【マットーネラージウォレット】魂のレビュー

MENU

マットーネラージウォレット魂のレビュー

今回レビューをお届けする「マットーネラージウォレット」は、数あるココマイスター製品の中でもギフトランキングNo.1(公式サイト発表)に輝く、ラウンドファスナー型の長財布です。

 

 

実際に商品を購入しましたので、改めてその秘密に迫ってみようと思います。

 

とりあえず公式ページを見たい方はこちらからどうぞ。

 

公式ページを見てみる

◆ココマイスター「マットーネ・ラージウォレット」を注文

公式サイトでは注文の2営業日後発送となっていましたが、夜中に注文して翌々日の午前中には手元に届き、ちょうど予定していた旅行にも間に合い助かりました。人気商品で品切れとなっている場合も多いようですが、在庫がある限り出来るだけ早く届けてもらえるのは、急なプレゼントの時などでも嬉しいですね。

 

 

さて、届いて早速箱を開けてみた時の写真がこちらです。大きめのエアー緩衝材でパッケージをくるんであったので、リボンの結び目も潰れずに届きました。自分用に購入したのですが、箱とリボンのコントラストも美しく、なんだか気分も高揚してきます。

◆ラージウォレットのカラーを選ぶ際のポイント

ラージウォレットには「オールドブラック」「ブランデー」「ビターチョコ」の3種類のカラーバリエーションがあります。今回チョイスしたのは、最も経年変化が美しく人気があるという「ブランデー」。他の2色もフォーマルな大人の雰囲気を醸し出していて魅力的ですが、普段使いも考えて、一番カジュアルな雰囲気を持っているこのカラーにしてみました。

 

 

長財布の場合は、鞄などに収納して持ち歩く事が多いと思いますが、ビジネス鞄の中に入れてみた時のサイズ感はこんな感じです。3色の中ではカジュアルだと思いましたが、プレーンなデザインと相まって、ビジネス鞄ともばっちりマッチします。

 

 

こちらは、オールドテイストのボストンタイプのバッグと合わせてみたところ。2〜3日の出張なら、この鞄一つで行くこともあるのですが、鞄の色と同系色なので、まるで鞄と一緒にコーディネイトしたみたいです。

 

 

空港でショッピングする際に、鞄を足下に置いて、この長財布を取り出す自分の姿を想像すると、思わずニンマリ。次回の出張が楽しみになってきました。長財布の色を選ぶ時は、手持ちの鞄との相性も考えると良いかもしれません。

◆ラージウォレットの「ラージ」なサイズ感を見てみよう

続いて、サイズ感をもう少し見てみましょう。横19.5cmx縦10cmx厚さ2.5cm。マットーネシリーズのラウンドファスナーには、もう一つ「オーバーザウォレット」という豪華仕様タイプがありますが、どちらもサイズは同じです。ただ、こちらの「ラージウォレット」の方は若干軽く、また表面に装飾などが無い分、鞄やポケットなどへの出し入れはスムーズでしょう。写真はサイズ比較のために、バイブルサイズのシステム手帳と重ねてみたところです。

 

 

システム手帳ユーザーの方なら感覚がわかっていただけると思いますが、あれはスーツの胸ポケットに入れるには微妙な大きさですよね。ラージウォレットは、幅は一周り小さいものの厚みがありますので、大体似たような感覚です。試しに、お金やカードがあまり入っていない状態で胸ポケットに入れてみました。入らなくはありません。

 

 

でも中身が空の状態でギリギリです。中身が入ると、重さも手伝って、スーツのシルエットが崩れるでしょう。

 

 

◆経年変化が楽しみなマットーネレザー。内装はまるで高級外車。

使い込んでいくと更に光沢を増してどんどんと手に馴染んでくるというマットーネレザーですが、新品の状態でも適度なシボ感と、表面を卵白で磨いたというやわらかな光沢を合わせ持っています。

 

 

そしてファスナーを開けると目に飛び込んでくるのが、クリーム色のヌメ革の内装。高級革バッグがそうであるように、この長財布も一切生地を用いずに、厳選した皮革のみが使用されています。

 

 

「COCOMEISTER」の箔押しロゴと合わせて高級感が漂います。財布を手にした時の本革特有の「匂い」に加えて、この「質感」は、高級外車の内装と言っても、決して言い過ぎではないでしょう。五感に訴えてくるような財布です。

 

 

◆長持ちを予感させる、しっかりした縫製

ココマイスター製品を語る時に、そのデザインと質感を外見上の大きな特徴とするならば、それと同じ位に重要な特徴と言えるのが、縫製です。

 

 

内装も、外装も、角の丸みも、どの部分の縫製を見ても「ヨーロッパ最高級皮革を日本の職人が縫製する」というココマイスターの謳い文句に恥じない素晴らしさです。このおかげで、財布全体が気持ち良いほどに、びしっと締まっているだけでなく、長期間の使用に耐え抜く本来の実用性を確信させてくれます。

 

 

◆実際の使用感は?

まずファスナーの開閉ですが、スーパースムーズというほどではないものの、一周ぐるりとスムーズに開閉できます。角のアール部分も余裕があり、タグを引くと自然に周りこんでくれる感じで、ストレスを一切感じません。これは小銭入れのファスナーについても同様です。

 

 

中を開くと、真ん中の小銭入れを挟んで、片側にカード入れ4つと、フリーポケット1つ、そして紙幣や領収書を入れるスペースがあり、シンメトリーな構造になっています。海外出張などでもこの長財布1つあれば対応できそうですね。

 

 

カードポケットは、免許証やクレジットカードがぴったり収まるサイズですが、最初からキツキツでは無いので使いやすく、少し使っていればまさにちょうど良い感じになりそうです。また、一段目のポケットは、SUICAを縦に入れても、ファスナーが締まりました。

 

 

ただ、2段目に入れたカードは、抜き出すときにほんの少しですがファスナー部分に引っかかる感じがあります。ここら辺は好みでしょうが、余裕をもたせた造りにすると、全体のサイズが大きくなってしまいますので、痛し痒しですね。

◆万人にお勧めのオールラウンドタイプ

駆け足で見てきましたが、このココマイスター「マットーネ・ラージウォレット」は、様々なシチュエーションに対応するオーソドックスなデザインと確かな造りで、年齢・目的・個人の趣味に左右されず、誰にでもお勧めできる長財布です。私のように自分用に購入する方はもちろん、プレゼントに選ぶなら間違いのない一本と言えるでしょう。

 

 

公式ページを見てみる

 

価格 29,500円
レザー

表面:欧州産マットーネ
内部:欧州産ヌメ革
共に牛革

縫製地 日本

 

■ マットーネの関連記事

 

マットーネの長財布を5つ厳選

◆◇◆ 関連商品 ◆◇◆

マットーネ・オーバーザウォレットの特徴

人気皮革マットーネを贅沢に編み込んだ長財布。丁寧で凝った作りと、ちょっとゴージャスな印象が魅力です。よりハイレベルを目指したい方にオススメです。

価格 40,000円
評価 評価5
備考 内部はヌメ革・レザーは欧州産・縫製地は日本