【ブライドルアルフレートウォレット】魂のレビュー

MENU

ブライドルアルフレートウォレット魂のレビュー

表面に浮き出るブルームが特徴の、英国伝統ブライドルレザーを用いた長財布の中でも、比較的手頃な価格の「ブライドル・アルフレートウォレット」。

 

 

ファスナーを持たないシンプルなフォルムと、ヌメ革内装とのコントラストが美しいウォレットです。ココマイスター製品には、多くのブライドルレザーウォレットがラインアップされますが、それぞれの特徴をご紹介しながら、その違いと、財布選びのポイントをお伝えしてみたいと思います、

 

とりあえず公式ページを見たい方はこちらからどうぞ。

 

公式ページを見てみる

■ブライドルレザー+ヌメ革を使用した薄型ウォレット

まずはこのウォレットをざっと概観しておきましょう。外装は美しいブライドルレザー。製造過程でロウを染みこませることによって強度を高めた英国伝統のレザーは、馬具として用いられた歴史を持ち、表面から白い粉状のブルームが浮き出るのが一つの特徴です。

 

 

内装はコントラストの映える欧州製ヌメ革。

 

 

また2cmに抑えられた厚みは、ココマイスター製長財布の中でも最薄の部類です。別メーカーですが、当サイトでも最薄の部類に入る「YUHAKU ロングウォレット」と並べてみたところがこちら。遜色ない薄さです。

 

 

どのアングルから見ても、隙のない美しさですね。

 

 

ウォレット側面のコバ部分も美しく処理されていて、手抜きはありません。

 

 

英国で馬具に使用されたというブライドルレザーのシリーズには、馬を象ったロゴマークの刻印が入っています。

 

 

■ブライドルレザーシリーズ各種。どれを選ぶ?

ココマイスターのラインアップには、この「ブライドル」革を用いたものが数多くありますが、このブライドル・アルフレートウォレットは、内外装共にブライドルレザーを使用したハイエンドの「ジョージブライドル・バイアリーウォレット」と同一フォルムを持ちながら、内装にヌメ革を用いることで、価格的にも手頃なウォレットとなっています。
(写真下:左がブライドル・アルフレートウォレット。右がバイアリーウォレット。)

 

 

こうやって並べてみると、どちらも大人の雰囲気を充分に放ちます。デザイン的にはむしろコントラストのあるブライドル・アルフレートウォレットの方が良いという方も多いのではないでしょうか。

 

下の写真は、同じく外装にブライドルレザー、内装にヌメ革を使用した「ブライドル・インペリアルパース(写真左)」との比較写真です。

 

 

パースタイプとの価格差は3,000円しかありません。デザインはほぼ同じですので、TPOに応じた選択になりそうですね。

 

こちらは、当サイトコレクションから、ブライドルレザーシリーズをピックアップしたものです。

 

 

大きく分けると、次の3タイプ(+デザイン)から好みで選ぶことになります。

  1. 長財布(ファスナーなし)
  2. 長財布(ファスナー付き)
  3. 2つ折りパースタイプ

 

当サイトとしては、この中でのイチオシは今のところブライドルグランドウォレットですが、これを選んだら後悔する、というものはありません。フォルム重視の薄型か、中身をガードしてくれるファスナー型か、意外と収納力も抜群のパース型か、などなど、どれを選んでも勿論OKです。

■収納力はあるが「薄型」のフォルムにこだわりたい

次に内装を見ていきます。いちいちファスナーを開け閉めしなくても、すぐに中身にアクセスできるのがこのタイプのウォレットの良いところです。

 

 

マチ付きの札入れ部分には約30枚程度収納可能。小銭入れを挟んで、反対側にはレシートなどを入れておけるスペースがあります。

 

 

カードポケットは11箇所。カード入れの下にも横長の収納ポケットが2つあります。かなり収納力はありますが、せっかくスタイリッシュなフォルムを持つこの財布を、あまり膨らませて使うのは考えものです。またこのウォレット全体的に、最初は革が硬めですので、カードの出し入れもしばらくはきつく感じると思いますが、次第に程よく馴染んできます。

 

 

小銭入れ部はマチがついておらず、奥の方に入った小銭は少々取出しづらいかもしれません。ここは少し残念な部分ですが、小銭を入れる事で、このウォレットの大きな特徴とも言える「薄型」がスポイルされてしまうと考えると、これで良いのかもしれませんね。

 

 

■大人のビジネスマンへ

公式サイトによると、このブライドル・アルフレートウォレットは「財布を分厚くしたくない、粋なビジネスマンへ向けたアイテム」とのこと。上のレビューをしながらも、このウォレットからはまさにそういう雰囲気が伝わってきました。

 

 

現在、ココマイスターのウォレットは、すべて下のようなラッピングが施された状態で送られてきます。

 

 

ブライドル・アルフレートウォレットのカラーバリエーションは、現在7種類。他のブライドルシリーズとも比較しながら、是非好みの一品を見つけて頂ければと思います。

 

 

公式ページを見てみる

 

価格 28,000円
レザー

表面:欧州産ブライドルレザー
内部:欧州産ヌメ革
共に牛革

縫製地 日本

 

■ ブライドルレザーの関連記事

 

ブライドルレザーの長財布を4つ厳選