【ジョージブライドルバイアリーウォレット】魂のレビュー

メニュー

ジョージブライドルバイアリーウォレット魂のレビュー

ココマイスター製長財布の中でも最高峰に位置付けられる、内外装にブライドルレザーを用いた「ジョージブライドル」シリーズ。

 

 

ラウンドファスナータイプの「ロイヤル」に対して、「バイアリー」の名前を冠したこちらは、ブライドルレザー独特のブルーム(ロウ状の白い粉)に加え、あくまでも上品な落ち着いた色合いとこだわりの端処理で、よりフォーマル感が漂います。

 

とりあえず公式ページを見たい方はこちらからどうぞ。

 

公式ページを見てみる

◆ブライドルレザーの美しさに常時見惚れていたい

ブライドルレザーは、このサイトの他のウォレットでも何度もご紹介していますが、革にロウを刷り込むことで堅牢さを増し、その生産地である英国では馬具用にも用いられるという高級皮革です。表面に白い粉のような「ブルーム」が浮き出るのが外見上の最大の特徴となっています。

 

 

このブルームはエイジングによって、次第に革の輝きとなって馴染んできます。上の写真で、少し違う角度から眺めてみるとこんな感じです。購入当初でも、光りの当たり具合で既にツヤが見られ、様々な表情を楽しむことが出来ます。

 

 

ブライドルシリーズの中でも、「ジョージブライドル」の名前を冠したものは、外装だけでなく、内装にもこの高級なブライドルレザーを用いたハイクラスのウォレットとなります。このバイアリーウォレットには、写真の通りファスナーなどはついていません。財布を取り出せば、外にも内にもブライドルレザーがすぐ目に飛び込んでくるので、ブライドルレザーファンにはたまらない一品でしょう。

 

 

ブライドルレザーを用いたウォレットは他にもたくさんあります。こちらはその一部ですが、それぞれに素材以外の違いがありますので、是非それぞれのレビューに目を通して頂ければと思います。

 

[写真]
一番奥:ブライドルインペリアルウォレット
手前左:ジョージブライドルロイヤルウォレット
真ん中:ジョージブライドルバイアリーウォレット(本レビュー)
右:ブライドルグランドウォレット

 

◆日本の職人技を感じさせる

ココマイスターのウォレットは、どれも生産地であるヨーロッパ各国から仕入れた革に、日本の職人が丁寧な縫製を加えるというスタイルを取っています。ブライドルレザーは、ロウが浮き出ているために、縫製の際に接着などで革を押さえつけることが難しいらしいのですが、芸術的なほど真っ直ぐで安定感のある縫製は、そんな事を微塵も感じさせません。

 

 

こちらは内側の縫製。端との距離を一定に保って、線路のように真っ直ぐです。

 

 

コーナー部分でも同じ調子が続きます。

 

◆美しいコバ処理

このタイプのウォレットは、財布を閉じた時に、革の横側の切れ端(コバ部分)がむき出しになってしまいます。敢えて見ないと気づきにくい部分ですが、このウォレットには、そこにも職人の手間をかけて、美しい処理を施してあります。

 

 

要は、革を切りっぱなしにせず、薬品処理をした上で何度も磨いてあるのです。まるで家具職人がそうするように、一度塗っては1日置いてという作業を何日も繰り返すのだそうで、財布の表皮よりも端の方が輝いて見えるほどです。

 

こうやって、丁寧に職人の手で作り上げられていると思うと、「COCOMEISTER」のロゴも、単なる飾りではなく、何かを主張しているようにさえ見えてきます。

 

◆サイズ比較

では、サイズを見ていきましょう。横19cmx縦9.2cmx厚さ2.5cmと、少し縦幅はスリムな仕上がりです。同じ「ジョージブライドル」のロイヤルウォレットと並べてみました。

 

 

次に厚み方向を較べてみるとこんな感じです。

 

 

ロイヤルウォレットに比べると、幅が短く、その分厚みがある感じですね。それにしても、ファスナー付きにも関わらず、ロイヤルウォレットはよくこれだけ薄く(厚み2cm)出来たものだと改めて感心します。バイアリーウォレットも、後述しますが、あまり中身を多く入れるタイプの財布ではありませんので、スーツポケットにも問題なく収まりそうです。

 

同じ折りたたみタイプの、ブライドルインペリアルウォレットと比較しても、全体的にスリムなのがわかります。重さも150gと、ココマイスターの長財布の中では最も軽い部類ではないでしょうか。(写真左のインペリアルウォレットや、上のロイヤルウォレットで170g)

 

◆財布としての機能性は?

このウォレットは、カードポケットが14、フリーポケットが2、札入れと小銭入れ(ファスナー付)が各1と、必要充分な収納力を持っています。

 

 

但しこの内、小銭入れについてはマチも付いておらず、若干出し入れはしにくいかもしれません。

 

 

一方で、ファスナーやホックタイプではなく、被せ蓋タイプの為、札入れ部分のマチもあまり大きく取る必要がない事から、お札はたくさん入ります。こちらは100万円を収納したところ。

 

 

でもやはり、収納力があるとは言っても、特にカードや小銭で大きく膨らませて使う財布ではありません。中に入れるものは厳選して、スマートに使う財布ですね。

◆控えめなカラー

ジョージブライドルバイアリーウォレットには、現在ブラック、ロイヤルブラウン、ボルドーワイン、ダークネイビー、ヘーゼル、モスグリーンの全6色がラインアップされています。

 

ここでご紹介してきたものは、この内の「ダークネイビー」なのですが、写真をご覧頂いて、どれだけ色を意識されたでしょうか?おそらく「ダーク」であることはわかっても、「ネイビー」であることはあまり感じなかったのではないでしょうか?

 

実は、これは写真だからというわけではなく、実物もそうなのです。明るい「ヘーゼル」色を除けば、どれもダークな趣で、ぱっと見た感じでは違いがわからないかもしれません。

 

こちらは、敢えて色が感じられるようにライティングしてみたもの。光りが強くあたっている部分は確かにネイビー色に見えると思います。

 

 

でも、そうしないとわかりにくいほど、「さりげない色合い」なのです。それがこのウォレットのおしゃれなのかもしれません。

◆格式高いフォーマルな一本

このウォレットの特徴を最後にまとめるとするなら、やはり「フォーマル」さだと思います。と言っても、何もセレモニーや、特別な日にしか使わないという事ではなく、普段使いの中にも気品を漂わせるというイメージです。特にビジネスにおいては、どこへ持って行っても恥ずかしくない一本だと思います。

 

 

公式ページを見てみる

 

価格 43,000円
レザー

表面・内装共に英国産ブライドルレザーを使用(牛革)

縫製地 日本

 

■ ジョージブライドルの関連記事

 

ジョージブライドルの財布を5つ厳選

◆◇◆ 関連商品 ◆◇◆

ジョージブライドル・ロイヤルウォレットの特徴

これは驚くことに表面の革だけでなく内部の革もブライドルレザーが使用されています。全面ブライドル仕様の超高級長財布。最初は革が堅くて使いにくくても徐々に馴染んでいきます。ブライドル好きにはたまらない逸品です。

価格 50,000円
評価 評価5
備考 外側内側ともに欧州産ブライドルレザー・縫製地は日本