【長財布マニア】国産革財布

メニュー

【財布をプレゼント】20代男性におすすめのブランド9選

20代男性へのプレゼントに財布を選ぶとき、どのブランドの財布が人気なのか、どのレザーにしようか、デザインはどうしようかなど、いろいろ迷ってしまうのではないでしょうか。

 

そこで、日本製にこだわりを持っているブランドから、海外の有名ブランドまで、20代の男性へ財布をプレゼントするときにおすすめのブランドを紹介します。

 

彼や旦那さんへのプレゼント選びの参考にして下さい。

おすすめのブランド10選

■ JOGGO

JOGGGO(ジョッゴ)は、財布のオーダーメイドができるブランドです。内装と外装を好きな色にカスタムすることで、世界に一つだけの特別な財布をプレゼントできます。カスタマイズの見本も豊富に用意されているので、色選びに迷うことはありません。

カラーカスタマイズが7箇所できる本革長財布の価格は、税込み16,280円とお手頃です。素材は牛本革で、すべてバングラデッシュ自社工場で職人が手作りしています。無料で名入れ刻印サービスを行っており、特別なプレゼントになります。

設立年 2007年
主な価格帯 16,280円
製造地 バングラデシュ

 

JOGGO公式サイト

 

■ crafsto(クラフスト)

クラフストの製品は定番の人気レザーであるブライドルレザーとコードバンで構成されていて、デザイン的にも洗練されています。フラグメントケース、L字ファスナー、マネークリップなど流行のミニ財布も取り入れており、財布では様々なニーズに対応しています。

 

 

また、クラフストは10年後を考えたものづくりをしており、「毎日使い続けても壊れない。壊れても修理ができる。」そういった考えがベースにあります。他社より丈夫である上に修理を気軽に依頼できるのは嬉しいですね。

 

 

ちなみにブライドルレザー製品が圧倒的な人気で、特に1枚目の写真のラウンドファスナー長財布(39,600円)と2枚目のL字ファスナー財布(29,700円)がよく売れているようです。

設立年 2020年
主な価格帯 20,000円〜40,000円
製造地 日本

 

クラフスト公式サイト

 

 

■ ココマイスター

ココマイスターは、日本製の革製品ブランドです。イギリスやイタリアなどが生み出す天然の最高級レザーを採用しており、男性の評判が高いです。天然のレザーは手に良く馴染み、非常に魅力的な美しい素材です。

製品は日本の職人がひとつひとつ心を込めて手作りしており、使い込むにつれて変化が楽しめるよう、経年変化する仕上げが施されています。財布の価格は3万円以上からです。愛着を持って長年使えるとプレゼントに喜ばれています。

設立年 2009年
主な価格帯 30,000円〜50,000円
製造地 日本

 

ココマイスター公式サイト

 

 

■ オロビアンコ

オロビアンコは、1996年にイタリアで設立されたブランドです。イタリア語で「白金」を意味するブランド名には、貴重なるものという思いが込められています。イタリアファッションからインスピレーションを得た高いデザイン性と機能性を兼ね備えたレザー商品が人気です。

シンプルなデザインの財布は実用性が高く、ビジネスからプライベートまで幅広く使えます。日本製の牛革を使い、耐久性に優れた味わいある長財布は、2万円前後からです。

設立年 1996年
主な価格帯 18,000〜30,000円
製造地 日本

 

オロビアンコ公式サイト

 

■ ビジネスレザーファクトリー

ビジネスレザーファクトリーは、2018年に設立された新しいブランドです。牛本革を使用した本物のレザー商品が低価格で購入できると人気を集めています。優秀なタンナーと直接取り引きし、肌馴染みの良いオリジナルレザーをオーダーすることで、1万円を切る低価格での販売を可能としています。

最高級の天然牛本革でつくられたスリム長財布は6,999円。大容量のラウンドファスナーは9,999円です。本革の財布はビジネスシーンに使いやすく、プレゼントに喜ばれます。

設立年 2014年
主な価格帯 10,000円前後
製造地 バングラデシュ

 

ビジネスレザー公式サイト

 

■ ハレルヤ

ハレルヤは、大阪にある皮革専門のブランドです。価格帯は、1万円前後からと低価格ながら、オールレザーの財布が購入できると人気です。人気No.1の「TIDY」は、クラウドファンディングで寄付を募って作られた、整理整頓ができる財布。

ユニセックスでシンプルなデザインと、豊富なカラーバリエーションで男女問わず人気が高く、プレゼントに好まれます。素材として使われている上質なレザーは、エイジングも楽しめる優れものです。

設立年 2014年
主な価格帯 10,000円前後
製造地 海外(日本製もあり)

 

ハレルヤ公式サイト

 

■ ポーター

ポーターは、メイドインジャパンにこだわる老舗鞄メーカー「吉田カバン」が手掛けるオリジナルブランドです。「一針入魂」という創業者の職人精神を受け継ぎ、ものづくりに徹底的にこだわっています。
そのこだわりは高品質な日本製の革財布にも宿っています。

高品質ながら、価格は1万円前後からとプレゼントしやすいリーズナブルな価格帯です。20代でも持ちやすく、カジュアルからビジネスシーンまで幅広いデザインが揃っています。

設立年 1962年
主な価格帯 10,000円〜30,000円
製造地 日本

 

ポーター公式サイト

 

■ アニアリ

アニアリの財布はデザイン性が優れており、カラーラインナップも豊富です。そのことから20代の若い人を中心に人気があります。普段からファッションに気を使う人に選ばれているブランドです。

長財布の価格は2万円台と3万円台が中心です。日本製ですから品質もしっかりと担保されています。今後も人気が伸びていきそうです。

設立年 1997年
主な価格帯 20,000〜40,000円
製造地 日本

 

アニアリ公式サイト

 

■ コルボ

CORBO(コルボ)は、日本の職人がつくる革製品を展開するブランドです。ブランド名は「カラス」を意味しています。素材へのこだわりが詰まった財布は、カジュアルからフォーマルまでシーンを選ばずに使えるシンプルなデザインです。

高品質の秘密は、小さな部品にもこだわりを持っているところです。部品ひとつひとつまでオリジナルで設計し、職人が製作しています。財布の価格帯は2万円前後からです。革のエイジングを楽しみながら長く愛用でき、プレゼントに喜ばれます。

設立年 1998年
主な価格帯 25,000円〜35,000円
製造地 日本

 

コルボ公式サイト

 

■ ワイルドスワンズ

WILDSWANS(ワイルドスワンズ)は、1998年に創立した日本の革製品ブランドです。頑丈で長く使えると評判が高く、海外の名門タンナーの高品質なレザーを使用しています。

上質な素材を、繊細で高度な技術力を持った職人の手仕事によって加工。丈夫で長持ちする道具としてのレザー製品を手間暇かけてじっくりと製作しています。そうしてひとつひとつ丁寧に生み出された財布は、エイジングが長く楽しめ、ラインナップも豊富です。

設立年 1998年
主な価格帯 20,000円〜60,000円
製造地 日本

 

ワイルドスワンズ公式サイト