【長財布マニア】国産革財布

メニュー

キャッシュレス時代におすすめの財布とブランドを8つ厳選

消費増税対策の一環として、政府は消費者がキャッシュレス決済をした場合に最大5%のポイント還元をすることを決めました。それに伴い今後キャッシュレス対応のお店が増えるでしょうし、キャッシュレス化を進める消費者も増えてくることでしょう。

 

 

ここではキャッシュレス化に移行する際におすすめの財布やパスケース・カードケースなどをご紹介します。

おすすめの財布&ブランド【前編】

■アブラサスの薄い財布

こちらはアブラサスというブランドの、そのままズバリ『薄い財布』です。紙幣も小銭もカードも全て入るので、何かを犠牲にすることがありません。

 

 

紙幣は数枚、カードは5枚、小銭は999円入る設計になっています。

 

 

革を極限まで少なくし、そして小銭とカードが重ならない仕組みになっているため、コンパクトな薄い財布を実現しました。税込み14,950円とお手頃価格なのも嬉しいです。

 

※ 価格:税込み14,950円

 

アブラサス公式サイト

 

現金を少し入れられるということで実用性が高く、キャッシュレス移行期に最適かもしれません。

■ココマイスターのラウンド小銭入れ

ココマイスターではラウンドファスナータイプの小銭入れが種類豊富に販売されています。こちらはブライドルレザーを使った小銭入れです。

 

 

 

折り曲げれば紙幣も入りますし、カードも何枚か入ります。先ほどのアブラサスの薄い財布ほど機能性は高くありませんが、デザインは洗練されています。

 

 

価格もレザーも様々ですので、公式ページで合う物を選んでみて下さい。

 

ココマイスター公式サイト

■フジタカの小銭入れ

フジタカはまだそれほど知名度はありませんが、洗練されたデザインの財布を多く販売しています。こちらは小さくて使い勝手の良い財布です。

 

 

中にカードを3枚収納可能で、小銭入れもあります。紙幣を1〜2枚折りたたんで入れておくという使い方もできそうですね。

 

 

ブライドルレザーなのでツヤ感も良いです。実用性も高くておすすめです。ただ、日本製でレザーの質も高い分、価格はちょっと高めです。

 

※ 価格:税込み18,360円

 

フジタカ公式サイト

■ハレルヤのSMARTY

ハレルヤが販売しているのは、革財布の良さを活かしつつスマートさとスピーディさを兼ね備えたSMARTYという財布です。

 

 

L字なのでジッパーの開閉が少し楽で、そして小銭入れにはジッパーが無い珍しい構造で取り出しやすいです。また、電子化を考慮してカードが多く収納できることを重視しています。

 

 

当ページでご紹介する他の財布と違ってコンパクトではありませんが、使い勝手を重視した現実的な財布と言えます。

 

※ 価格:税込み11,800円

 

ハレルヤ公式サイト

今は使い分けが必要

財布の紹介の途中ですが、キャッシュレス化にあたって一つ重要な考え方も書いておきます。

 

アメリカではクレジットカード決済が主流なので、大きな財布を持つ必要がありません。持つとしてもカード入れや二つ折り財布を持つケースが多いようです。

 

また、中国は更に進んでいてスマホのアプリでの決済が主流なので、財布自体を持つ必要がありません。私が中国を旅行した時も、どのお店でもスマホで決済できました。

 

▼無人コンビニを出る時

 

▼レンタルサイクルを借りる時

 

一方日本はどうかと言うと、キャッシュレスへの移行が始まったばかり。コンビニや電車、デパート、多くのスーパーはキャッシュレスに対応していますが、お昼に会社の近くでランチを食べようとすると、対応していないお店が多いのではないでしょうか。

 

商店街で個人がやっているカフェとかパン屋、床屋、美容室なんかも対応していないお店が多いですね。病院の場合は自由診療以外はほとんどが現金のみです。

 

というわけで、今の日本では完全なキャッシュレス生活はまだできないと理解した上で、移行段階として財布の使い分けをするか、多少の現金を持ち歩く必要があると思っています。

おすすめの財布&ブランド【後編】

ここから先はパスケースやカードケースなので、もはや財布ではありません。シンプルさを追求するとここに行き着くと思います。

■ココマイスターのパスケース

ココマイスターでもう一つ、『マットーネパスケース』をご紹介します。極限まで無駄を省いてシンプルにしたいならこれがおすすめです。カードを3枚収納できます。私ならクレジットカードを2枚、免許証を1枚入れておきます。

 

 

※普段使っている物なので色がくすんでいますが、新品はもっとキレイです。

 

 

ブラックだとこんな感じ(こちらは新品)。

 

 

現金が入りませんので、現金を使う必要の無い日に限ります。通勤とコンビニやスーパーに行くぐらいならこれで十分です。

 

ちなみに管理人は長財布マニアと称しながらも、普段はスマホとこのパスケースをセットで持ち歩くスタイルです。現金を使うと分かっている時に長財布を持っていきます。

 

※ 価格:税込み12,000円

 

ココマイスター公式サイト

■ユハクのパスケース

ユハクのパスケースは表と裏で計4枚のカードを収納できます。

 

 

 

シンプルながらも洗練されたデザインで、コントラストが美しいですね。

 

※ 価格:税込み10,800円

 

ユハク公式サイト

■the RIDGEのカードケース

the RIDGE(ザ・リッジ)はカードケースです。素材はアルミ・チタン・カーボンなどでできており、高強度でありながら軽量で手軽なカードケースを実現しました。

 

 

カードは15枚まで収納可能です。裏はマネーバンドまたはマネークリップとなっており、紙幣をここに挟むことができます。

 

 

素材・カラー・紙幣の挟み方などの違いから、全部で30種類以上の中から選ぶことができます。最先端を行くカードケースですね。

 

※ 価格:アルミ製で税込み13,824〜14,904円

 

the RIDGE 公式サイト

まとめ

今は完全なキャッシュレス社会ではありませんので、財布のキャッシュレス化をする上では完璧さを求めないことが大事だと思います。現金を入れた財布をカバンに入れつつ、ポケットにはシンプルな財布やカードケースを入れるのが現実的かもしれません。

 

色んな方法を試して、ご自身に合うやり方を見つけてみて下さい。