【長財布マニア】国産革財布

メニュー

日本のメンズ財布ブランド記事一覧

GANZOは歴史のあるブランドで業界からの信頼が非常に厚いです。質の高い革製品を適正な価格で販売しています。ネットだけではなく直営店と全国のデパートでも購入が可能です。今回は日本を代表する革ブランドの一つであるGANZO(ガンゾ)について詳しく解説し、財布のレビューもしてみたいと思います。

フジタカは直営店も取り扱い点も少なくて実物を目にする機会が少ないのですが、デザインのちょっとしたアクセンスが光る素晴らしい財布を作っています。今回は大阪を中心に財布のシェアを伸ばしている、そのFUJITAKA(フジタカ)について詳しく解説し財布のレビューもしてみたいと思います。

土屋鞄は50年以上の歴史があり、多くの方に認知されている人気の革ブランドです。直営店が多くて手に取って見る機会が多いのは嬉しいものの、長財布の種類に乏しいのが残念な点です。今回は日本を代表する革ブランドの一つである土屋鞄製造所について詳しく解説し、財布のレビューもしてみたいと思います。

cimabue(チマブエ)は日本製の高品質な革製品を適正価格で購入できるのが良いですね。直営店はありませんが、全国のデパートで取り扱いがあるので実際に手に取って選ぶことができます。種類も豊富で、デザイン的にも洗練されています。というわけで、高評価となったチマブエについて詳しく解説し、財布のレビューもしてみたいと思います。

alt81(おるとはちじゅういち)は日本製の高品質な革製品を適正価格で購入できるのが良いですね。東京に実店舗もあります。種類が少ないので当サイトの基準では高評価にはなりませんでしたが、その数少ない財布がとても良い味を出しています。というわけで、今回はalt81について詳しく解説し、財布のレビューもしてみたいと思います。

全体的なバランスは良くありませんが、薄い長財布が欲しい方にはおすすめできます。というわけで今回は薄い長財布好きに人気があるファーロについて詳しく解説し、財布のレビューもしてみたいと思います。

今回はカジュアルなブランドとして若者に人気のあるポーターについて詳しく解説し、財布のレビューもしてみたいと思います。品質が良くて価格も手頃なので若い人の第一候補と言って良いブランドです。

アニアリは全体的にバランスの取れたブランドです。カラーラインナップの豊富さが特徴的です。もうちょっと財布の種類が豊富でデザインのバリエーションも豊富だと尚良いブランドになると思います。今回は幅広い世代から支持を受けているアニアリについて詳しく解説し、財布のレビューもしてみたいと思います。

今回は全国津々浦々のデパートで取り扱いのある日本の革ブランド・PRAIRIE(プレリー)について詳しく解説し、財布のレビューもしてみたいと思います。デザイン的な物足りさはあるものの、全体的に評価は高いです。

キプリスはどこにデパートの財布売り場にも置いてある定番のブランドです。デザイン的に40代50代以上の男性には選ばれやすいですが、それ以下の方にとっては華が無いと感じるかもしれません。今回はそのキプリスについて詳しく解説し、財布のレビューもしてみたいと思います。

ウォームスクラフツマニュファクチャーの革製品はとても高価なのですが、馬革(コードバンとホースハイド)を使っているのでその価値をご存知の方は納得できると思います。というわけで今回は兵庫県に本社を置くウォームスクラフツマニュファクチャー(株式会社コードバン)について詳しく解説し、財布のレビューもしてみたいと思います。

デザイン的な真新しさは無いものの、老舗として非常に品質の高い革製品を作ります。今回は知る人ぞ知る上質革ブランドの大峡製鞄(おおばせいほう)について詳しく解説し、財布のレビューもしてみたいと思います。

今回は薄い長財布を作るブランドとしてFARO(ファーロ)と共に有名な博庵について詳しく解説し、財布のレビューもしてみたいと思います。全体的にバランスが良いと思います。

今回は独自のレザーを使った特徴ある革製品を製造するヘルツについて詳しく解説し、財布のレビューもしてみたいと思います。オリジナルレザーを使った財布は好みが分かれるので「デザイン」の評価を低めにしました。でもOrganシリーズは長財布マニアも好きです。

今回はイタリアンレザーを中心に商品展開をしているアヤメアンティーコについて詳しく解説し、財布のレビューもしてみたいと思います。直営店も取り扱い店もなく、公式のネットショップのみでの取り扱いです。その点が大きく減点対象となりました。

ドゥベージュは日本製のブランドとしてデザインや縫製の品質は優れていて価格も手頃です。ただレザーの品質は評価が分かれるところです。直営店もありません。今回は革のグラデーションがとても美しいと評判のドゥベージュについて詳しく解説し、財布のレビューもしてみたいと思います。

2020年7月、東京の蔵前という場所で、革製品を作るクラフストが産声を上げました。一体どんなブランドなのか、どんなコンセプトでどんな革製品を作っているのか、社長の久保さんに話を聞きました。(左:職人の太田さん、右:久保社長)

おそらく、日本を代表する革職人と呼べる宮崎泰二氏。彼が主催するブランド「無二(Muni)」は、2016年2月2日に門出を迎え、着々とファン層を厚くしています。2021年4月には丸善丸の内本店と日本橋店が主催した恒例の革職人イベント、「丸善革職人店」にも出展し多くの人を魅了しました。革職人がこだわり抜いた、一生ものの長財布を持ちたい!そんな秘めたる気持ちを抱えている人は、是非チェックしてください。

2012年にスタートアップした日本発のメンズ革製品ブランドのPELLE MORBIDA(ペッレ モルビダ)。えっ、ジャパンブランドだったの!?と驚かれる方も多いでしょう。確かに、PELLE MORBIDAは海外ブランドと呼んでも自然なほど洗練されたデザインで、ビジネスシーンはもとよりカジュアルにもマッチするブランドの一つ。「デキるビジネスパーソンが持つ革財布(革バッグ)」の代名詞になっても良いと考...

東京、元浅草。昔ながらの人情が残る町。老舗革製造会社の山藤が手がけるプタハは、そこからスタートしました。山藤にはオリジナルブランドが2つ。プタハとアクアです。今回は前者に焦点を当てて、その魅力をご紹介します。ちなみにプタハは古代エジプトにおける天地創造の神、ひいては工芸・職人の神として崇められた創造神プタハに因んでいます。これも、歴史ある革職人集団としての誇りがあるからこそ、命名できたブランドでし...

今回は丸みを帯びたデザインが特徴的なワイルドスワンズについて詳しく解説し、財布のレビューもしてみたいと思います。バランスはとても良いと思います。