【ブライドルグランドウォレット】魂のレビュー

メニュー

ブライドルグランドウォレット魂のレビュー

当サイト人気No.1のラウンドファスナーウォレットです。外装には多くの革財布ファンを魅了する英国生まれのブライドルレザー、内装には高級感溢れるヌメ革を使用。

 

 

馬具にも使われる堅牢な革に、日本の職人の手で丁寧な縫製が施されたこのウォレットは抜群のコストパフォーマンスと、豊富なカラーバリエーションであらゆるシーンにマッチします。管理人が長く愛用するウォレットだからこそ、自信を持ってお薦めできます。

 

とりあえず公式ページを見たい方はこちらからどうぞ。

 

公式ページを見てみる

◆美しいラッピングは欠かせない要素

ウォレットのレビューに入る前に、ラッピングについて少し触れておきましょう。ココマイスターのウォレットは全て美麗なギフト包装が施された状態で送られてきます。箱は、しっかりとした厚みのあるブラウンの蓋身重ねで、綺麗な光沢とロゴの入ったサテンリボンで結ばれています。

 

 

リボンを解いて上蓋を取ると、ベルベット調の袋に包まれたウォレット本体が現れます。中身への期待感が高まること間違いなしのラッピングで、プレゼント用途に購入される人が多い本品ではとても重要な要素と言えるでしょう。

 

◆「堅牢」かつ「しなやか」・ブライドルレザーの魅力

このウォレットの魅力と言えば、まずは何をおいてもやはり「ブライドルレザー」の美しさです。長財布の外装に使用される革には、様々な種類がありますが、ブライドルレザーは本場イギリスで馬具にも用いられる堅牢な革として知られ、ロウを染み込ませる事で革を丈夫にすると同時にツヤが生まれます。そして、このロウが表面に粉のように浮き出る「ブルーム」が、独特の味わいを加えるのです。

 

 

ブルームは、使用しているうちに自然と革に溶けこむように馴染んでいき、時間とともに、より美しい光沢を放つようになります。写真のウォレットの場合だと、すでにブルームは殆ど消え、余程透かして見ないとわからない程になっています。下の写真も同じウォレットですが、表面のツヤの状態が良くおわかり頂けると思います。

 

 

ちなみに初めてブルームを見た時には、ホコリか汚れか?と思ってしまう人も多いようですので、プレゼントの時は、一言添えてあげると良いかもしれません。でも、このブルームこそがブライドルレザーの象徴で、多くのファンを魅了しているのです。

 

またブライドルレザーは丈夫でありながら、その肌触りは決してゴツゴツしたものではありません。むしろ手に持つとしなやかに馴染んでくる感じです。

 

 

尚、当初のブルームの状態については、公式サイトまたは、本サイト・ジョージブライドルロイヤルウォレットのレビューなどをご覧頂ければわかり易いかもしれません。

◆明るい「ヌメ革とのコントラスト」が映える

ファスナーを開くと目に入る内装は、高級感溢れるクリーム色のヌメ革です。別レビューの「ジョージブライドル」シリーズは内装にもブライドルレザーを使っていますが、目で見た美しさは断然こちらに軍配が上がるでしょう。

 

 

ヌメ革の明るい色調は、気分も明るくさせてくれます。ファスナーのすぐ下には、馬をモチーフにしたロゴマークとココマイスターの刻印が入ります。

 

 

ただ、馬のマークを入れた分、ポケット部分がロゴマークに重なってしまって、ポケットを広げないと半分隠れた状態になってしまっているのが玉にキズでしょうか。

◆堅牢なファスナー

ラウンドファスナーの安心感は、何者にも代えがたいものがあります。ファスナー無しですぐに財布の中身を取り出せる便利さを取るのか、ファスナー付きで中身を落とさないという安心感を取るのかは好みかもしれませんが、私的には、どちらかを選べ!と言われたら、ラウンドファスナーを選びます。但し、次の2点には注意したいところです。

 

・ファスナーはスムーズで丈夫か・・・このウォレットは複数持っていますので、数えきれないほどの開閉をしましたが、全くトラブル無く、糸のほつれもありません。

 

