【長財布マニア】国産革財布

メニュー

【オロビアンコ】ラウンドファスナー長財布・魂のレビュー

今回は主に20代〜30代の男性にプレゼントする財布として人気拡大中のJOGGO(ジョッゴ)について詳しく解説し、財布のレビューもしてみたいと思います。

オロビアンコの解説

1996年にイタリアミラノ近郊ガララーテで創業した「オロビアンコ」は、「バッグ」造りのファクトリーブランドとして始まり、今ではバッグはもちろん、財布・小物から雑貨、シューズ、アパレルまでを総合的に展開する世界的なブランドへと発展しました。

 

 

その歴史をかいつまんで見てみると、創業後3年目の1999年には日本に進出、2000年代にはアクアスキュータムなど著名ブランドとのコラボ展開を行い、2010年以降はシューズ・傘など「ライフスタイル」を提案するブランドへと進化。更にアパレル分野にも進出を果たし、現在日本国内では伊藤忠商事が商標権を取得して、2017年以降は丸の内や天神に国内直営店も出店しています。

 

創業20年弱にして、かなり勢いのあるブランドと言えるでしょう。

 

もちろんこれだけ勢いがあるというのは、その製品が多くの人々に受け入れられてきたことの証明でもあります。その特徴は、イタリアらしい陽気なカラーリングを織り交ぜたデザイン性にあります。バッグや財布類に、時に赤・青・黄色といった原色を巧みに取り入れながらも、機能的で野暮ったく感じさせないデザインからは、伝統の職人技と最新の技術を融合させて、実用性の高い製品を生み出そうとするブランドコンセプトが伝わってきます。

 

 

ブランド名の「オロビアンコ(Orobianco)」は、イタリア語の「白金」「貴重なるもの」という意味。創業者のジャコモ・ヴレンティーニ氏がチベットを旅した際、現地人がカシミヤをそう呼んで敬意を表していたことに感銘を受けたことに由来するものだそうです。ちなみにブランドロゴにも、そのカシミヤ山羊があしらわれています。

ラウンドファスナー長財布・魂のレビュー

 

メンズ長財布はシンプルなデザインの物が多くて、ちょっと個性がないなと感じることもあると思います。今回は、イタリア製の個性溢れる財布をご紹介。こだわりの長財布をご覧頂きたいと思います。

 

 

オロビアンコは、大人の男性も支持する人気アイテムが揃うブランドです。その人気の理由も合わせて、一緒に長財布の魅力を知っていきましょう。

■世界中のバイヤー達が注目するブランド「オロビアンコ」

オロビアンコは、バッグを中心としたメンズファッションアイテムを取り扱うブランドです。イタリアミラノ近郊にあるガラレーテを拠点に、1996年にデザイナーのジャコモ・バレンティーニによって設立されました。

 

 

オロビアンコ製品には個性的なデザインの商品が多いですが、機能性は高く、使い勝手もとてもいいと定評があります。イタリア熟練工の職人技の高さから、世界中のバイヤーやファンション業界が注目しているブランドです。

 

 

チベット地方では、カシミヤヤギを「価値があるもの、黄金」という意味を込めて「白金」と呼ぶ風習があるそうで、イタリア語の「ORO=金」「BIANCO=白」を組み合わせて、ブランド名が決められました。

 

そのため、ロゴに描かれた動物も、カシミヤヤギをモチーフにしています。

 

 

高いクラフトマンシップが生み出すデザイン性のあるアイテムの魅力を、ここでは知っていただきたいと思います。

■スタイリッシュに使える高いデザインワークの外観

これまでシンプルでスタイリッシュな財布を使用してきた人にとっては、個性のある外観のデザインに刺激を受けた人も多いと思います。

 

 

角が丸く、ハリのあるレザーのフォルムが確かに特徴的です。革の表情も独特で、エンブレムもイタリアっぽい個性の強さがあります。

 

 

アンティークな雰囲気があるので、重厚感のあるムードを演出したい方にはとてもおすすめです。個性が強いので、ベーシックなビジネススーツなどには合わせにくいですが、カジュアルならセンスが光っていいかもしれません。

 

 

カラーバリエーションは、ライトブラウン(CORTECCIA)、ブラック(NERO)、ワインレッド(WINE)の3色展開。写真画像のアイテムはワインレッドです。

 

