札入れメンズ長財布7点|人気ブランドから厳選

札入れメンズ長財布7点|人気ブランドから厳選

【PR】

このページでご紹介する財布には小銭入れが付いていません。従って小銭をポケットに収納するか、小銭入れを別で持つ必要があります。

おすすめのブランド

■ 博庵(ひろあん)

会社の創業が1906年という歴史ある日本の革小物ブランドです。博庵というブランドも20年の歴史があります。財布としては薄い長財布を作ることで知られています。

 

 

写真は以前購入した小銭入れありの物ですが、2020年11月時点で札入れタイプの物も公式サイトの「純束」というカテゴリー内に2つあります。薄い札入れタイプをお探しでしたら真っ先に博庵を見ておくことをおすすめします。

設立年 1906年
主な価格帯 30,000円前後
製造地 日本

 

博庵公式サイト

 

おすすめの日本製5ブランド

この財布の特徴

イタリアンレザーを使用したシンプルな札入れです。マチが無いので容量は少ないですが、その分薄く作られており、ジャケットへの収納も可能です。紙幣を何十枚と入れる人でなければ、これで十分だと思います。もちろんカードも入ります。

ブランド ココマイスター
価格 24,500円(税込み)
評価 評価5
備考 内部はヌメ革・レザーは欧州産・日本製

 

この財布の特徴

外装にブライドルレザー、内装にイタリアンレザーというオーソドックスな組み合わせの財布です。マチがあるので極薄ではなく、しっかりと容量のあるタイプです。たくさん入れたい方にはこちらがおすすめです。

ブランド クラフスト
価格 36,300円(税込み)
評価 評価5
備考 欧州産ブライドルレザーを使用・日本製

 

この財布の特徴

こちらはガンゾ(GANZO)の長財布。「シン」というのは「thin」で薄いという意味で、薄く加工したブライドルレザーを使用しています。ブライドルレザーでここまで薄型の財布は他のブランドで見たことがありません。

ブランド GANZO(ガンゾ)
価格 41,800円(税込み)
評価 評価5
備考 欧州産ブライドルレザーを使用・日本製

 

この財布の特徴

日本製のコードバンを使用していながら30,500円という価格は万双にしかできません。万双の財布にはロゴが無いので、小銭入れも無いこちらの財布は究極的にシンプルです。

ブランド 万双
価格 30,500円(税込み)
評価 評価5
備考 日本製コードバンを使用・日本製

 

この財布の特徴

手染めしたコードバンのグラデーションが美しいです。この卓越した染めの技術はyuhakuにしかできないものです。

ブランド ユハク
価格 59,400円(税込み)
評価 評価4
備考 日本製コードバンを使用・日本製

価格の安いミックから2点

この財布の特徴

ミックでは1万円台〜2万円台の高品質な長財布を多数取り扱っており、価格を重視する方に支持されています。こちらは折りたたみタイプではないため使用するレザーが少なく非常に薄くてシンプルな札入れとなっています。

ブランド ミック
価格 11,000円(税込み)
評価 評価5
備考 日本産牛革を使用・海外製

 

この財布の特徴

こちらは折り畳みタイプなので先ほどの財布ほど薄くはありませんが、それでも十分に薄い札入れです。そしてこちらは日本産のレザーを日本の職人が縫製した、純日本産の財布です。

ブランド ミック
価格 25,300円(税込み)
評価 評価5
備考 日本産牛革を使用・日本製

おわりに

以上、おすすめの財布とブランドをご紹介しました。それぞれのブランドにしかない技術や特徴があって面白いですね。