ココマイスターの財布が「良い」と言われる5つの理由

メニュー

ココマイスターの財布が「良い」と言われる5つの理由

私はココマイスターの財布を多数持っていますし、当サイトでもココマイスターの財布をイチオシ商品として紹介しています。ただ、購入するにあたって「どんなブランドなのかもっと知りたい」という方もいらっしゃるはず。

 

そこで、ココマイスター歴の長い私が、様々な観点から解説したいと思います。

ココマイスターとは?

そもそもココマイスターを立ち上げたのは、2009年創業の株式会社ルアンジュ。「世界に通用する日本製ブランドをつくる」を理念に掲げ「革製品は持ち主の品格を最大限に高める」という考えのもと、高品質な革製品製造・販売を行っています。

 

 

ココマイスターはこうした理念のもと様々な革製品を販売しているため、製品はもちろん、素材選びから製品づくり、販売におけるまで随所にこだわりが感じられるのです。

■ 魅力その1:質の高い素材

使用されている革の大半は欧州産です。欧州は革の歴史も古く、生産者の数も非常に多いのが特徴。素材となる動物の育成にも最新の注意を払っていることが多く、革加工においても高技術を誇っています。

 

 

そのため革の品質は非常に高いのですが、季節や動物の状態に影響を受けることもあるため、供給量は安定しません。

 

通常、高品質で供給量が安定しない革は、日本の革加工・製造業者にそれほど利用されません。リスクも高いですし利益を得るためには当然と言えるでしょう。ですが、ココマイスターは大量生産を目的としていないため、供給量が少なく入荷が難しい高品質な革を素材として使用できるのです。

 

 

扱っている革はコードバン、ブライドルレザー、マットーネ、ナポレオンカーフ、ヌメ革など、どれも高品質な革ばかり。こういった革を素材に商品を作る姿勢には強い意志を感じます。

■ 魅力その2:日本製へのこだわり

ココマイスターの製品は全て日本製。日本人の仕事に対する姿勢や真面目な考え方が質の高い製品づくりに欠かせない、との考えが背景にあります。

 

 

また、製品開発のディティールにこだわるため「綿密なコミュニケーションが欠かせない」との考えもあり、1つの製品に対するこだわりがいかに強いかがわかります。

■ 魅力その3:デザイン性

通常、職人が作る製品というとスタンダードスタイルのものが大半です。しかしながらココマイスターでは“革製品は身につけてこそ”と考えているため「素材の活かし方」や「身につけた時の上品さ・格好良さ」を意識しているのです。

 

 

そのため、日本の職人によって作られているものの、欧州の雰囲気を取り入れた新しい形の製品が多いのです。シンプルに言えば「カッコイイ」という言葉がピッタリですね。

 

 

ちなみに見た目だけでなく、長期の仕様にも優れているのもココマイスターならでは。

 

その一例として、革を裁断した面にニスを縫って耐久性を高める“コバ塗り”が作業に含まれている、という点が挙げられます。コバ塗りは手間のかかる作業ですがこれによって製品のもちがグッと変わるんです。

 

 

ここにも愛着を持てる、それでいて質の高い製品づくりを目指す姿勢が垣間見えますね。

■ 魅力その4:ハイセンスな店舗

2016年8月の時点で、財布を扱っているココマイスターの店舗は全6店。銀座一丁目店・銀座並木通り店・自由が丘店・大阪心斎橋店・名古屋店・神戸店となっています。

 

 

店舗はいずれもシンプルながらもオシャレな調度品ばかりで、洗練された空気を感じられるはず。商品を手にとって見られるので、自分好みの財布と出会いたいなら直接足を運ぶことをお薦めします。

■ 魅力その5:価格

ココマイスターの長財布は、コードバンの長財布で36,000円、ヌメ革を使用したパティーナの長財布では21,000円程度で、これほどの質を兼ね備えているにもかかわらずそれほど高価ではありません。

 

マットーネラージウォレット・26,000円

 

通常製品の原価率は25%〜35%くらいですが、ココマイスターの場合おおよそ50%ほどだそうで、それを聞けば納得の値段です。

 

自社で製造販売しているワンストップサービスだからこそ実現できている価格だとも思いますが、それにしてもこの値段はお値打ちと言わざるをえません。

 

ただ、2015年頃より6万円以上の高価格帯の財布も多く取り扱うようになっており、幅広いニーズに応えるようになってきました。

まとめ

素材・日本製・デザイン性・店舗・価格、この5つが私の思うココマイスターの魅力です。ココマイスターの財布は愛着が湧くだけでなく、多くの人間が想いを込めてつくった製品を持つことに対しての誇りや喜びも感じられます。