同型のラインで、色味やレザーの質感が違う種類のものもあるので、自分に合った逸品を選んでいただきたいと思います。シーンに合わせて、複数のカラーを使い分けてもいいかもしれませんね。

 

■品質の高い皮革は、オロビアンコ特製のレザー

イタリアで製造されているオロビアンコのラウンドファスナー長財布は、イタリア製の牛革のレザーを使用しています。

 

 

光沢のある柔らかい素材感のレザーには高級感が漂いますが、このレザーはオロビアンコが独自開発したOLI-ZEUSというレザー。独自開発しているので、オロビアンコ以外では見ることのできない質感の皮革です。

 

この色味と革の何とも言えない絶妙なシワのある表情。天然皮革なので、経年変化も楽しむことができます。

 

 

上品な艶と風合いが楽しめるので、レザーファンなら1つはオロビアンコのアイテムを持っていてもいいかもしれません。イタリアの高い技術を誇った革製品ですので、きっと革小物が好きな方の心を満足させられるでしょう。

■生活経験から使いやすさを計算した内装

オロビアンコのラウンドファスナー長財布は、ジップを空けると蛇腹の内装が広がる仕組みになっています。個人的には、手帳のような構造だなと思ったのですが、パカっと開くので中身が見えやすくとても使いやすそうです。

 

 

日々生活する中から、使い勝手のいいデザインを抽出しているというオロビアンコのブランドコンセプトにあるように、旅に持ち歩いても、日常生活に使っても便利そうですよね。

 

 

気になる収納容量ですが、お札入れが2つ、ジッパー付きの小銭入れが1つ、カード収納ポケットが17箇所、フリーポケットが2つついています。カードが17枚も収納できるのは、本当に便利ですよね。

 

お札入れなどもサイドにマチが付いているので、思うより広々と中を確認できます。小銭入れも、きちんとファスナーが付いているので、中身がこぼれてしまう心配もありません。

 

 

段違いになっているフリーポケットは、領収書やレシート、チケットなどを保管するのにも便利。ラウンドファスナーだから、たくさんのものを保管してもしっかり収まるので、収納力を求める人にはとても実用的と言えるでしょう。

 

 

ひとつ気になる点があるとすれば、小銭入れやポケットの内側にナイロン生地の布が貼られているという点です。総革の財布に比べると耐久性が少し劣るので、破れたりする可能性があることは心に留めておいたほうがいいでしょう。

 

■モノ作りの心は世界共通?イタリアの職人技術

日本国内生産の財布をおすすめする管理人ですが、イタリアブランドの財布にはそれだけ、国内産の財布にはない個性があるとも感じます。

 

 

オロビアンコの製品デザインをすべて手掛けるジャコモ・ヴァレンティーニの世界観が好きであれば、このアンティークな雰囲気や、パーツへのこだわりは、オロビアンコでしか感じられないもの。それぞれの楽しみを持って味わえばいいと思います。

 

外側にある金具パーツについても、存在感がありますし、エレガントなムードが漂っていますよね。

 

 

ツマミにもブランドネームが刻まれていて、オロビアンコならではかなと思います。このツマミも大きめなので、男性の太い指でも滑らずつまみやすいです。

 

 

デザイン性が高いと、縫製などの細部が甘くなるような印象がありますが、マチ部分などもしっかりと縫い合わされているので、縫製はまずまずかなと思います。

 

 

カードポケットなどの縁が縫製ではなく接着処理されている部分もあるので、この部分については、長年使ううちに剥がれるなどのトラブルもあるかもしれません。

 

■普段とは違うイメージの長財布を選択肢の一つに

オロビアンコはイタリア製のメンズ長財布です。そのため、日本の職人のような繊細な技術は感じられない点も多々あるかもしれませんが、それには負けない個性があると感じています。

 

 

レザーも独自開発の皮革素材を使用しているので、オロビアンコでしか楽しめない革のエイジングも楽しめるでしょう。

 

 

いつもシンプルな財布を使っていたという方は、こんな個性的なメンズ長財布を選んでみてもいいかもしれませんよ。

 

公式ストアを見てみる

店舗情報

オロビアンコの財布は公式ストアで購入できる他、全国に直営店や取扱店があります。詳しくはこちらのページをご覧下さい。

 

取扱店情報を見てみる