【長財布マニア】国産革財布

メニュー

主に日本製の財布と革ブランドを掲載しています

当サイト長財布マニアでは実際に購入して使ってみた長財布(革財布)をご紹介しています。全て自腹で購入して写真入りでレポートしています。

 

 

まとめサイトのようにネットでかき集めた情報を掲載するのではなく、自分で実際に訪れたお店の情報や、実際に購入した商品写真を掲載するようにしています。

 

革の長財布は決して安くはないので、「本当に良い物を選んで欲しい」「粗悪な物を購入して後悔して欲しくない」そういう想いで運営しています。

 

 

財布をプレゼントしようかなと検討中の方にも、きっとお役に立てると思います。

 

基本的にメンズ財布をご紹介するサイトですが、レディース財布も人気のブランドと財布を1ページで詳しくご紹介しています。

 

以下、よく読まれているページです。

 

長財布ランキング(メンズ)

 → メンズ向けの財布ブランド5つと人気の長財布10点を厳選しました。

 

長財布ランキング(レディース)

 → レディース向けの財布ブランド5つと人気の長財布3点を厳選しました。

 

なぜ長財布が良いのか?

 → そもそもなぜ長財布が良いの?と疑問に思う方向けに解説しました。

【年代別】おすすめの財布ブランド

自分で財布を買う方も、男性にプレゼントを考えている方も、まずはどのブランドが良いのかを知りたいですよね。

そこで、年代別におすすめのブランドをまとめましたのでご紹介します。国産革ブランドが中心になっています。

大学生 (10ブランド)

20代 (15ブランド)

30代 (15ブランド)

40代・50代 (15ブランド)

【レディース】おすすめの財布

当サイトはメンズ革財布をご紹介するサイトですが、レディースも1ページだけあります。

人気のブランドや財布を厳選しましたのでチェックしてみて下さい。

レディース財布を見てみる

日本製メンズ革財布ブランド17選

当サイトでご紹介しているのはほぼ日本のブランドですが、一部海外のブランドや海外製の財布もご紹介しています。ただしこちらのページでご紹介するのは100%日本発・日本製の革ブランドです。

革財布を買うならやっぱり日本製だ!と決めている方は是非こちらをご覧下さい。

日本製メンズ革財布ブランド17選

【価格別】おすすめの財布

予算に合わせて選べるように、価格帯ごとにページを分けておすすめの財布をご紹介します。

1万円台の手頃な財布から6万円以上の高級品まで様々です。

1万円台 (5点)

2万円台 (4点)

3万円台 (8点)

4万円台 (5点)

5万円台 (2点)

6万円以上 (2点)

【タイプ別】おすすめの財布

財布の形状にも好みがあると思いますので、タイプ別にページを分けてご紹介します。

近年ではラウンドファスナータイプが圧倒的な人気を誇ります。

ラウンドファスナー (8点)

折り畳み (7点)

薄い長財布 (4点)

札入れ(小銭入れ無し) (3点)

【レザー別】おすすめの財布

当サイトだけでなく、革財布を求める方に圧倒的に支持されている革がコードバンブライドルレザーです。

コードバン (8点)

ブライドルレザー (8点)

 

※コードバンはほとんど品切れで再販売待ちの状態です。販売お知らせメールに登録しておきましょう。

※ なぜ長財布は良いのか? ※

長財布が男性にも流行り出してから数年が経ちましたが、そもそも何で長財布が良いの?と疑問に思う方も多いはず。

 

 

金運が良くなるって本当なのか?管理人なりの長財布が良いワケを詳しく解説します。

 

『長財布が良いワケ』を見てみる

2018年によく売れている長財布

ブライドル・グランドウォレットの特徴

外側に英国産ブライドルレザーを使用し、内部にヌメ革を使用した長財布です。丈夫で、高級感があり、収納性も高いです。価格もちょうど良いです。個人的に文句なしの長財布です。

価格 32,800円
評価 評価5
備考 内部はヌメ革・レザーは欧州産・縫製地は日本

 

マットーネ・ラージウォレットの特徴

男女問わず使えるのがこの長財布。革も形もオーソドックスで、ラウンドファスナータイプなので中身をしっかりと守ってくれます。持っていて安心感のある長財布です。

価格 29,500円
評価 評価5
備考 内部はヌメ革・レザーは欧州産・縫製地は日本

 

ロンドンブライドル・スプレッドイーグルの特徴

外側に英国産ブライドルレザーをまとい、内装にはイタリアンレザーであるマットーネを使用した長財布です。1位の財布と比べると内装の革にこだわっています。財布自体は1位か2位にしたいぐらいのクオリティーですが、価格が高めなので3位にしています。

価格 45,000円
評価 評価5
備考 外側はブライドルレザー・内側はマットーネ・いづれも欧州産・縫製地は日本

 

ロンドンブライドル・グラディアトゥールの特徴

3位と同じくブライドルレザー&マットーネの財布です。折り畳みタイプよりも固めの印象を与えるかもしれません。人気のラウンドタイプが贅沢なレザーの組み合わせで登場です。カラーによってビジネスでもカジュアルでもいけます。

価格 43,000円
評価 評価5
備考 外側はブライドルレザー・内側はマットーネ・いづれも欧州産・縫製地は日本

 

