【ナポレオンカーフアレッジドウォレット】魂のレビュー

メニュー

ナポレオンカーフアレッジドウォレット魂のレビュー

ココマイスターの中でも独特のヴィンテージ感で異彩を放つナポレオンカーフシリーズ。生地などを一切用いず、表も裏もナポレオンカーフで仕立てたこの財布の特徴を表すなら、「見た目と対照的に柔らかな手触り」と「ガバっと余裕のある使用感」と言ったところでしょうか。

 

 

以前レビューした「ナポレオンカーフ・アレクサンダーウォレット」と比較しながら、その大人の遊び心に溢れた特徴をご紹介していきます。

 

とりあえず公式ページを見たい方はこちらからどうぞ。

 

公式ページを見てみる

◆すっきりとしたフォルムながら独特の存在感

このウォレットを見た時の第一印象は、シンプルなフォルムながら、他の普通の革財布とかなり革の色や感じが違うな、といったものでした。

 

 

但し、同じナポレオンカーフシリーズの人気ウォレット「ナポレオンカーフ・アレクサンダーウォレット」と比べると、押し出し感は幾分影を潜めます。

 

(写真下・ナポレオンカーフ・アレクサンダーウォレット

 

 

このごつっとした見た目の印象は、全体的にワイルドなデザインもさることながら、表面をサンドペーパー掛けして起毛するという工程を経た、革の持つ素材感によるところが大きいと思います。ピカピカに磨き上げられた美しさではなく、自然の素材感があります。

◆イタリアンオイルドヌバックの真骨頂・革の柔軟性

ところが、その見た目の印象は、ウォレットを手に取ることで一変します。それは、しっとりと手にまとわりつくような感覚で、ウォレット全体が非常にしなやかなのです。

 

 

財布を開いてみると、内装もすべて同じナポレオン・カーフで出来ています。このナポレオン・カーフとは、イタリア産のオイルドヌバックと言われる希少皮革で、先に述べたように吟すり加工というサンド掛けによって表面を起毛させた上に、オイルや蜜蝋を染みこませるという工程を経たものです。

 

 

財布を開くと、右下には
L'Arc De ST BERNARG
という、勇猛なナポレオンの逸話にちなんだブランドロゴが刻印されています。オイルをたっぷり含み、自然なエイジングを楽しむこのウォレットは、基本的にメンテナンスフリーというのも嬉しいところです。

 

 

こちらは、革の表面の拡大写真です。非常に不思議な色合いと質感です。ただ、ぱっと見たところでは、これが「起毛」というのはよくわかりません。起毛だからといって、何か目に見えるものがフサフサしているのではないのです。

 

 

それ(起毛加工)を認識させられたのは、表面に傷がついた時でした。
この革は、表面を少しこすると、写真のように傷がついたような跡が残ります。ところが、傷の上から指でさすってやると、傷の程度によって完全にではありませんが、すーっと消えていくのです。例えば、下の写真くらいの傷であれば、少しこするだけで、ほぼ綺麗に消えてしまいます。面白いですね。

 

 

◆ガバっと開いて、たくさん収納できて、カード収納もスムーズの実用性

このウォレットの大きな特徴の1つはそのデザインですが、もう1つの大きな特徴はその実用性と言えるでしょう。デザインだけなら、それは個人の好みですが、実用面ではなかなかこの財布の右にでるものは無いと思います。その辺りを詳しく見てみましょう。

 

 

まずはこのシリーズに共通するコンセプトとも言えるのが、大きな開口部です。財布の各所が気持ち良いほどに「ガバっ」と大きく開くのです。これだけ開けば、手の大きな人でも余裕で使えそうです。

 

※ 左はアレクサンダーウォレット

 

100万円収納も余裕の札入れ。革がやわらかいので、マチの幅以上に広がります。ちなみにアレクサンダーウォレットでは100万円を実際に収納すると蓋が閉まらないという問題がありましたが、こちらのアレッジドウォレットは余裕を持って蓋も閉まります。

 

 

カード入れは、お札入れの内部に4枚分と、蓋の内側に6枚分の、合計10枚分が用意されています。特筆に値するのは、そのどれもカードの出し入れがスムーズに出来る事です。

 

 

よく薄いプラカードだときつくて折れてしまったり、入れられても出しにくかったりすることがありますが、このウォレットに関してはそれがありません。

 

 

そして圧巻は、やはりこの小銭入れでしょう。アレクサンダーウォレットの小銭入れのように、「集金袋」と言ったほどではありあませんが、こちらの小銭入れもあらゆる長財布の中で最大級だと思います。しっかりマチもついていて、奥底の小銭の取出しも余裕です。

 

 

マチ部分は、ファスナーが根元まで開きます。

 

 

また、上の写真で、小銭入れの中に小さな隠しポケット(フリーポケット)が付いているのがおわかり頂けるでしょうか。これは秀逸ですね。チャックの中のポケットなので、大切なチケットなど、ここに入れておけば安心です。

 

この他にも、フリーポケットは3箇所あり、合計4つのフリーポケットが用意されています。下は蓋の内側についているポケット。内側で容量も大きいので、最も使い勝手が良さそうです。

 

 

少し厚みのあるものは、蓋側のポケットだと表に形が浮き出る可能性がありますので、こちらのポケットを使うと良い感じです。

 

 

最後に外側のポケット。これは財布を逆さまにすると中身が落ちてしまいそうですので、使うシチュエーションは限られそうです。

 

 

◆最高の実用性を兼ね備える、遊び心を持った大人向けウォレット

他とは違う個性豊かなデザイン。手に持ったときの柔らかな感触。札入れ・小銭入れ・カード・フリーポケットと四拍子揃った収納性が、どれも平均レベルを遥かに超えている実用性。デザインさえ気に入れば、非の打ち所のないウォレットと言えるでしょう。
2016年5月現在、本ページのブランデー色の他に、計5色のラインアップとなっています。

 

 

公式ページを見てみる

 

価格 34,000円
レザー

表面・内装共に欧州産ナポレオンカーフ(牛革)を使用

縫製地 日本

 

■ ナポレオンカーフの関連記事

 

ナポレオンカーフの長財布を3つ厳選

◆◇◆ 関連商品 ◆◇◆

アレクサンダーウォレットの特徴

ちょっと他ではお目にかかれないとても変わった構造の長財布です。カジュアルな服装にウォレットチェーンを付けると相性バツグンです。個性を出したい方におすすめ。

価格 31,000円
評価 評価4
備考 全面欧州産のナポレオンカーフ・縫製地は日本