【評価】ハレルヤの解説と小さい長財布TIDY2.0レビュー

【評価】ハレルヤの解説と小さい長財布TIDY2.0レビュー

【PR】

財布のコンパクト化が進む中で、時代に合わせて『小さい長財布』を展開して爆売れしているのがハレルヤです。

 

 

ここではハレルヤについて詳しく解説しつつ、人気のL字ファスナー長財布『TIDY2.0』のレビューもしてみたいと思います。

Hallelujah(ハレルヤ)とは

ハレルヤは、2014年創業の革製品を製造・販売等を行う日本の会社です。

 

高品質な革製品を身近なものにしたいという思いから、日本製のブランドに引けを取らないクオリティを追求し、幅広い年齢層に受け入れられるシンプルなアイテムを展開しています。

 

 

ハレルヤの製品の大きな魅力は企画力です。ユーザーのニーズを汲み取った仕様は大変工夫されており、他のブランドにはない独自性を感じます。

 

素材はモデルごとに最適な革を厳選しており、オイルをふんだんに染み込ませたプルアップレザーのほか、栃木レザーなどの国産革モデルもあります。こだわりの素材とデザインは職人の手によって丁寧に仕上げられ、完成度の高い革小物が生み出されています。

 

ハレルヤは、クオリティの高い商品を低価格帯で提供していますが、それを実現したのがクラウドファンディングへの参加です。ハレルヤの思いをユーザーに知ってもらい賛同を得ることで柔軟な資金調達・製品化を可能にしました。

 


※ TIDY2.0は3924万円もの資金調達に成功しました

 

ハレルヤ製品を直接手に取って見てみたい場合、西日本を中心に取り扱い店が5店舗あります。近くで見ることのできない方は、当記事のレビューを参考にした上でオンラインストアでの購入を検討してみて下さい。

 

ハレルヤ公式サイト


TIDY2.0 L字ファスナー長財布レビュー

クラウドファンディングで大きな反響を得た長財布「TIDY(タイディ) 2.0」をレビューします。

 

この財布、発売前の話題性だけではなく実際に購入したユーザーからの評価も高いそう。ハレルヤ代名詞モデルの人気の理由を探っていきたいと思います。

■ 素材感

 

素材は外装・内装ともに牛革のプルアップレザーを使用しています。プルアップレザーとは、オイルをたっぷりと染み込ませたレザーのことで、柔軟性と耐久性があります。

 

この革の特徴は、使用していくごとに革の中のオイルが移っていくこと。折り曲がる部分や縫製周り、内側の収納の具合などで圧力のかかる部分が白くなっていきます。

 

ふいにつけてしまったキズなども白い跡ができてしまいますが、表面を指で軽くなぞると元に戻るためケアしやすいともいえます。

 

 

また、プルアップレザーは使用していくうちに徐々に革色が濃くなり、艶が出てしっとりとなめらかな質感へ変わっていきます。

 

革のまだら模様と濃淡の変化で奥行きと表情が出ていくので、エイジングの愉しみをもたらしてくれるでしょう。

■ サイズ感

 

TIDY 2.0は商品名に「小さな長財布」と名付ける通りコンパクトな財布です。

 

横幅サイズが17.2cmと一般的な長財布より2〜3cmほど短くなっています。数字で表すとたった数cmと思われがちですが、実際に比較すると見た目が大きく異なります。本当にお札を折らずに収納できるのかと疑うほどの短さです。

 

カバンに入れても邪魔にならず、またジャケットやパンツのポケットに入れても頭が出にくくすっきりと収まります。

■ 札スペース

 

コインスペースを中央に配置し、左右のスペースの片側が片マチ仕様の札スペースになっています。

 

見た目のコンパクトさから窮屈な仕様ではないかと疑念を抱いていましたが、お札を横から滑らせるように入れ込みマチにひっかけるようにすると余白もできました。

 

横は短くとも、縦幅はしっかりと長さを確保しているおかげでファスナーにお札が噛んでしまう心配もありません。使い勝手を考慮したサイズ感であることが分かります。

 

札スペースにはベロが備え付けてあるため、種別の整理も可能です。小ささを追求するならばパーツは少ないほうが良いのでしょうが、物理的に整理整頓を促すこのパーツは使ってみることで良い仕事をしていると実感できます。

■ カードスロット

 

小さな長財布を実現する上で工夫されているのがカードスロットです。一般的な長財布は横入れで二列配置されていますが、TIDY 2.0は縦入れの仕様になっています。

 

革をずらしながら折り重ねるように作ったスペースを2箇所と、革をあえてふくらませて重ね入れできるようにしたマチ付スペース1箇所を左右2面に配置。また、コインケース側面片側にも2箇所収納スペースがあります。

 

かなりの枚数が入れられるので、カード保有枚数の多い方にも満足できる収納力です。

 

特にマチ付スペースは十数枚は入るため、診察券やポイントカードをまとめて入れておくのに最適でしょう。

■ コインケース

 

コインケースは財布の横幅いっぱい、上部が開いた形状です。

 

深さは2分の1あたりまで底上げしてあるため収納力はやや劣りますが、指が底まで届き必要なコインをさっと取り出せるようになっています。

 

蓋のない仕様ですが、L字ファスナーを閉めればホールドされコインが飛び出すことはありません。実際に財布を振って開けるを繰り返しましたが問題ありませんでした。

■ キーポケット

 

TIDY2.0にはキーポケットが備わっています。

 

鍵を持ち歩くときは無くさないようキーホルダーをつけている方も多いと思いますが、財布に収納することで荷物を減らせるうえ紛失と持ち忘れを防げます。

 

3つのスペースがあるため、家の鍵のみならず自転車の鍵や書庫の鍵なども収納できます。

■ フリーポケット

 

両面のカードポケットの奥、再背面はフリーポケットになっています。

 

カードスロットの革が柔らかくしなりが良いため、マチのないスペースでもスリムタイプのスマホがすんなりと入ります。その他には通帳やポケットWi-Fi、エチケットタブレット、ボールペンやメモ帳などを入れても良いでしょう。使用用途が広く使い勝手抜群のスペースです。

■ ファスナー・つまみ

 

ファスナーはYKKの5号。革パーツを取り付けるためのDカンがついたファスナーです。後付けのDカンとは違ってつなぎ目がないため、強度が高くパーツが外れることはありません。動きも非常にスムーズです。

 

ツマミはメインの革と同色のプルアップレザーが取り付けられています。幅は約1cmあり、指にしっかりフィットしますが、柔らかい革のため耐久性にはやや不安が残ります。

■ 縫製

 

外装はバランス良くひと目ひと目きれいに縫われています。内装は一部つっているような箇所はあるものの、全体的に丁寧に処理されている印象です。

 

縫い糸は革色と同系色を採用し、革色そのものを楽しめるようになっています。

 

商品ページを見る


【総評】

TIDY 2.0は仕様が大変工夫されているので使いやすく、レビューが高評価なのも頷けます。

 

価格も1万円台と買いやすく、高コスパで好印象です。試してみる価値は大いにあります。

 

これだと物足りない方は、上位版として栃木レザーを使用したタイプもあるので検討の余地ありです。

 

設立年 2014年
主な価格帯 10,000円〜15,000円
年齢層 20代〜30代
製造地 主に海外・日本製もあり
品質 高品質

 

TIDY2.0商品ページ