男性は財布の中に何を入れておくべきか

メニュー

1.財布の中に入れておくべき物

昔、財布の中身なんて気にしなかった頃、お財布には常にレジでやり取りするものを何でもいれていました。

 

意識しないと、あっという間にポイントカードやら、クレジットカードやら、レシートやら、なんだか書きかけのメモまで、たくさん入っています。

 

 

写真なんかも入れますかね。好きだった彼女の写真とか(笑)いや、何を入れても自由なんですよ。お財布は自分のものだから。

 

でも、お金の身になれば、そんなゴチャゴチャしたカオスのところに入っていたくない!って、逃げていくかもしれませんね。

 

お財布は人と成りをあらわします。結構支払いのときのお財布って目につきますよ。

 

「あ、レシートはみ出てる」とか。
「ポイントカードで膨れてる」 とか。

 

いいんですよ!もちろん自由ですから。でも、当サイトを見ている方なら格好良い財布を目指しているはず。

 

大人の財布を目指すなら、自分中心の考え方から、もう少しお金や周囲に視点を移して、よりお金にとって住みやすい、そして周りの人が見ても、カッコイイなと思うお財布を目指しませんか?

 

 

まず、基本的には、「整理整頓!」が第一にあります。そして、以下の物以外は入れないようにしてはいかがでしょうか?

  • お札
  • コイン
  • いつも使うクレジットカード
  • いつも使うキャッシュカード
  • いつも使うポイントカード

また、運転免許証を入れている人も多いですよね。大事なものを財布に入れる、という気持ちはよくわかります。

 

でも、お財布を落としたら免許まで落とすことにもなるので、別にしておいたほうがいいと思います。

 

そして、運転免許などのライセンスカードや、ポイントカードのようなたまーに必要なカード類は別にカードケースを用意して入れれば、スッキリまとまりますよ。

 

 

◆ 関連記事

 

長財布と小銭入れを分けるのがおすすめ

2.財布の中に入れておくべき金額

お財布に入れる金額って、どのぐらいにしていますか?一万円?二万円?十万円?特に決まりはない?

 

もし、決めていなかったら、「年齢×1000円」を入れるのがいいですよ。たとえば35歳だったら3万5千円ですね。

 

「一瞬で、金運がアップする財布の習慣」(佐藤伝 著)によると、”中学生の財布の中身と、40歳の財布の中身が同じでいいはずはない!”とのこと。確かにそうですね。

 

私は35歳ですが、お財布に5000円だと、「少ないな〜」 と感じてしまいます。3万5千円入っていると、「まだある。まだある」とニコニコしていられる感じ。

 

先の著者によると、金運アップには、お金に対して「いつも充足感を感じていること」が大切だそう。お財布を見て、「こんなにお金が少ないよ〜」と毎回思っていては、体と財布に毒です。

 

こういうときに限って、「安物買いの銭失い」的な出費をしてしまったり、「もうひとつ買うと二つ目がタダ!」みたいな文言に引き寄せられて、要らないものを買ってしまったりするものですから注意。

 

逆に、「まだまだお金あるな〜」と思っていると、「まだまだお金がある」現実を引き寄せます。

 

その充足感、欠乏感は、微妙に購買行動に影響を及ぼしたり、日々の言動に影響を及ぼしたりして、それが回りまわって、自分のお財布に響いてくる、ということでしょうか。

 

ちなみに、私は15万円ほど入れています。「まだある〜」効果は抜群ですよ。そして、3万5千円を常に上回る金額を入れておくようにしています。

 

この、「いつもお金がある」という感覚をキープできる値段の目安が、年齢×1000円と言えるでしょう。

 

お財布の中身、自分が「まだまだあるな〜」と思える金額を入れておくと、心身ともに気持ちよく毎日を過ごせますよ。

3.名刺なんか入れてちゃダメですよ

実際に、財布から取り出した名刺を頂いた体験はないのですが、ネット上の話などでは、名刺をある程度財布に入れておくという方がいるようです。

 

利便性を考えてのことかもしれませんが、しかし、財布に名刺は私としては絶対に考えられない事です。

 

まずあり得ませんから自分もしませんし、また相手がそうでも、いい印象は持てません。マナー違反と感じますし、感覚の違いを覚えます。

 

それに、財布に名刺を入れておいたら、曲がったり、折れていりするかもしれません。

 

財布はものの出し入れがけっこう激しいものですから、名刺入れとは違って、汚れもつきやすい状態におかれると考えられます。

 

そんな名刺を受け取っても、気持ち良くはないというのが本心です。そして、自分の名刺を財布に入れられるのも、あまりいい気分でないと思います。

 

会社員や自営の方なら、そんなことはまずしないだろうと思いますが、社会経験の無い学生さんや、フリーターなどで名刺のやり取りをあまりしない人なら、ついついやってしまいかねないとは思います。名刺とカードは大きさも近いですから、入れやすいと思ってしまうかもと。

 

私も学生の頃であれば、何も考えずにやってしまったかもしれません。

 

ですから、もしも「財布に名刺ってどうなの?」と考えてこのページに辿り着いた方がいれば、「絶対にやめたほうがいい!」と断言しておきます。まずその最初の段階で、あなたの評価が著しく下がってしまうでしょう。

 

社会人となる前の就職活動で、名刺をいただく機会などがあっても、決して財布にしまったりしないように、気をつけたほうが良いと思います。