【長財布マニア】国産革財布

メニュー

【評価:88点】マットーネオーバーザウォレット

 

【タイプ】ラウンドファスナータイプ

 

【外装】マットーネ

 

【内装】ヌメ革

 

【価格】40,000円(税込)

 

公式ページを見てみる

評価内容

【スコア】総合:84点 86点

 


※小銭入れの使いやすさに変更があります

 

@機能性:85点

財布としての素材・機能・サイズは、人気のマットーネラージウォレットと全く同一で、中身が入っていてもスムーズに動くファスナーは、気持ちの良い使い勝手です。

 

 

A質感:90点

卵白で磨かれた外装のマットーネレザーは、オーバーザウォレットの編み込み模様によって、光が当たると格子状に反射して美しい輝きをみせてくれます。

 

 

また一つ一つの編み込みはどこを見ても緩みがなく、丁寧に仕上げられているのがわかります。

 

 

Bコンパクト性:85点

厚みはカタログ値で25mm。実測でもほぼカタログ通りです。ココマイスターウォレットの中では、丁度中間程度に当たる厚みですが、程よくスマートな印象です。

 

 

ラウンドファスナータイプですので、中身が入っている状態でも膨らみは少なく、すっきりとしたフォルムを保ちます。

 

 

C収納力:90点

下の写真は「お札20枚+小銭25枚+カード10枚(カードポケットに8枚+マルチポケットに2枚)、レシートに見立てたA4用紙を折りたたんだもの1枚を入れた状態です。

 

 

ファスナーの開閉はこれだけ入れても全くストレスなく、スムーズです。

 

 

これくらいの内容量であれば、革がしっかりしているので、ファスナーを閉じた時のフォルムも崩れず、余裕をもって収納している感じですね。(下の写真は、左:上の中身を詰めた状態、右:空の状態)

 

 

D小銭入れの使いやすさ:70点 90点

小銭入れについては残念ながらマチがついていないので、これくらい(25枚)入れてしまうと選別に苦労します。

 

 

ただ小銭入れ部分のヌメ革は片側がそれぞれ表裏2枚を貼り合わせるようになっていて、かなりしっかりしているのは良い感じです。

 

 

【訂正】発売当初はマチが無かったのですが、その後仕様が変わってマチがつくようになりました。

 

Eお札入れの使いやすさ:85点

お札入れは左右小銭いれを挟んで、左右に分かれています。マチの部分が2段階の蛇腹になっていますので、一万円札は奥側に収納します。使い勝手としてはごく一般的でしょう。

 

 

Fカード入れの使いやすさ:85点

カードポケット8+フリーポケット2(カードポケットの更に奥)の構成です。

 

 

健康保険証や免許証、その他使用頻度が少なく大切なものはフリーポケットへ。

 

 

レシート類や、よく使うカード類は、お札入れ部分をカードポケット兼用にします。ちなみにお札入れ部分は、カードを縦にしてもファスナーがひっかかることなく締まります。

 

 

G管理人のお気に入り度:85点

同じマットーネ革を使用したオーバーザウォレットとラージウォレットを比べると、デザイン的にはこちらのオーバーザウォレットの方が好みです。ただ、収納力が豊富で、小銭入れにマチもついた「マットーネマックスラージ」が3万円台半ばで発売されましたので、価格面からみると、相対的なお気に入り度が下がってしまいます。

 

写真奥側左:マットーネラージウォレット、奥側右:マットーネマックスラージウォレット、手前真中:マットーネオーバーザウォレット

 

 

ギフトとしておすすめ度:A

4万円という価格がネックにならなければ、比較的オーソドックスな中にも上質感が漂うデザインは誰にでも喜んでもらえると思います。

 

総評

マットーネレザーは、ココマイスターのラインアップの中でも、ブライドルレザーと人気を二分する皮革ですが、白い粉のようなものが表面に浮き出るブライドルレザーに比べると、マットーネの方がわかりやすい革らしい革、と言えるかもしれません。

 

 

このマットーネ・オーバーザウォレットは、シンプルデザインのマットーネ・ラージウォレットに、上質なカジュアル感をプラスした、オンオフどちらにも似合う間口の広さが魅力です。

 

公式ページを見てみる