【長財布マニア】日本製メンズ革財布

メニュー

【評価:92点】ココマイスターを徹底解説!その全貌に迫る

ココマイスターはレザーの品質が高く、種類も豊富で、デザイン的にも洗練されています。全国に実店舗が6店もあります。良質な財布が欲しい方には外せないブランドです。

 

 

というわけで、高評価となったココマイスターについて詳しく解説します。

ココマイスターの魅力

そもそもココマイスターを立ち上げたのは、2009年創業のココマイスター株式会社。「世界に通用する日本製ブランドをつくる」を理念に掲げ「革製品は持ち主の品格を最大限に高める」という考えのもと、高品質な革製品製造・販売を行っています。

 

 

ココマイスターはこうした理念のもと様々な革製品を販売しているため、製品はもちろん、素材選びから製品づくり、販売におけるまで随所にこだわりが感じられるのです。

■ 魅力その1:質の高い素材

使用されている革の大半は欧州産です。欧州は革の歴史も古く、生産者の数も非常に多いのが特徴。素材となる動物の育成にも最新の注意を払っていることが多く、革加工においても高技術を誇っています。

 

 

そのため革の品質は非常に高いのですが、季節や動物の状態に影響を受けることもあるため、供給量は安定しません。

 

通常、高品質で供給量が安定しない革は、日本の革加工・製造業者にそれほど利用されません。リスクも高いですし利益を得るためには当然と言えるでしょう。ですが、ココマイスターは大量生産を目的としていないため、供給量が少なく入荷が難しい高品質な革を素材として使用できるのです。

 

 

扱っている革はコードバン、ブライドルレザー、マットーネ、ナポレオンカーフ、ヌメ革など、どれも高品質な革ばかり。こういった革を素材に商品を作る姿勢には強い意志を感じます。

■ 魅力その2:日本製へのこだわり

ココマイスターの製品は全て日本製。日本人の仕事に対する姿勢や真面目な考え方が質の高い製品づくりに欠かせない、との考えが背景にあります。

 

 

また、製品開発のディティールにこだわるため「綿密なコミュニケーションが欠かせない」との考えもあり、1つの製品に対するこだわりがいかに強いかがわかります。

■ 魅力その3:デザイン性

通常、職人が作る製品というとスタンダードスタイルのものが大半です。しかしながらココマイスターでは“革製品は身につけてこそ”と考えているため「素材の活かし方」や「身につけた時の上品さ・格好良さ」を意識しているのです。

 

 

そのため、日本の職人によって作られているものの、欧州の雰囲気を取り入れた新しい形の製品が多いのです。シンプルに言えば「カッコイイ」という言葉がピッタリですね。

 

 

ちなみに見た目だけでなく、長期の使用にも耐えられるのもココマイスターならでは。

 

その一例として、革を裁断した面にニスを縫って耐久性を高める“コバ塗り”が作業に含まれている、という点が挙げられます。コバ塗りは手間のかかる作業ですがこれによって製品のもちがグッと変わるんです。

 

 

ここにも愛着を持てる、それでいて質の高い製品づくりを目指す姿勢が垣間見えますね。

■ 魅力その4:ハイセンスな店舗

2022年7月の時点でココマイスターの店舗は全6店。銀座店・銀座並木通り店・自由が丘店・大阪心斎橋店・名古屋店・神戸旧居留地店となっています。

 

 

店舗にもよりますが店内は豪華な調度品ばかりで、洗練された空気を感じられるはず。自分好みの財布と出会いたいなら直接足を運ぶことをお薦めします。

 

各店舗の詳細は公式サイトをご覧下さい。

 

ココマイスター公式サイト(店舗一覧)

 

■ 魅力その5:価格

ココマイスターの財布はブライドルレザーやイタリアンレザーの財布で3万円前後で、これほどの質を兼ね備えているにもかかわらずそれほど高価ではありません。

 

▼マットーネラージウォレット・29,500円

 

▼ブライドルグランドウォレット・32,800円

 

自社で製造販売しているワンストップサービスだからこそ実現できている価格だとも思います。

 

ただ近年は6万円以上の高価格帯の財布も多く取り扱っており、ハイエンドブランドに位置づけられるようになってきたこともまた事実です。

ココマイスターの人気財布トップ5

ココマイスターではどんな財布が人気なのか、実際に売れている財布を5つご紹介したいと思います。

 

