【評価】ペッレモルビダ(PELLE MORBIDA)の解説と財布レビュー

【評価】ペッレモルビダ(PELLE MORBIDA)の解説と財布レビュー

ペッレモルビダの解説

ペッレモルビダは、高級感のあるブランドイメージから、海外のブランドイメージを持たれる方もいらっしゃるかと思いますが、実は2012年に日本で生まれたブランドです。創業者の「海外にも通用するようなブランドを作りたい」という想いから誕生しました。一流のデザイナー、一流の職人を集め、一流の日本製のバッグや財布を展開しています。

 

 

海外ブランドは高品質なことはもちろんですが、ブランドのネームバリューが上乗せされているブランド価格のため、手が出しにくいのが現実です。

 

しかし、ペッレモルビダは高品質なレザーを使用していながら、安いとは言えませんが比較的手の届きやすい価格に設定されています。

 

 

あくまで原価ベースでの値付けなので、高品質な商品を適正な価格で手に入れることができる価値のあるブランドです。

 

また、ペッレモルビダは、ファッション界のカリスマ的存在であるディレクターが手掛けた、本物を知る大人のためのブランドを目指しています。

 

都会的な洗練されたデザインであることを大事にしていて、海外ブランドの商品に並べても引けをとらないほど。シックなデザインで、ビジネスからプライベートまで幅広く使えるようなデザインに仕上がっています。

 

使っているレザーは、シュリンクレザーや型押しレザーなど上品なレザーを使用しています。デザイン性はもちろんのこと、素材へのこだわりが強いのもペッレモルビダの特徴です。

 

 

特にシュリンクレザーにはこだわっており、日本有数の革の産地である姫路の松原地区で生産されている革を使用しています。使い込むほどに風合いが増していく、革の特性を生かした上質なレザーです。

 

ペッレモルビダは多くの百貨店で取り扱われていて、長財布、ミニウォレット、小銭入れ、カード・コインケースなど幅広く展開しています。財布では約2万?5万円程度の価格帯となっています。

ペッレモルビダの財布徹底レビュー

 

ペッレモルビダのBarca(バルカ)シリーズの『BA302-長財布(小銭入れ付)』という財布を入手したので、早速レビューしてみたいと思います。

■ 高級感のあるシャープな印象の型押しレザ―

この長財布は、ヨーロッパの高級メゾンでも使用されているサフィアーノレザーを使用していて、凹凸がある型押しレザーですが、表面はツヤ加工がされていて高級感のある仕上がりになっています。

 

 

型押しが細かく凹凸もはっきりしているため、表面の傷が目立ちにくいようにな印象を受けました。普段使いの時に付いてしまう傷から守ってくれるのは、長く財布を愛用する上でも嬉しいポイントだと言えます。

■ クラッチバッグとしても使えるような大容量な長財布

縦約11.5cm×横約21cm×マチ約2cmと、長財布にしては大きめの作りなので、財布単体でクラッチバッグのように使うこともできそうなほど。シックなデザインなのでどんな服装にも合わせやすく、洗練された大人の長財布という雰囲気が感じられます。

 

パスポートや通帳もすっぽりと入る大きめのサイズで、持った時にはしっかりとした重厚感があります。

 

 

ただし厚みは一般的な財布と同じくらいの2cm程度と厚すぎることはなく、手に収まりやすい感覚です。

 

 

ファスナーの引き手の金属部分には、ペッレモルビダのブランド名が刻印されています。煌びやかな金属と特徴的な形状がより高級感を演出しています。引き手を持って開閉してみた感想は、掴みやすい形状になっているのでファスナーが動かしやすいという点です。

 

 

裏面には、ブランドのコンセプトでもある船の刻印が入っています。優雅な船旅に持って行きたくなるような上品なアイテムを目指しているペッレモルビダの象徴ですね。

 

 

■ 大きく開くラウンドジップ式

ファスナーを開けてみると、4つの仕切りに分かれていて、かなり大きく開くのでお札やカードなど非常に取り出しやすくなっています。それぞれの仕切りにマチが付いているため、財布の中身がパッと見て分かるような作りが嬉しいですね。

 

 

現金主義で普段から多めにお札を入れている方でも問題がないくらいの収納力を誇っています。もし分けておきたいお札などがあるなら、仕分けにも便利でしょう。

 

 

収納力は長財布の中でも上位に入ると言ってもいいほどですが、小さめのカバンに入れたい方や、上着やズボンのポケットに入れて持ち歩きたい方には大きすぎるでしょう。

■ 収納力抜群で17枚も入るカードポケット

仕切りの収納力に劣らず、カードポケットも最大17枚収納できるほど大容量です。片側が8枚ずつで左右合わせて16枚のカードポケットと、中央に1枚カードポケットが付いています。

 

 

17枚すべてにカードを入れると、当たり前ですがその分財布に厚みが出て型崩れしやすくなってしまうので、全部のポケットを使うことはないかもしれません。しかし、抜群の収納力を誇るのはこの長財布の最大の強みでしょう。

 

 

中央部分の1枚だけ独立しているカードポケットには、1番良く使うカードを収納しておくと取り出しやすくて便利な使い方ができそうです。

■ マチ付きで取り出しやすい小銭ポケット

小銭ポケットで大事になるのが、マチがあるかないかという点ですが、このペッレモルビダの長財布には約4cmのマチが付いているため、小銭の出し入れもかなりしやすいなと感じました。

 

 

大容量なのはもちろん、細かい小銭の出し入れがしやすいのは日常使いする上で大事なポイントになってきます。

 

 

価格は39,600円(税込・2022年6月現在)。流行り廃りがない洗練されたデザインなので、長く愛用できることを考えても妥当な金額です。

 

トータル的に考えて、財布の大きさが許容できるなら、デザイン性、機能性ともに兼ね備えているペッレモルビダの長財布は買いだと言えるでしょう。

おわりに

今回は長財布マニアとして長財布をレビューしましたが、ペッレモルビダの公式サイトのランキングを見ると売れ筋はコンパクト財布のようです。

 

 

公式サイトのトップページから人気商品をチェックしてみて下さい。

 

ペッレモルビダ公式サイト