【長財布マニア】国産革財布

メニュー

変わった財布・人と被らないメンズ長財布を厳選

このページでは一風変わった財布を販売しているブランドを5つご紹介します。また、最後にはおすすめの財布も1点だけご紹介します。

おすすめのブランド6選

■ JOGGO(ジョッゴ)

「JOGGO」の特徴は、サイト上のシミュレーション画面でデザインし、簡単にオリジナルの本革長財布がつくれることです。自分のこだわりやプレゼント相手のスタイルに合わせて、外側のレザー、ポケットの色などを細かく指定でき、シックな物から派手な物まで、さまざまなタイプのものが作れます。

一番のポイントは、JOGGOがバングラデシュの労働環境と貧困問題の解決のために作られたブランドであること。そのコンセプトがウケて、今JOGGOは20〜30代に爆発的に売れているブランドです。

設立年 2007年
主な価格帯 16,280円
製造地 バングラデシュ

 

JOGGO公式サイト

 

■ ハレルヤ

機能性を追求した財布が人気のハレルヤ。大容量の財布から、キャッシュレス時代に対応したコンパクトな財布まで、他にはないユニークな財布を生み出し続けています。格好良いのはもちろん、時流に乗った便利な財布を作ることを重視している印象です。

一番人気の長財布「TIDY」は内装にもレザーを使用していながら税込み11,800円という低価格を実現しており、超コスパの良い財布です。1万円以内で購入できる財布も多数あります。特に20〜30代に人気です。

設立年 2014年
主な価格帯 10,000円前後
製造地 海外

 

ハレルヤ公式サイト

 

■ RUBATO(ルバート)

日本製の栃木レザーを使用して日本国内で製造することにこだわるブランドがルバートです。永く使うことで独特の風合いが出てくることが大きな特徴です。今はまだ公式サイトでは長財布1点のみの取り扱いですが、とても美しくて使い勝手も良いことから評判となり、納品まで3ヶ月待ちという盛況ぶり。小さな工房で少数の職人が一つ一つ丁寧に作り上げます。

設立年 不明
主な価格帯 19,800円
製造地 日本

 

RUBATO公式サイト

 

■ カルトラーレ

カルトラーレが作り出すのは見なことのない構造の『ハンモックウォレット』。開くとハンモックの形をしており、小銭や紙幣が取り出しやすく設計されています。デザインの特許も取得しているのだとか。

日本の職人によって作られているので品質も問題なし。それでいてこの価格。ユニークな財布が欲しい方にうってつけです。

設立年 2014年
主な価格帯 14,580円
製造地 日本

 

カルトラーレ公式サイト

 

■ フジタカ

1941年創業の大阪の革ブランドです。洗練されたデザイナーがいる、一歩先行く革ブランドだと感じています。老舗はどこもブライドルレザーやコードバンなどのシンプルな革財布を作りがちですが、フジタカは財布にちょっとしたグラデーションを加えたり、奇抜なデザインを取り入れた物もあります。

しかし価格は高めなので、若い人にはなかなか手が届かないかも。余裕のある大人の男性におすすめします。

設立年 1941年
主な価格帯 40,000円〜60,000円
製造地 日本

 

フジタカ公式サイト

おすすめの長財布

この財布の特徴

ちょっと他ではお目にかかれないとても変わった構造の長財布です。カジュアルな服装にウォレットチェーンを付けると相性バツグンです。個性を出したい方におすすめ。

価格 31,000円
評価 評価4
備考 全面欧州産のナポレオンカーフ・縫製地は日本

おすすめのレザー【オークバーク】

オークバークはオークの木の樹皮でなめされたレザーです。約1年かけて製造される貴重なレザーで、オークバークで革小物を作るブランドは世界でココマイスターだけです。

 

 

それだけでも珍しいのですが、オークバークレザーを更に手間暇かけて丁寧に編み込んだシリーズが『ザオークバーク』です。

 

 

10万を超える高価な財布ですが、ココマイスター以外ではどこにも売っていない非常に珍しい財布なのでご紹介することにしました。

 

このような財布を持っている人は身近にはいないと思います。

 

この財布の特徴

欧州産のオークの木から抽出されたタンニンで皮を鞣(なめ)して出来上がった非常に希少価値の高いレザーです。それを更に太く編み込んでおり、他では決してお目にかかれない代物です。一般的なラウンドファスナー財布よりも大きめなので収納も期待できます。

価格 120,000円
評価 評価5
備考 欧州産オークバーク(牛革)を使用・縫製地は日本