【ブライドルインペリアルウォレット】魂のレビュー

MENU

ブライドルインペリアルウォレット魂のレビュー

今回レビューをお届けするのは、数あるココマイスターウォレットの中でも「英国が誇る最高峰の皮革」として紹介されている、ブライドルレザーを使用したウォレットです。

 

 

外装にブライドルレザーを纏い、内装にはコントラストが美しく高級感あふれるヌメ革を使用しています。一体ブライドルレザーの何がそれほどの人気を呼ぶのか?公式サイトの説明だけではわからない、その魅力を語り尽くしてみようと思います。

 

とりあえず公式ページを見たい方はこちらからどうぞ。

 

公式ページを見てみる

◆開封セレモニー

薄茶色の箱にゴールドベージュのリボン。毎回書いているとくどくなってしまうので控えめにしますが、それでもレビューでは触れたくなってしまうのが、ココマイスターウォレットのラッピングです。今回はこの箱について少しだけ。

 

 

写真の通り、目深な上蓋が下箱をすっぽりと包み込む、かっちりした蓋身(ふたみ)の貼り箱で、サテン調のリボンを手掛けしてあります。このタイプの貼り箱は、折りたたむことが出来ずコストがかるため、中身が高級品であることの証でもあります。

 

もしこれがよくある、キャラメル箱に貼付けリボンだったら、やはり相当印象が変わるでしょう。ココマイスターの財布は何度も購入していますが、毎回手元に届く度に期待感が高まります。細かい部分ですが、開ける時にちょっとした満足感が得られるセレモニーです。

◆ブライドルレザーのこと

 

まずは何をおいても、このウォレットの最大の特徴である「ブライドルレザー」について見てみます。

 

写真のウォレットの表面を良くみてください。うっすらと、白い粉がふいたようになっているのがわかるでしょうか。この正体はブライドルレザーに染みこんだ「ロウ」です。表面をもう少し拡大撮影してみたのが、こちらの写真。

 

 

ロウがかすれたように広がっている様子がよくわかると思います。これはロウに漬け込むことで革に強度を与える伝統的な製法で、ブルームと呼ばれます。表面を手のひらで触ってみると、ちょっとしっとりとした、肌に吸い付くような感じと言えば良いでしょうか。強度があるのに、この優しい感じを手にすれば、きっとあなたもやられてしまいます・・。

 

このブライドルレザーは、現在、馬具としても使用されているそうですが、ウォレットを側面から見てみると、しっかりとして厚みのある革が確かに馬具のようで、納得させられます。そして、このロウを更に磨きこみながら使用していくことで、光沢を保った、ツヤのある美しい財布になっていくのです。

 

 

私自身、ブライドルレザーのウォレットに魅せられた一人です。「長財布」の魅力はたくさんありますが、このブライドルレザーのウォレットについては、長財布を所有するというよりも、革そのものを持ち歩いているような、まるで「革の道具」を使っているような、そんな気分にさせてくれるのです。

◆ヌメ革とのコントラストを存分に楽しむ

内装は、上品で高級感あふれるベージュのヌメ側が使用されます。このヌメ革、以前高級外車の内装のようと形容しましたが、この「ブライドル・インペリアルウォレット」では、それを思う存分楽しむことが出来ます。つまり2つ折りタイプですので、ラウンドファスナーのように、せっかくのヌメ革が内部に隠れてしまうことがありません。財布を閉じた状態でもサイド部分からはヌメ革部分が顔をのぞかせるので、常にその色のコントラストを楽しむことができるのです。

 

 

しかも嬉しいことに、ヌメ革に刻印されるロゴも、ブランド名だけでなく馬をモチーフにしたロゴとなっていて、より一層高級感を惹き立てます。

 

◆縫製が素晴らしいということ

巷、高級革製品において縫製の良し悪しがよく取りざたされます。ココマイスターウォレットは、日本の職人が丁寧に縫製を行うことを大きな特徴としていて、実際にその正確なスティッチラインの美しさには文句のつけようがありません。こちらがその内装のスティッチライン。

