【長財布マニア】日本製メンズ革財布

メニュー

【10万円以上】日本製高級メンズ財布と人気ブランドを厳選

このページでは10万円以上の財布を多く扱う3つのブランドと、実際の財布を6点ご紹介します。

おすすめのブランド3選

■ 池田工芸

「クロコダイルレザー専門」の国内メーカーが池田工芸です。創業は1942年。国内のクロコダイル製品の草分けにして、国内最大級のメーカーとして80年に迫る歴史を有します。

 

 

長い歴史の中で育まれた、製品ごとに使用する革の選択眼、美しいツヤを生むグレージング技術は、まさに「宝石」のようなクロコダイルレザーを生み出します。池田工芸のクロコダイルレザーは、一つ一つの斑がふっくらと浮き出るような丸みを帯び、その一粒一粒が光り輝いているように見えます。

設立年 1942年
主な価格帯 140,000円〜220,000円
製造地 日本

 

池田工芸公式サイト

 

 

■ ココマイスター

ココマイスターは、「英国紳士が愛した極上長財布」のコンセプトのもとに作られました。ヨーロッパの高級皮革の素材と日本の職人の技術力から作られる「大人の雰囲気」を演出できるアイテムが揃います。

 

 

10万円以上だとラウンドジップが中心となります。中でもアメリカ産の最高級シェルコードバンを全面に使用した財布(写真左)、ココマイスターにしかないオークバークレザーを贅沢に編み込んだ財布(写真右)が人気があります。

設立年 2009年
主な価格帯 30,000円〜50,000円
製造地 日本

 

ココマイスター公式サイト

 

 

■ GANZO

ブランド設立は2001年ですが、創業は1917年(大正6年)という老舗中の老舗です。皮革業界に携わる人であれば知らない人はいないほどの会社で、日本の革業界を牽引してきました。

 

 

スモールクロコシリーズは数あるクロコのなかでも入手困難な貴重なスモールクロコを原材料に、GANZOオリジナルレシピの鞣しを施してあります。光沢を抑えたセミマット仕上げです。価格は余裕で10万円を超えます。

設立年 2001年
主な価格帯 30,000〜51,700円
製造地 日本

 

GANZO公式サイト

 

おすすめの財布

■ クロコダイル

この財布の特徴

クロコダイル専門のレザーブランド・池田工芸の財布です。クロコダイル種の中でも最高級とされるスモールクロコダイルを使用しています。そしてもう一つの特徴は、「ミリオン」と名前が付いている通り100万円の札束が入ること。また、一つ一つの班が丸みを持ち、ツヤがあるのも池田工芸のクロコダイルならでは。よりゴージャスな世界を堪能したい方におすすめします。

価格 154,000円
評価 評価5
備考 最高級スモールクロコダイルを使用・日本製

 

この財布の特徴

フジタカのクロコダイルは池田工芸とは違ってツヤを抑えたマットな仕上げです。内部に小銭入れは無いのですがその分お札を多く入れることができます。ツヤだけ見ると池田工芸の方が魅力的ですが、レザーの質や各パーツの質など全体的にフジタカの方が質が高いです。そのため値段もこちらの方が高いです。

価格 220,000円
評価 評価5
備考 最高級スモールクロコダイルを使用・日本製

 

■ コードバン

この財布の特徴

米国ホーウィン社のシェルコードバンを使用した、ラウンドタイプの長財布です。内装を含め全面コードバンの最上級仕様で、とてもきめ細やかで美しい輝きを放っています。コードバンというとブラックという印象がありますが、他にも写真のようなウィスキー、グリーン、ネイビーブルーなど様々なカラー展開があるのが嬉しいです。

価格 120,000円
評価 評価5
備考 米国産シェルコードバン使用・日本製

 

この財布の特徴

このナチュラルレザーはコードバンの中でも更に生産量が少ない貴重なレザーです。キプリスはタンナー(革の製造業者)と結び付きが強いため、こういった貴重なレザーでも取り扱うことができます。国産のオイルコードバンを使用しています。

価格 148,500円
評価 評価5
備考 外装・内装共に国産オイルコードバン・日本製

 

■ ザ・オークバーク

オークバークはオークの木の樹皮でなめされたレザーです。約1年かけて製造される貴重なレザーで、世界で唯一ココマイスターだけオークバークの革小物を製造しています。

 

 

そしてそのオークバークを丁寧に編み込んだシリーズがザ・オークバークで、手間に手間を重ねた非常に贅沢な逸品です。

 

この財布の特徴

欧州産のオークの木から抽出されたタンニンで皮を鞣(なめ)して出来上がった非常に希少価値の高いレザーです。それを更に太く編み込んでおり、他では決してお目にかかれない代物です。一般的なラウンドファスナー財布よりも大きめなので収納も期待できます。

価格 120,000円
評価 評価5
備考 欧州産オークバーク(牛革)を使用・日本製

 

この財布の特徴

こちらも同じザオークバークシリーズですが、L字型の長財布です。大きさも一般的なL字長財布と同様です。ラウンドよりも開閉が楽ということで、最近はどのブランドでもこのタイプの財布の取り扱いがあります。

価格 110,000円
評価 評価5
備考 欧州産オークバーク(牛革)を使用・日本製

おまけ

こちらはネタとしてご紹介します。

 

なんと、税込み530,000円の財布です!(笑)

 

この財布の特徴

先にご紹介した池田工芸やGANZOと同様にスモールクロコダイルを使用しています。違いはバッグ用に使う大きめの個体を使っていること。『スモール』と名が付いていますが全長6mを超す個体もあり、そこまで育てるのに膨大な費用と時間がかかるのだとか。写真を見て頂ければ分かりますが、他の財布と比べてウロコがとても大きいのが特徴です。

価格 530,000円
評価 評価4
備考 最高級スモールクロコダイルを使用・日本製

 

ココマイスターのクロコダイルは価格が高すぎて「おすすめ!」とは言えませんが、日本一高いと言っても過言ではないクロコダイルの財布を各種見てみるのも面白いです。

 

 

ココマイスター公式サイト