 

・紙幣とファスナーまでの余白・・・充分な余裕が確保されていて、紙幣を噛みこんだりすることはないでしょう。

 

◆改善された小銭入れの「マチ」

公式サイトにも小銭の出し入れのしにくさがマイナスポイントといったコメントが寄せられていましたが、小銭入れの片側にマチを設けることで解決されました。デザインだけでなく、ユーザーの声をきちんと反映して使い勝手を向上させる姿勢は、やはり国産ブランドの良いところでしょう。メンテナンスを含め、長いお付き合いも期待できると思います。

 

 

お札は小銭いれを挟んですぐ両側のポケットに振り分け収納できます。海外出張にも便利ですね。ファスナーが邪魔にならない位置なので、お札の出し入れもスムーズです。

 

 

カード入れは片側に4枚ずつ、計8枚。1段目のポケットは、SUICAのように頻繁に出し入れするものも縦に収まります。

 

 

ポケットはきつ目に作られていますが、使用しているうちにちょうど良い感じになります。

 

◆スーツポケットには少々大きめ。バッグへの収納が○

さて財布自体の持ち運びについてですが、スーツの胸ポケットにももちろんサイズ的には収まるものの、空の状態で約2.5cmの厚みがありますので、あまりお薦めはできません。写真ではわかりにくいかもしれませんが、やはり胸に当たる感じが結構します。小銭などが入って重くなるとかなり厳しいと思います。

 

 

基本的には、仕事ならビジネスバッグに収納しましょう。

 

 

カジュアルな場合はボディバッグという手もありますが、ボディバッグの種類によってはバランスが悪くなるかもしれません。

 

◆染みこんだロウで、乾拭きだけの簡単手入れ

革靴や革鞄など、高級であればあるほど、手入れにも手がかかるものです。このウォレットにはロウが塗りこんであるので、購入後当面は乾拭きだけでツヤが保たれます。乾燥が気になる場合や、乾拭きだけでは表面がかさつくようになった場合は、保湿クリームを少し塗りこみます。尚水には弱いので、雨の日などは注意が必要です。雨の中使用する必要がある場合などは、ロウ・オイルを擦り込んでから防水スプレーの使用が推奨されています(公式サイト)。

 

◆人気のブライドルレザーウォレット。どれを選ぶ?

管理人も惚れ込み、とにかくイチオシの「ブライドルレザーウォレット」ですが、当サイトでレビューしているココマイスターのブライドルレザーウォレットには、これ以外にも人気の商品があります。

 

写真は、ジョージブライドルロイヤルウォレット(左)、ブライドルグランドウォレット(中央)、ブライドルインペリアルウォレット(右)

 

 

どれも素晴らしく、それぞれ違った良さがあります。

 

ブライドルグランドウォレットのカラーバリエーションは全7色と豊富なラインアップです。もし迷われるようならば、人気色の「ブラック」「ダークネイビー(本レビューの写真)」「ロイヤルブラウン」から選んでおけば間違いはないでしょう。

 

 

公式ページを見てみる

 

価格 32,800円
レザー

表面:欧州産ブライドルレザー
内部:欧州産ヌメ革
共に牛革

縫製地 日本

 

■ ブライドルレザーの関連記事

 

ブライドルレザーの長財布を7つ厳選

◆◇◆ 関連商品 ◆◇◆

ロンドンブライドル・グラディアトゥールの特徴

外側にブライドルレザーをまとい、内部にはイタリアンレザーであるマットーネを使用した長財布です。丈夫で、高級感があり、収納性も高いです。個人的に文句なしの長財布です。

価格 43,000円
評価 評価5
備考 外側はブライドルレザー・内側はマットーネ・いづれも欧州産・縫製地は日本

 

ブライドル・インペリアルウォレットの特徴

1位と同じくブライドルレザーを使用した長財布。こちらは少し厚めな分カチッとした印象を与え、フォーマルな場面でも活躍してくれそうな印象です。

価格 31,500円
評価 評価5
備考 内部はヌメ革・レザーは欧州産・縫製地は日本