 

ぜひ、日本最高峰の革財布を入手して下さい。少なくとも後悔することはありません。

 

ココマイスター公式ストア

ココマイスターの長財布レビュー

当サイト人気No.1のラウンドファスナーウォレットです。外装には多くの革財布ファンを魅了する英国生まれのブライドルレザー、内装には高級感溢れるヌメ革を使用。馬具にも使われる堅牢な革に、日本の職人の手で丁寧な縫製が施されたこのウォレットは抜群のコストパフォーマンスと、豊富なカラーバリエーションであらゆるシーンにマッチします。管理人が長く愛用するウォレットだからこそ、自信を持ってお薦めできます。とりあ...

今回レビューをお届けする「マットーネラージウォレット」は、数あるココマイスター製品の中でもギフトランキングNo.1(公式サイト発表)に輝く、ラウンドファスナー型の長財布です。実際に商品を購入しましたので、改めてその秘密に迫ってみようと思います。とりあえず公式ページを見たい方はこちらからどうぞ。公式ページを見てみる◆ココマイスター「マットーネ・ラージウォレット」を注文公式サイトでは注文の2営業日後発...

今回レビューをお届けするのは、数あるココマイスターウォレットの中でも「英国が誇る最高峰の皮革」として紹介されている、ブライドルレザーを使用したウォレットです。外装にブライドルレザーを纏い、内装にはコントラストが美しく高級感あふれるヌメ革を使用しています。一体ブライドルレザーの何がそれほどの人気を呼ぶのか?公式サイトの説明だけではわからない、その魅力を語り尽くしてみようと思います。とりあえず公式ペー...

ココマイスターの新ラインアップとしてお目見えした「ロンドンブライドル」シリーズ。英国の誇る馬具革「ブライドルレザー」と、従来は外装に使用していたイタリアンオイルレザー「マットーネ」を融合させた新コンセプトは、内外装どちらもメインとも言える贅沢な構成になっています。本稿では、ロンドンブライドルシリーズの長財布2本の内、ラウンドファスナータイプの「ロンドンブライドル・グラディアトゥール」を取り上げて、...

2016年10月、ココマイスターより外装にブライドルレザー、内装にマットーネレザーを贅沢に使用した「ロンドンブライドル」シリーズが新たに発売開始となりました。いずれもココマイスターの財布を代表する高級皮革ですが、丈夫で美しい馬具革と、オイルをたっぷりと含みしっとりとした触感のイタリアンレザーが見事にマッチしています。本稿では、今回ロンドンブライドルシリーズとして発売された長財布2本の内、まずは「ロ...

ココマイスターさんの公式サイトで、ギフトランキング人気No.1の「マットーネ・ラージウォレット」と同様に人気を誇っているのが、同じマットーネ革を用いた上位バージョンの「オーバーザウォレット」です。ラージウォレットよりも値段的に上回るにもかかわらず、ランキング上位に食い込んでいるこのウォレットの魅力は?「ラージウォレット」との違いを中心に、徹底レポートしてみます。とりあえず公式ページを見たい方はこち...

ココマイスターのカタログでも筆頭を飾るこの長財布は、英国の最高級レザー「ブライドルレザー」を外装だけでなく内装にまで贅沢に使用し、更には見た目の美しさだけでない、機能性を兼ね備えた一品でした。この財布でなければならないその特徴とは? 是非こちらのレビューでご確認ください。とりあえず公式ページを見たい方はこちらからどうぞ。公式ページを見てみる◆表面にまとったブルームがブライドルレザーの証このジョージ...

ココマイスター製長財布の中でも最高峰に位置付けられる、内外装にブライドルレザーを用いた「ジョージブライドル」シリーズ。ラウンドファスナータイプの「ロイヤル」に対して、「バイアリー」の名前を冠したこちらは、ブライドルレザー独特のブルーム(ロウ状の白い粉)に加え、あくまでも上品な落ち着いた色合いとこだわりの端処理で、よりフォーマル感が漂います。とりあえず公式ページを見たい方はこちらからどうぞ。公式ペー...

同シリーズのラウンドファスナータイプ・スカイスクレーパーとともに、硬く締まった繊維が美しい輝きとなめらかな手触りをもたらす、希少皮革・コードバンを外装に用いた贅沢なウォレット。こちらハイフライヤーにはファスナーが付かないために、中身にすぐにアクセスできるとともに、側面のコバの美しさや、内装に用いられたイタリアンオイルレザーとのコントラストを常に楽しめる仕様になっています。とりあえず公式ページを見た...

