【長財布マニア】国産革財布

メニュー

パティーナ長財布&ラウンドファスナー魂のレビュー

 

パティーナシリーズは、財布の外装・内装両面にヌメ革を使用したシリーズです。ヌメ革は牛皮を植物タンニンで鞣した丈夫な革で、特別な表面加工などは施さず、もっとも素朴で、ある意味もっとも革らしい革と言えるかもしれません。その分、傷やシミがつきやすい革でもありますが、それも持ち主が使用した味として、飴色に変化していく革の一部となっていきます。

 

 

ココマイスター・パティーナシリーズの長財布には、パティーナ・ラウンドファスナー(上・写真左)とパティーナ長財布(上・写真右)の2種類がありますが、どちらも2万円台と、比較的求めやすい価格設定となっています。

 

本レビューでは、この2本について、ご紹介してみたいと思います。

 

とりあえず公式ページを見たい方はこちらからどうぞ。

 

公式ページを見てみる

■もっとも素朴な革

冒頭でも述べましたが、「ヌメ革」というのは革の表面に特別な加工を施さない、素朴な革です。素朴と言っても、パティーナシリーズに使用されるヌメ革は、イタリアの老舗タンナー・ワルビエ社製で、牛のショルダー(肩)部分の皮を、手間と時間のかかる植物タンニン100%で鞣(なめ)した、高級皮革です。

 

▼こちらがパティーナ・ラウンドファスナーの表面

 

 

▼こちらがパティーナ長財布の表面

 

 

一般的に化学薬剤を用いたクロム鞣しに比べて、植物タンニンで鞣した革は、手間暇と時間がかかるかわりに、重厚で丈夫な革が得られるとされます。一方でその表面には、牛の生存時の傷や血筋などが残ると言われますが、少なくとも今回手にした2つのパティーナにおいては、表面は均一でキメも細かく、美しい仕上がりです。

■ヌメ革は傷や水分に特別弱い?

一方で、自然のままの状態に近いヌメ革は、ちょっとした傷や、水気に弱いとされます。ココマイスターの公式サイトでも、「ヌメ革は特に傷や水分に弱いのでご注意・・」といった説明がみられます。パティーナシリーズ最大の特徴が「全面ヌメ革」ですから、このような説明を見ると、購入前に躊躇してしまいそうです。

 

 

▼こちらはパティーナの表面で、目立たない部分を、ツメで少し引っ掻いてみたもの。

 

 

たしかに、濃色のパティーナの場合、擦り傷が結構つきそうです。

 

▼ただ、明るい色のパティーナではあまり目立たちませんでした。

 

 

また、一般的に革が水に弱いのは、多量のロウを染み込ませる加工が施されたブライドルレザーなどでも同じで、表面の水気を放置するとやはり染みになってしまいます。日常的に使うものですので、あまり神経質になりすぎるのも考えものです。使う内に自然に手の油などによる保護膜が形成されていくため、どんどん使ってあげるのが一番でしょう。

 

尚、購入直後のメンテナンスとして、写真のような防水スプレーや、クリームを塗布してあげることは水染み回避に有効ですのでお勧めです。

 

▼コロニル・シュプリームクリームと防水スプレー

 

■定番構成で使いやすいラウンドファスナー

 

それでは今回ご紹介する2本の内、まずはラウンドファスナータイプについて見てみましょう。こちらの外観や、ファスナー、札入れ・カードポケットなどの数や造りは、ココマイスターの他のラウンドファスナーと同様の定番構成で、パティーナだけの独自性は特にありません。その分、こなれた使いやすさを持つ長財布と言えるでしょう。

 

角に大きめのアールがつき、開閉がスムーズな外周ファスナーを装備します。

 

 

厚み約2cmのコンパクト性は持ちやすく、スーツポケットなどにも嬉しい薄さです。

 

 

大きく開くマチ。内側にはココマイスターの長財布として唯一シャンタン生地が貼られているのが見えます。

 

 

小銭入れ部分は可もなく不可もなく。マチがつかないため、奥のほうの小銭は若干選別しにくい感じです。内側はやはりシャンタンになっています。

 

 

カードポケットは左右に4枚分ずつ。計8枚を収納します。カードポケットの外側には、左右それぞれ大型のフリーポケットがあります。

 

 

公式ページを見てみる

■シンプル&スリムな長財布

 

もう1種類は、名前もシンプルな「パティーナ・長財布」です。外装だけでなく、内装も非常にスッキリとしたシンプルデザインでまとめられています。この手の身開きタイプは意外と厚みを持つものも多いのですが、パティーナ長財布の厚み2cmは最薄の部類と言えるでしょう。

 

すっきりとしたデザイン。スティッチラインがまっすぐに美しく伸びます。

 

 

内装も非常にシンプル。カード入れは蓋側に縦に6枚分とあまり多くはありません。カードはどうしても必要なものに絞る必要がありそうです。

 

 

但し、縦型ながら、カードの出し入れは結構スムーズです。

 

 

お札収納部のマチがW型(2つ折り)となっているため、片マチ(上側のみが開く)ながら大きく開閉できると同時に、お札の出し入れもスムーズです。

 

 

小銭入れにはマチが無いため、奥の方のコインは若干取り出しにくさを感じます。

 

 

小銭入れやポケットの内側は、シャンタン生地になっています。

 

 

カードポケットを最小限に絞ったこともあり、すっきり2cmの厚みを実現しています。

 

 

エイジングも楽しみな、本格的なヌメ革を使用したパティーナは、どのようなシチュエーションにもマッチするシンプルなデザインとリーズナブルな価格設定で、年配の方から若い方まで、男性・女性いずれにもお薦めしたい財布です。

 

 

公式ページを見てみる

 

価格 24,000円 or 26,000円
レザー

表面:欧州産パティーナ
内部:欧州産ヌメ革
共に牛革

縫製地 日本