【長財布マニア】国産革財布

メニュー

トイレ掃除と金運アップの関係

よく風水やスピリチュアル系では「トイレ掃除をすると金運が良くなる!」と言われたりします。何故か人生全般ではなくて金運限定です。

 

私もそのような話を真に受けて、実際にトイレ掃除を真剣に毎日取り組んでいたことがあります。床も含めて、毎日ピカピカに磨いていました。

 

 

長財布を常にたくさんの1万円札で満たしたかったんです。。

 

あと『ツキを呼ぶトイレ掃除』なる本を購入して、「ふむふむ。なるほどな。金持ちはみんなトイレ掃除をちゃんとやっているんだな。」などと納得していました。

 

 

それで自分の場合トイレ掃除を続けてどうなったかと言うと、結局のところ金運が良い時もあったし、悪い時もあったという感じです。

 

しっかり続けているのに自営業の売上がガクッと急激に下がってしまうことがあり、それがキッカケでやめてしまったりとか。

 

そういう自分自身の経験もあり、金運アップのために目をギラギラさせてトイレ掃除に励むのは「なんか違う」と感じています。

 

そもそも神様がいたとして、トイレ掃除をしたぐらいでその人の金運を上げようとするでしょうか。私が神様だったらしないだろうなと思います。

じゃあ、トイレ掃除は適当で良い?

それはそれで安易な考えなのかな、と。

 

日本では昔から(地方によって)便所に神が宿っていると考えられ、神棚が設けられたり、お花や線香がお供えされたりしたそうです。

 

また、よく言われることですが、お店などで来客があった際にトイレが綺麗かどうかで、その店のサービスがちゃんと行き届いているのか判断されたりしますね。

 

私はそれほどスピリチュアルに傾倒している訳ではありませんが、それでもトイレというのは悪いものを全て吸い取ってくれる特別な場所という考えがあり、ちゃんと綺麗にしておいた方が良いのかなと感じています。

1つのバロメーターになり得る

うまく事が運んでいる家はトイレも綺麗です。私の知人でうまくいってる起業家がいますが、その方の事務所に行くとトイレは本当に綺麗に磨かれています。

 

金運とか関係なく、余裕のある人は細部にまで目を光らせ、誰が使っても恥ずかしくないようにしているんだな、と。

 

 

そして、当然ですがトイレ掃除による事業の成功ではなく、仕事においてのたくさんの失敗を積み重ね、血の滲むような努力をしたからこその成功な訳です。

 

例え本当に効果があったとしても要素の1つに過ぎません。

 

私自身、ここ数年はもう金運アップを目的としたトイレ掃除はしていません。

 

しかし、ちゃんとした人間でありたい、ちゃんとした家でありたいという想いから、今後も定期的なトイレ掃除を続けていこうと思っています。

 

まとめ

「トイレ掃除をすると金運が良くなる」って書いてあったから(そう聞いたから)トイレ掃除を真面目にやるなんて、なんかアホらしいですよね。

 

エゴに満ちたその考え方自体が金運を引っ張ってこない気がします。