役に立つ革・レザーの話

メニュー

役に立つ革・レザーの話

このカテゴリーでは、レザーについて解説しています。「そもそも皮と革の違いって何だっけ?」まずはそんな疑問にお答えし、タンナーのこと、なめしのこと、また革の種類について仕上げ別や動物別に説明しています。このカテゴリーを読むことで革ってそういうものなのかと納得して頂けます。

 

 

ちなみに上の写真は当サイトのイチオシのイタリアンレザー『マットーネラージウォレット』です。ブライドルレザーやコードバンと合わせて人気のレザーです。

役に立つ革・レザーの記事一覧

ヌメ革・ナチュラルレザーとは“皮から革に変えるため”には「なめし」という加工作業が必要です。なめしが変われば革の呼称や特徴も変わるのですが、ヌメ革は植物性タンニンを用いてなめした革のことを言います。植物性タンニンは、オークなど樹木の皮あるいは木質部分から抽出される成分のことで、殺菌・抗酸化作用に優れています。自然由来の成分を使用しているため、環境にも優しく「自然環境に配慮した革加工」として注目され...

イタリアンレザーはアメリカのシェル・コードバン、英国ブライドルレザーと共に知られる三大レザーの一つです。中でもトスカーナ地方で製造される植物タンニンなめしのレザーは、中性からその伝統技術を守り継いだ世界随一のレザーです。植物タンニンなめし自体はなんと紀元前3,000年ごろにオリエントで始まったとされ、紀元前8世紀頃に革製品と革なめしの技術がヨーロッパに伝わったようです。※ トスカーナ州さて、トスカ...

まだ財布への関心も薄く、皮と革の区別もつかなかった頃、革財布の種類といえば、合成皮革なのか本革なのか、牛革なのかそれ以外(ワニ革など?)なのか、といったものだったように思います。そこから本格的な革財布に触れるようになると、ブライドルレザーやコードバンという単語(革の種類)をあちこちで目にするようになります。特にブライドルレザーを初めて見た時には、白く吹き出る粉に違和感を覚えながらも次第にその魅力に...