【マットーネオリヴェートウォレット】魂のレビュー

メニュー

マットーネオリヴェートウォレット魂のレビュー

ココマイスターの定番商品「マットーネ」シリーズの中で、表面の編み込みが特徴的で、上位バージョンに当たるのがこの「オリヴェートウォレット」です。

 

 

人気のラウンドファスナータイプ「オーバーザウォレット」の姉妹品とも言えるこのウォレットは、他の同タイプウォレットと比べても財布の開閉が「しなやか」なのが一つの特徴と言えるでしょう。

 

とりあえず公式ページを見たい方はこちらからどうぞ。

 

公式ページを見てみる

◆マットーネレザーの艶(つや)

イタリア伝統の「パケッタ製法」で作られる皮革「マットーネ」は、その工程においてオイルをたっぷりと染みこませた上に艶出し加工が施されている為、その外装の表情はご覧のようにしっとりとして、当初から艶をもっています。

 

 

マットーネシリーズと言えば、手頃な価格と使い易さから、ラウンドファスナータイプの「ラージウォレット」が人気筆頭ですが、この「オリヴェートウォレット」のように、個性に合わせて様々なデザインが選べるのは嬉しいところです。

◆ラージウォレット vs オーバーザウォレット vs オリヴェートウォレット

冒頭でも触れたように、この「オリヴェートウォレット」は、同じマットーネ革を用いた「オーバーザウォレット」の姉妹品とも言えるウォレットです。この他にも同シリーズには、人気の「ラージウォレット」、より細身の「ヴォルタウォレット」、「マルチウォレット」などバリエーションが豊富ですが、いずれも外装がマットーネ・内装がヌメ革というのが共通仕様になっています。

 

 

これだけラインアップが用意されると、どれを選ぶべきか迷います。まずはざっと、マットーネシリーズの代表とも言える3つを順に見てみましょう。

 

マットーネラージウォレット
ラウンドファスナータイプで、表面はプレーンながらも落ち着いた艶を持ちます。下の2つに比べると、価格も1万円程度安いこともあってシリーズ中一番人気の商品で、カラーバリエーションも5色と豊富です。

 

 

マットーネオーバーザウォレット
こちらも同じくラウンドファスナータイプですが、裁縫工程で3ヶ月ほどかかると言う、手のこんだ格子状のデザインが施されています。これによって、見た目が引き締まるだけでなく、革の表面につきやすい傷を目立ちにくくする効果を持っています。

 

 

<マットーネオリヴェートウォレット>
そして、こちらが本レビューのオリヴェートウォレットです。こちらは上の「オーバーザウォレット」から、ファスナーを取り払ったもので、内装の美しいヌメ革が美しいコントラストを見せてくれます。

 

 

「オーバーザウォレット」と「オリヴェートウォレット」は、価格もほぼ同じ(2016年3月現在では、オリヴェートウォレットの方が1000円だけ安くなっています)、サイズもほぼ同じですので、あとはまさに、好みと言えるでしょう。

◆美しい内装が広がる

マットーネシリーズの一つの特徴とも言えるのが、本来、美しいヌメ革の内装と、マットーネ革の外装とのコントラストです。ファスナータイプでは、中身をしっかりと保護する代わりに、そのコントラストがある意味スポイルされているとも言えるでしょう。

 

 

ファスナーを持たずに開閉するこのタイプでは、すぐに中身にアクセスできる便利さと同時に、財布を開くと、全面に美しいヌメ革が広がります。

 

 

コバ処理もきちんと施されていて、外装・コバ・内装と、サイドから見ても完璧な美しさを保ちます。

 

 

◆財布としての「機能」も充分

人気シリーズだけあって、財布としての機能も必要充分なものが確保されています。まずは肝心の「札入れ」部ですが、マチ付きでそれなりの数の紙幣も収納できそうです。

 

 

こちらは、50万円を収納してみたところ。

 

 

続いて100万円を収納してみたところ。蓋は押さえれば締まりますが、流石に入れすぎですね。サイドから見るとわかるように、お札収納部は下側が細くなっていますので、大量のお札を入れるようには出来ていなさそうです。

 

 

小銭入れ部分は、少々窮屈かもしれません。これはマットーネシリーズに共通して言えるのですが、今のところ小銭入れに「マチ」が付いていないため、奥の方に入った小さな硬貨は少々取り出しにくい感じがします。この当りは、あまり小銭をジャラジャラいれる財布ではないと割り切れば、特に苦痛になるという程ではありません。

 

 

カードポケットは左右に合計14。全部使うとパンパンになりそうですが。「オーバーザウォレット」はカードポケットが8つですので、カード派にはこちらがお薦めです。

 

 

フリーポケットは2つ。

 

 

これだけ収納できて、サイズ感もほど良い感じです。

 

 

◆しなやかな外装について

ココマイスターには、このオリヴェートウォレット以外にも、両開きタイプのものはいくつもあります。当サイトでご紹介してきたもので言えば、「ブライドルインペリアルウォレット(下写真中央)」や「ジョージブライドル・バイアリーウォレット(下写真右)」などがそうですが、オリヴェートウォレットは外装の開閉が非常にしなやかなのが特徴です。

 

 

自然に置いた状態では、オリヴェートウォレットだけが、蓋がほぼ閉じた状態なのがおわかり頂けると思います。他のものは、革の厚みや引張りで、半開きとなるのです。公式サイトなどの写真では、すべて閉じているように写っているものも、それは撮影用のアレンジで、実際には上のようになります。

 

例えばレストランでテーブルの上に財布を置いた時などを想像すると、やはり閉じていた方がスマートなような気がしないでしょうか。どこでも触れられていませんが、このウォレットの隠れた特徴のように思います。

◆カラーバリエーションは3色

2016年3月現在、選べる色は「オールドブラック」「ブランデー」「ビターチョコ(本レビュー)」の3色。いずれも落ち着いたカラーで、どのようなギフトにもぴったりです。
パッケージは、写真のようなラッピングが施された状態で届きます。

 

 

大人のギフトとして、男性だけでなく、女性向けにも合うウォレットと言えるでしょう。

 

 

公式ページを見てみる

 

価格 38,000円
レザー

表面:欧州産マットーネ
内部:欧州産ヌメ革
共に牛革

縫製地 日本

 

■ マットーネの関連記事

 

マットーネの長財布を5つ厳選

◆◇◆ 関連商品 ◆◇◆

マットーネ・オーバーザウォレットの特徴

人気皮革マットーネを贅沢に編み込んだ長財布。丁寧で凝った作りと、ちょっとゴージャスな印象が魅力です。よりハイレベルを目指したい方にオススメです。

価格 40,000円
評価 評価5
備考 内部はヌメ革・レザーは欧州産・縫製地は日本