【長財布マニア】国産革財布

メニュー

アメリカ人の財布事情。長財布は使わない?

アメリカ人はどんな財布を使っているんだろう?と疑問に思い、ネットで調べてみたところ、日本とは随分と違った形態であることが分かりました。

 

簡単にまとめると以下のようになります。

 

  • 財布は二つ折りが主流
  • ズボンの後ろのポケットに入れている。
  • カード決済が主流で、現金はあまり持ち歩かない。
  • コインケースは持たずに、ポケットに直接入れる。(ジャラジャラはさせない)
  • マネークリップは使わない。

 

どんな長財布を使っているんだろう?と気になる方もいるかもしれませんが、そもそもアメリカ人は長財布を使わないようです。それはアメリカ人に限らず、どの国の男性も長財布は使わないのだとか。

 

このような事情はクレジットカードの歴史を見ると理解できます。

 

1950年にアメリカでダイナースカードが誕生しました。その後徐々にクレジット決済がアメリカでは主流になっていく訳ですが、そのクレジットカードを綺麗に収納するために現在のような二つ折財布が考案されたようです。

 

 

また、小銭だと1セント、5セント、10セント、25セント、50セント、100セントの6種類があるようですが、実際に使うのは1〜25セントまでの4種類。

 

また、よく使う1ドル、5ドルは紙幣になっているので、日本ほどは小銭が貯まらないようになっているみたいです。

 

紙幣を多く収納できる長財布はアメリカでは特に必要とされず、二つ折り財布を使って小銭はポケットに入れるスタイルが多いようです。

お金持ちは長財布を使う?

では、日本でよく言われる「お金持ちは長財布を使う」っていう都市伝説のようなものは一体何なんだろう?という疑問が湧いてきます。

 

あれは以下の書籍を書いた亀田潤一郎さんやはづき虹映さんなどがポジショントークとして、自分に都合の良い形で述べた言説だと私は理解しています。

 

 

金運アップに良いからと色んな人が長財布を薦めています。長財布はお札を折らないからお金のエネルギーを壊さないとか、風水的にも良いとか。

 

それが嘘か本当かは分かりませんが、男性が長財布を持つ文化は日本にしかないと知ることで事の本質が見えてくるように思います。

私が長財布を使う理由

ここまでくると、「じゃあお前は何で長財布を使っているんだ?」と疑問を抱いた方もいらっしゃるかもしれません。

 

私が何故長財布を使う理由は、単純に格好良いからです。デザイン性に優れ、全体的なファッション性も高めてくれます。海外にない文化でも、良い物は良い。

 

そんな感じで私は長財布を愛用しています。

補足

海外に行った時に長財布を出すとかなり目立ちますので、スリや恐喝のターゲットにされやすくなり、危険度も上がります。

 

そのため、海外旅行の際は二つ折り財布を使うことを強くおすすめします。私も海外旅行の際は二つ折りを使います。