今回ご紹介するのは、昨今入手が困難になってきていると言われる希少皮革「コードバン」を外装に纏い、内装には最高級オイルレザーを用いたラウンドファスナータイプの財布です。初期状態から美しい輝きを放つコードバンは「革のダイヤモンド」とも例えられ、他の革とは全く異なる存在感を持っています。またしっかりとしたシボを持つ内装は、外装と色や質感が対照的で、絶妙なコントラストを生んでいます。とりあえず公式ページを...

内外装両面に革の宝石とも称されるシェルコードバンを贅沢に使用した本シリーズは、表面的なきらびやかさや、ブランド的な価値よりも、長い時間を共にするための丈夫な素材・造りにこだわった、本質的な価値を持つシリーズと言えそうです。本稿でご紹介する「シェルコードバン・アーチテューク」は、同シリーズの「シェルコードバン・スタンフォード」の対となる、ラウンドファスナータイプの一本で、価格的にもココマイスターの長...

きめが細かく美しい輝きを持ち、革の宝石とまで称される皮革、コードバンを贅沢に内外装に使用したシェルコードバン・スタンフォード。一頭の馬から採取できる量が少ないこともあり、全面に採用すると価格もかなりのものとなってしまいますが、その分財布全体から放たれる上品な雰囲気は代えがたいものがあると言えるでしょう。多くのカードポケットを備えるなど、実用性も併せ持った一品です。とりあえず公式ページを見たい方はこ...

大航海時代をコンセプトとして、最高級イタリアンプルアップレザーで地中海の海や空を表現したココマイスターのプルキャラックシリーズ。色にもこだわった深みのある革が内外装に使用されており、帆船のロゴマークと合わせて上手くコンセプトが表現されているのは流石です。この辺りのイメージ作りでは、ココマイスターの右に出るブランドは無いのではないかとさえ思わせます。今回はプルキャラックシリーズの長財布2種類の内、ラ...

大航海時代の地中海、空、そしてキャラック船をコンセプトにしたというココマイスターの「プルキャラック」シリーズ。オイルをたっぷり含んだイタリア最高級プルアップレザーを用い、深みのある色合いや、帆船を象ったロゴは、アンティーク感の中に見事にそのコンセプトを再現しています。また、ハイエンドクラスと同等の高級感を保ちながらも比較的手頃な水準に設定された価格は、プレゼント用途としても新たな選択肢となってくれ...

クリスペルカーフ・カシウスウォレットは、ラウンドファスナータイプのウォレットで、表面に「水シボ」と呼ばれる、流れるようなシボ模様を持ちます。全体的に非常に上品で、財布自体も薄く軽く仕上げられているため、スーツポケットに入れてもスーツの型崩れを起こすこと無く携帯できます。ボックスカーフを用いた高級志向と落ち着いた雰囲気は、フォーマルシチュエーションにもぴったりで、大人の一品と言えるでしょう。とりあえ...

流れるような「水シボ」模様に光が当たると、黒のウォレットがまるで銀色に輝くように光が拡散し美しい表情を見せてくれるクリスペルカーフ・ロシュウォレット。ドイツ名門タンナーの手による最高級ボックスカーフを用いたこのウォレットは、薄く、軽く、持つ人にもそれなりの格式が求められるような気品に溢れています。お金を詰めて持ち運ぶ道具というよりも、持つ人のスタイルの一部となるようなウォレットです。とりあえず公式...

オークの樹皮から滲み出るタンニンによって鞣(なめ)され、オークの色そのもので着色されるココマイスター「オークバーク」シリーズは、一般的な皮革とは全く異なる風合いを放ちます。英国で紀元前から続く製法により、1年以上の時間をかけて生み出される希少皮革を用いた贅沢な一品です。とりあえず公式ページを見たい方はこちらからどうぞ。公式ページを見てみる■独特の外観と手触りまずは「オークバーク・ブリストル」の外観...

オークの樹皮から滲み出るタンニンによって鞣(なめ)されるココマイスター「オークバーク」シリーズは、1年以上の時間をかけて生み出される希少皮革を用いた贅沢な一品です。あまりに時間とコストのかかる製法から、一部の最高級品にのみ使用される皮革として時を繋いできたオークバークが、革財布の形を取って新たな生命をふきこまれました。とりあえず公式ページを見たい方はこちらからどうぞ。公式ページを見てみる■時を刻ん...

表面に浮き出るブルームが特徴の、英国伝統ブライドルレザーを用いた長財布の中でも、比較的手頃な価格の「ブライドル・アルフレートウォレット」。ファスナーを持たないシンプルなフォルムと、ヌメ革内装とのコントラストが美しいウォレットです。ココマイスター製品には、多くのブライドルレザーウォレットがラインアップされますが、それぞれの特徴をご紹介しながら、その違いと、財布選びのポイントをお伝えしてみたいと思いま...