マットーネ・オーバーザウォレットの特徴

人気皮革マットーネを贅沢に編み込んだ長財布。丁寧で凝った作りと、ちょっとゴージャスな印象が魅力です。よりハイレベルを目指したい方におすすめです。

価格 40,000円
評価 評価5
備考 内部はヌメ革・レザーは欧州産・縫製地は日本

おすすめメンズ財布ブランド5選

やはりどのブランドが良いのか、一番気になりますよね。量産の格安ブランドから高級ブランドまでピンキリですが、当サイトでおすすめしているのは日本の革ブランドです。

 

※ ココマイスター自由が丘店

 

中でもココマイスター・土屋鞄・GANZO・ユハク・万双などは外せません。欧州の上質なレザーを熟練職人が縫製していますので、本当に高品質な革製品を入手できます。

 

ソメスサドル、ポーター、ヘルツ、大峡製鞄などもおすすめです。

 

海外の高級ブランドと比べると予算3〜4万円で十分に良い財布を購入できるのも、日本の革ブランドの良さです。

 

 

その中でも特に良いのがココマイスターとユハクです。

 

どちらも2万円台から10万円以上まで豊富なラインナップがあるので、幅広い選択肢の中からより自分にあった財布を選ぶことができます。

 

■ ココマイスター

ココマイスターは、「英国紳士が愛した極上長財布」のコンセプトのもとに作られました。ヨーロッパの高級皮革の素材と日本の職人の技術力から作られる「大人の雰囲気」を演出できるアイテム。1つ1つ職人の匠の技を駆使して仕上げることから、質の高さは常に評価され続けています。
初めて使用する際には硬さを感じることがありますが、徐々に革がほぐれていくので、使用感も抜群。使用期間が増すほど味が出ることもココマイスター愛好家にとっては嬉しい要素になっています。
日常生活からビジネスの場まで、幅広いシーンで活躍してくれる心強いアイテムであり、ココマイスターの財布を持つだけで一層、存在感のある大人の男性に近づくことが可能です。

設立年 2009年
財布価格帯 13,000〜120,000円
製造地 日本

 

ココマイスター公式サイト

■ YUHAKU(ユハク)

ベラトゥーラ技法を使用して唯一無二のカラーを実現したのがYUHAKU。
日々の生活にマッチするべく、上質感と扱い易さの絶妙なバランスを保っているブランドです。色に関しては、手染めでグラデーションを施すことから、同じ製品を二度と作ることができないという特徴を持っています。
見た目のスタイリッシュさ、美しさが注目されますが、製造段階で触り心地と使いやすさを追求するなど、財布の内部まで最大限のこだわりを追求しています。
自分専用財布を持ちたい、大切な日のプレゼントにパートナーへ贈りたいという時にピッタリのアイテム。ユニセックスのバリエーションも豊富に用意されていますので、世界に1つだけの財布を探してみてはいかがでしょうか。

設立年 2006年(2009年ユハクに改組)
財布価格帯 15,000〜195,000円
製造地 日本

 

YUHAKU公式サイト

■ ウォームスクラフツマニュファクチャー

兵庫県にある新喜皮革というタンナー(革の製造業者)と関連の深いブランドです。新喜皮革が製造したコードバンやホースハイドなど使用した革製品を手がけています。会社名が『株式会社コードバン』ですから、それだけでコードバンにかける熱い思いや決意のようなものが伝わってきます。
私が購入したナチュラルコードバンの財布はレザーが希少なため、ネットでの取扱いはありません。他の製品も販売数が限られており、店舗での販売が優先されています。店舗は大阪の阪急やE-MA、東京だと有楽町にある阪急メンズ東京の1階にあります。どれも非常に高価ですが、品質は間違いなく国内最高峰です。

設立年 2014年
財布価格帯 48,000円〜
製造地 日本

 

公式サイトへ

■ GANZO

ブラックやブラウンのシンプルな色が多く、重厚感溢れる上質な革を使用していることからビジネスシーンに合わせやすいGANZO。
「あなたの手によって“世界最高”の完成品となる」というコンセプトのもと、使い込むほど味が出るまさに、大人のためのアイテムです。
他のブランドよりも光沢が強く、見た目の質感の良さだけでなく耐久性も持ち合わせています。長年使用してもダメージを受けるどころか、逆に味が出てくるという点は人気のブランドの理由であり、GANZOの最大の特徴です。
日本の職人によって一切の妥協をせずに作られる本格派の高級財布。もちろんビジネスシーンだけでなくカジュアルにもマッチしますので、自分へのご褒美としていかがでしょうか。

設立年 2001年
財布価格帯 12,000〜270,000円
製造地 日本

 

GANZOオンラインストア

■ フジタカ

大阪に本社を置く革ブランドです。1941年創業ですから老舗ブランドですが、商品ラインナップは老舗がよく出すような武骨な感じは全くなく、今の時代に合わせた新しいデザインを取り入れています。洗練されたデザイナーさんがいるのでしょう。
実店舗で商品を見てみると、財布はもちろんバッグも実際に使ってみたいと思う物が多数ありました。
価格は高めです。3万円の予算では物足りません。5万円以上ご用意できる方はネットショップや店舗を訪れてみて下さい。時代の先端を行っている気がします。

設立年 1941年
財布価格帯 18,000〜88,000円
製造地 日本

 

フジタカ公式ストア