【大学生向け】メンズ財布おすすめブランド8選

メニュー

【大学生におすすめ】人気のメンズ財布ブランド8選

男子大学生だと、それほどこだわらずに安っぽい財布を使っている方も多いと思います。しかし女の子にスタイリッシュな印象を持ってもらうには本革の財布が良いですし、長財布だとよりビシッと決まります。ここでは、一歩大人の世界に踏み出すのに最適なメンズ財布ブランドをご紹介していきます。

1万円未満

■ ビジネスレザーファクトリー

1万円以下というお手ごろな価格で財布を入手できるブランドです。価格は低めですが、イタリアの高級ブランドとも取引をしている革なめし業者による高級牛本革を使用し、品質は折り紙付きです。1つ目の革財布としておすすめです。自社工場に500人を超える腕利きの革職人を擁し、高品質でこだわりの財布を製作しています。財布以外にも同じ革を使い、15,999円(税別)のビジネスバッグ、2,999円(税別)の名刺入れなど、思わず欲しくなるような商品を多くそろえています。

設立国 日本
設立年 2014年
財布価格帯 10,000円以下

 

ビジネスレザー公式ストア

1万円〜2万円

■ JOGGO(ジョッゴ)

「JOGGO」の特徴は、サイト上のシミュレーション画面でデザインし、簡単にオリジナルの本革長財布がつくれることです。自分のこだわりやプレゼント相手のスタイルに合わせて、外側のレザー、ポケットの色などを細かく指定でき、シックな物から派手な物まで、さまざまなタイプのものがつくれます。一番のポイントは、JOGGOがバングラデシュの労働環境と貧困問題の解決のために作られたブランドであること。そのコンセプトがウケて、今JOGGOは20代に爆発的に売れているブランドです。

設立国 日本
設立年 2007年
財布価格帯 14,800円

 

JOGGO公式ストア

 

※プレゼント用ページですが、ご自分で購入される方も多いです。

■ グレンチェック

「グレンチェック」は、革製品専門店として、世界でも有数の名門革なめし業者の皮革を使用した本革財布を販売しています。中でも、イギリス製の高級ブライドルレザーを使用した財布が人気です。ワックスが革の内部までたっぷりと浸透しており、使っていくうちに馴染み、革本来の美しいつやと光沢が出てきます。品質が高い財布でありながら、価格は至ってリーズナブル。また、カラーバリエーションが豊富なことも人気の理由の一つです。

設立国 日本
設立年 2002年
財布価格帯 10,000円〜17,000円

 

グレンチェック公式ストア

■ 薄い財布abrAsus(アブラサス)

「すわるパンツ」、「いざという時のジャケット」などのユニークな製品を手がけるabrAsusが、「ポケットの中での快適さ」を追求して開発した“薄い財布”です。この財布は、その画期的な構造とインパクトから、メディアでも話題になりました。また、グッドデザイン賞を受賞しており、デザインもクールでイケています。日本国内で製造された牛革を、国内で加工・仕上げをしており、薄さだけでなく、品質面も追求されています。1万円台で購入でき、大学生にもうれしい手ごろな財布です。

設立国 日本
設立年 2009年
財布価格帯 14,950円

 

abrAsus公式ストア

■ ポーター

「ポーター(PORTER)」は、日本が誇る鞄メーカー「吉田カバン」のオリジナルブランドとして知られています。若い世代を中心に人気を集めており、既にかばんなどを持っている方もおられるのではないでしょうか。比較的リーズナブルなアイテムもあり、手にしやすいところも魅力の一つ。デザインは、ベーシックなものから個性的なものまで幅広く、持つだけでコーディネートがきまります。革財布を初めて持つという方にも、カジュアルファッションに合わせやすく、おすすめ。

設立国 日本
設立年 1962年
財布価格帯 9,000〜33,000円

 

ポーター商品一覧(楽天)

2万円〜3万円

■ ポールスミス

イギリスを発祥とする、言わずと知れた世界的なブランドです。マルチストライプカラーは、ポール・スミスの代名詞的なデザインとして知られています。日本の「ポール・スミス」は、本国のデザインを少しアレンジして、独自のデザインで販売されているそうです。しかし、日本モデルであっても、正真正銘本物の「Paul Smith」であることには変わりなく、その品質の高さは保証済み。財布では、素材のレザーに対するこだわりは強く、厳選されたクオリティの高いレザーだけを使用しています。

設立国 イギリス
設立年 1946年
財布価格帯 10,000〜43,000円

 

ポールスミス商品一覧(楽天)

■ fico(フィーコ)

 

「fico」は、皮革袋物専門の老舗メーカーとして知られている「AJIOKA」が展開するブランド「GANZO(ガンゾ)」のカジュアルブランドとして誕生しました。GANZOは、30〜40代向けの洗練された高級感あふれる製品が多いのに対し、ficoは、それより若い世代もターゲットに含めたリーズナブルで親しみやすいラインナップで、大学生にも受け入れられやすいと思います。ファッション性や遊び心ばかりでなく、機能性や実用性も追求しているのが、日本発のブランドならではの良いところです。

設立国 日本
設立年 -
財布価格帯 13,000〜30,000円

 

fico商品一覧(楽天)

3万円以上

■ ココマイスター

ココマイスターの製品は、ヨーロッパ製の厳選した最高級天然皮革を使用し、財布、かばん、それぞれの分野を得意とした100人を超える日本の熟練職人によってつくられています。芸能人にも財布の愛用者がいます。使い込むほどに光沢とつやが増し、革製品特有の風合いを存分に味わうことができます。価格は3万円以上する物がほとんどですが、長く使える日本製の高品質な革財布が欲しい方にはおすすめ。国内に現在6つの実店舗も展開しており、店内にも高級感を持たせています。

設立国 日本
設立年 2009年
財布価格帯 13,000〜120,000円

 

ココマイスター公式ストア

おわりに

大学生は予算が限られると思いますので、価格別にご紹介しました。ご紹介したブランドはどれもデザイン性が高いですが、価格が高ければ当然デザインも品質も高くなり、より本格的な革財布となります。ご自身に合うブランドの財布をじっくりと探してみて下さい。