中身を保護してくれる「ラウンドファスナー」タイプのウォレット。内外装に「ミネルバボックス」と呼ばれるイタリア産の皮革を使用し、少し薄手に仕上げた高級仕様の一品です。落ち着いたマットな色調は、適度なシボ感と共に、経年変化でツヤを増していきます。大人気の「マットーネ・ラージウォレット」と似ていますが、その違いを含めた詳細レビューをお届けします。とりあえず公式ページを見たい方はこちらからどうぞ。公式ペー...

マルティーニアーバンウォレットは、「くったり」とした質感と、高級感のある素材の組み合わせで、「ビジネス・カジュアル」とも言うべき大人の雰囲気を持つ財布です。オンオフ兼用で余裕のある大人を演出してくれそうなこのウォレットは、他とは一味違う長財布を探している方や、二本目を探している方にもおすすめです。とりあえず公式ページを見たい方はこちらからどうぞ。公式ページを見てみる「くったり」とした質感マルティー...

国産革ブランドとして確固とした地位を築いてきたココマイスターですが、その定番とも言えるのがイタリアンレザー「マットーネ」を用いたシリーズです。人気の秘密は、上品な艶を持つ質感と、内装のヌメ革との美しいコントラスト、そしてオンオフどのようなシチュエーションにもマッチする汎用性にあると言えるでしょう。中でもこのマルチウォレットは薄くしなやかな造りで、まさに「マルチ」に活躍してくれる一本になりそうです。...

ココマイスターの中でも独特のヴィンテージ感で異彩を放つナポレオンカーフシリーズ。生地などを一切用いず、表も裏もナポレオンカーフで仕立てたこの財布の特徴を表すなら、「見た目と対照的に柔らかな手触り」と「ガバっと余裕のある使用感」と言ったところでしょうか。以前レビューした「ナポレオンカーフ・アレクサンダーウォレット」と比較しながら、その大人の遊び心に溢れた特徴をご紹介していきます。とりあえず公式ページ...

さて、今回は一風変わったデザインのウォレットのレビューです。その名も「ナポレオンカーフ・アレクサンダーウォレット」。ココマイスター製長財布の中でも、最も長い名前を与えられたこの財布は、どちらかというと大人の落ち着いた雰囲気を持つ他の財布と較べて、圧倒的な存在感と異彩を放ちます。特徴的な上下両開き、分厚い皮革、このウォレットだけに与えられたチェーン用金具など、遊びココロ満載の一品です。とりあえず公式...

ココマイスターの定番商品「マットーネ」シリーズの中で、表面の編み込みが特徴的で、上位バージョンに当たるのがこの「オリヴェートウォレット」です。人気のラウンドファスナータイプ「オーバーザウォレット」の姉妹品とも言えるこのウォレットは、他の同タイプウォレットと比べても財布の開閉が「しなやか」なのが一つの特徴と言えるでしょう。とりあえず公式ページを見たい方はこちらからどうぞ。公式ページを見てみる◆マット...

パティーナシリーズは、財布の外装・内装両面にヌメ革を使用したシリーズです。ヌメ革は牛皮を植物タンニンで鞣した丈夫な革で、特別な表面加工などは施さず、もっとも素朴で、ある意味もっとも革らしい革と言えるかもしれません。その分、傷やシミがつきやすい革でもありますが、それも持ち主が使用した味として、飴色に変化していく革の一部となっていきます。ココマイスター・パティーナシリーズの長財布には、パティーナ・ラウ...

こんにちは、長財布マニアです。当サイトでイチオシしている革ブランドがココマイスターですが、今回は全国に5店舗あるうちの1つ、名古屋店に行ってきました。詳しくレポートしたいと思います。ココマイスター名古屋店はこんな感じだった向かって正面。かなりこじんまりとしたお店だなというのが第一印象です。左側に財布、右側もほとんどが財布で、バッグはこの時点で4点しかありませんでした。狭いスペースを最大限に活かすた...

こんにちは、長財布マニアです。当サイトでイチオシしている革ブランドがココマイスターですが、今回は全国に5店舗あるうちの1つ、大阪心斎橋店に行ってきました。詳しくレポートしたいと思います。ココマイスター名古屋店はこんな感じだった店内は奥行きのある構造になっていて、左右に各シリーズ毎に長財布が陳列されています。このお店では一番売れ行きの良いマットーネシリーズは一番手前にありました。他にもブライドルシリ...