 

 

そしてこちらが外装のスティッチラインです。特別に分厚い革にもかかわらず、この見事な縫製は見ているだけで気持ち良いものです。

 

 

ウォレットと一緒に写っているのは、約50年前の革製ビジネスケースの縫製部分ですが、時に手荒く扱われてきたにもかかわらずいまだに使用に耐え、やはり「縫製の丁寧さ」が長持ちの秘訣なのがわかります。

 

◆スーツポケットには少々きつ目?

ココマイスター公式サイトでは、「ブライドル・インペリアルウォレット」について「スーツとの相性抜群の長財布は、スーツの内ポケットにも収納できる」「スーツから出し入れする姿は非常に美しく、」といった説明があります。さて、実際のところはどうでしょう?

 

 

まずそのフォルムや質感がスーツと合うかですが、もうこれはバッチリ!公式サイトの説明に間違いはありません。

 

次に肝心のサイズですが、2つ折り状態で、縦9.3cm、横19.1cmというサイズは、ラウンドファスナータイプの長財布などと比べると、比較的縦幅が抑えられて(例えば、ココマイスター公式サイトでギフト人気No.1のラウンドファスナー・マットーネラージウォレットで縦10cm)確かにコンパクトです。では、実際に胸ポケットに入れてみます。

 

 

ああこれはですね、確かにコンパクトなんですが、厚みを感じるのです。厚さ2.6cmは、上述の「ラージウォレット」の2.5cmとほぼ同じです。厚みが同じで、幅が狭いので、よりスーツポケットへの収まりも良いはずなのですが、実際には数字以上の厚みを感じてしまいます。これは、革が丈夫で固いこと、2つ折りにすると革の厚みで自然に開こうとすること、によるものだと思います。

 

もちろん、一時的にスーツポケットに収める分には、なんの問題もありません。でも、常に胸ポケットに入れての携帯はお勧めできません。仕事中はビジネスケース、オフならカジュアルバッグと、どちらにも似合うウォレットです。

 

◆100万円が収納可能

さて、胸ポケットに入れないと決めたなら、ガンガン収納して、多少ふくれあがっても大丈夫です。

 

まずは普通にお札をいれてみましょう。このウォレットには、小銭入れを挟んで、前後にお札またはレシートなどを収納する長尺のポケットがあります。但し、縦幅が少し細身にできている分、手前のポケットにお札を入れると、上部が少しはみ出すことがあります。

 

 

一方、奥側のポケットの収納力は最強です。試しに100万円の束を入れてみたところ、すっぽりと入ってしまいました。蓋は少し開き気味にはなりますが、押さえればこれでもちゃんとしまります。

 

 

ラウンドファスナータイプの場合、財布を大きく開くためのマチ部分が邪魔して、なかなかこうは行きません。常に大金を持ち歩く方には、こちらがお勧めですね!(笑)

 

 

他には、上蓋側に長尺ポケットが2つとカードポケットが7つ。反対側に、横向きに入れられるカードポケットが2つ付きます。

◆豊富なカラーバリエーション

ついつい長くなってしまいましたが、最後までお読み頂いてありがとうございました。英国伝統のブライドルレザーを用いたウォレットの魅力、上手くお伝えできたでしょうか?

 

この「ブライドル・インペリアルウォレット」には、7つのカラーバリエーションが用意されています。今回ご紹介したのは、その中で「ヘーゼル」という色で、どんぐりのような色合いですが、たくさんのバリエーションから選べるのも楽しみの一つですね。

 

 

公式ページを見てみる

 

価格 28,000円
レザー

表面:英国産ブライドルレザー
内部:欧州産ヌメ革
共に牛革

縫製地 日本

 

■ ブライドルレザーの関連記事

 

ブライドルグランドウォレット

ブライドルレザーの長財布を4つ厳選