本社と直営店があるブランドです。スマートな革財布というよりも、そのブランド名が示す通りちょっとワイルドさを感じさせるデザインが多いです。どの財布も丸みを帯びて湾曲している特徴的なデザインなので、お店で見かけると名前を確認せずともワイルドスワンズだと分かります。20代〜30代でカジュアルな財布を求めている方におすすめします。

設立国 日本
設立年 1998年
財布価格帯 3〜5万円台

 

ワイルドスワンズ取扱いストア