6万円以上する高価な財布も多くありますが、実際には3万円前後の財布に人気が集中しています

■ 第1位〜3位:ブライドルレザー

ブライドルレザーは人気の定番革で、最近では他のブランドでもよく目にする皮革素材になりました。

 

程よい光沢もさることながら、なんといってもこの白いブルームと呼ばれる粉のような表面が多くの男性を魅了しています。

 

 

革小物を持つなら、経年変化の美しい財布をと思う人も多いですが、このブライドルレザーはまさに美しいエイジングを見せる素材です。

 

 

馬具にも使われる堅牢な素材なので、長く愛用したい方にもぴったり。これから革小物を手にする人には1つは持っておいていただきたい素材です。

 

ブライドル・グランドウォレットの特徴

外側にブライドルレザーを使用し、内部にヌメ革を使用した長財布です。丈夫で高級感があり、収納性も高いです。個人的に文句なしの長財布です。ココマイスターで10年以上人気No.1を誇るベストセラー&ロングセラー商品です。

価格 32,800円
評価 評価5
備考 内部はヌメ革・レザーは欧州産・縫製地は日本

 

この財布の特徴

1位と同じくブライドルレザーを使用した長財布。こちらは少し厚めな分カチッとした印象を与え、フォーマルな場面でも活躍してくれそうな印象です。マチが通っているのでお札を多く入れられます。

価格 31,500円
評価 評価5
備考 内部はヌメ革・レザーは欧州産・縫製地は日本

 

この財布の特徴

これは驚くことに表面の革だけでなく内部にもブライドルレザーが使用されている、全面ブライドル仕様の高級長財布。最初は革が堅くて使いにくくても徐々に馴染んでいきます。ブライドル好きにはたまらない逸品です。

価格 53,000円
評価 評価5
備考 外側内側ともに欧州産ブライドルレザー・縫製地は日本

 

ココマイスターを中心にブライドルレザーでおすすめの財布を7点ご紹介しています。

↓  ↓  ↓

 

■ 第4位:マットーネ(イタリアンレザー)

マットーネは、ブライドルやコードバンに比べるとベーシックで自然な革の印象が特徴のレザーです。希少価値もそれほど高い皮革ではないので、比較的安定した価格と量が市場に供給されています。

 

 

メリットは持つ人を選ばず老若男女に広く受け入れられている点です。

 

艶が増し、色にも深みが出てくるエイジングもマットーネの魅力です。

 

 

 

この財布の特徴

マットーネ皮革を使用したスリムで軽量な長財布。スーツの内ポケットに入れてスタイリッシュにまとめてみましょう。ビジネスシーンを上手に演出してくれること間違いなし。

価格 27,500円
評価 評価5
備考 外側は欧州産オイルレザー・内部はヌメ革・縫製地は日本

 

レザーを織り込んだデザインの財布などもあるので、個性的な財布を探している方はそちらも参照してみてはいかがでしょうか。

↓  ↓  ↓

 

■ 第5位:ナポレオンカーフ

ナポレオンカーフは、1800年という長い歴史を持つイタリア産のレザーです。欧州で使われてきた皮革ですが、日本では希少なレザーと言ってもいいほど珍しい素材です。ココマイスター以外のメーカーでは、目にすることはほとんどありません。

 

 

毎日使うのが楽しみになるほど、革の肌触りはしっとりとして心地良く、持てばナポレオンカーフの良さが一発でわかっていただけると思います。

 

 

ビンテージな風合いのレザーは、経年変化とともに重厚感が増していき、より、大人の男性にふさわしい財布としてエイジングを重ねていきます。

 

この財布の特徴

他ではお目にかかれないとても変わった構造の長財布です。カジュアルな服装にウォレットチェーンを付けると相性バツグンです。個性を出したい方におすすめ。

価格 33,100円
評価 評価4
備考 全面欧州産のナポレオンカーフ・縫製地は日本

 

デザインが特徴的なので、ぜひお気に入りの逸品を探してみてください。

↓  ↓  ↓

【総評】

素材・日本製・デザイン性・店舗・価格、この5つが私の思うココマイスターの魅力です。ココマイスターの財布は愛着が湧くだけでなく、多くの人間が想いを込めてつくった製品を持つことに対しての誇りや喜びも感じられます。

 

 

当サイトでご紹介するブランドの中で最高評価となりました。ぜひ、日本最高峰の革財布を入手して下さい。少なくとも後悔することはありません。

 

ココマイスター公式サイト