【名刺入れ】おすすめのメンズ名刺入れを10点厳選

メニュー

メンズ名刺入れ厳選10点

メンズ用の名刺入れを10種類ご紹介します。いずれも欧州産の厳選皮革を日本の職人の手によって丁寧に縫い上げたもので、品質は折り紙付きです。あらゆるビジネスにおいて、名刺交換は大切な第一歩です。名刺入れにまでさりげなく気を配れば、相手の印象もきっと変わってくることと思います。

 

 

実は各名刺入れの構造にはいくつかの種類があり、それによって実際の使い勝手もかなり変わってきます。

 

しかし公式サイトはデザイン的な説明が中心となっているため、実際購入してみると思っていた使い勝手が得られなかったと言うことも起こり得そうです。

 

そこで、ここでは実際に名刺を入れたときの収納具合や使い勝手に着目したレビューを試みてみたいと思います。

■ 片マチ(W型)タイプ

 

こちらは、マチの形が「W」の文字のように、二つ折りになっているタイプです。

 

▼ 写真は名刺20枚を収納した状態の、プルキャラックコロンボ名刺入れ

 

 

この構造によって、「U型」でマチが大きく飛び出す問題が解消され、スリムさと使いやすさを両立しています。

 

 

この3本については収納力は同程度です。

 

▼ ジョージブライドル名刺入れに名刺40枚を入れてみたのがこちらです。

 

 

片マチのスリムタイプでありながら、余裕の収納力と言えるでしょう。

■ 片マチ(W型)の名刺入れ3点

 

マットーネ名刺入れの特徴

1000年の歴史をもつイタリアの伝統的「パケッタ製法」で生み出される「マットーネ」は、表面を卵白で磨くカゼイン加工が施され、ビジネスにもプライベートにもマッチする人気皮革です。ブライドル名刺入れと共に、お薦めの一本です。

価格 13,000円
評価 評価4
備考 外装:マットーネ 内装:ヌメ革 カラー:7色

 

プルキャラック名刺入れの特徴

イタリア産プルアップレザー「NEVADA」は深みのある表情を持ちます。大航海時代の帆船、地中海、空をモチーフとしたシリーズです。

価格 15,000円
評価 評価4
備考 外装:NEVADA(イタリア) 内装:NEVADA(イタリア) カラー:3色

 

ジョージブライドル名刺入れの特徴

内外装ともにブライドルレザーを贅沢に使用しており、シックな大人の雰囲気を醸し出しています。使うほどに表面の白いブルームが艶へと変わり、さりげない大人のセンスが光る名刺入れです。

価格 22,000円
評価 評価4
備考 外装:ブライドル 内装:ブライドル カラー:6色

■ 通しマチ(U型)タイプ

 

通しマチタイプというのは、名刺を入れる部分のマチが、上から下まで付いているタイプで、最も収納力があります。また「U型」というのは、便宜上付けた呼称ですが、マチが「U」の字のように一つ折りの状態のものを指します。

 

 

▼ こちらはブライドル名刺入れに名刺20枚を入れた状態の写真です。まだまだ収納に余裕があり、この倍の40枚程度でも問題なく収納可能です。

 

 

▼ 但し、U型ではマチのせり出しが比較的大きくなるため、名刺の枚数が中途半端に少ない場合は、まちの部分に名刺が当たってしまう場合があります。

 

 

ちなみに、この4本を並べて横方向から見ると、結構厚み(=収納力)が違うのがわかります。最も薄手なのが、下の写真一番左側のマルティーニ名刺入れ。左からニつ目がブライドル名刺入れで、ちょうど中間くらいの厚み。残りの右側二つはかなりの厚手タイプとなっています。

 

 

■ 通しマチ(U型)の名刺入れ4点

 

ブライドル名刺入れの特徴

ブライドルレザーを用いた名刺入れです。英国で馬具用の革として長い歴史を持つブライドルレザーは、革にロウを染み込ませることで堅牢さとしなやかさを得て、そのロウが「ブルーム」と呼ばれる白い粉となって表面に浮かび上がり、やがて艶へと変わります。内装はコントラストが美しい欧州産ヌメ革で高級感が漂う、間違いのない一本です。

価格 15,000円
評価 評価4
備考 外装:ブライドル 内装:ヌメ革 カラー:7色

 

マットーネオリヴェート名刺入れの特徴

網の目状とすることでしっくりと手に馴染むと同時に、美しい艶を持つマットーネに様々な角度から光が当たり、更に光沢感を増します。通しマチタイプで、たっぷり収納が可能です。

価格 21,000円
評価 評価4
備考 外装:マットーネ 内装:ヌメ革 カラー:3色

 

マルティーニ名刺入れの特徴

人気の「マットーネ」と同じイタリアのタンナーが生み出す「マルティーニ」は、落ち着いたマットな風合いと、革らしいシボ模様を持ち、しっくりと手に馴染みます。

価格 16,000円
評価 評価4
備考 外装:マルティーニ 内装:マルティーニ カラー:3色

 

オークバーク名刺入れの特徴

オーク(樹木)の樹皮(バーク)から滲み出るタンニンによって鞣(なめ)され、オークの色そのもので着色される英国伝統製法による皮革は独特な風合いを持ちます。

価格 26,000円
評価 評価4
備考 外装:オークバーク 内装:オークバーク/ヌメ革 カラー:3色

■ 片マチ(U型)タイプ

 

片マチタイプは、収納部のマチを上側(挿入口)部分にのみ設けているものです。出し入れはマチがあるためにしやすくなっていますが、収納力的には通しマチタイプに劣り、その分一般的にはスリムになっていると言えるでしょう。

 

但し、写真は通しマチタイプのブライドル名刺入れ(右端)と並べてみたところですが、ブライドル名刺入れが比較的スリムに出来ていますので、この3点で見るとそれほど本体の厚みに違いはありません。

 

 

ところが、収納力面では、この2本はかなり見劣りします。特にロンドンブライドルセントブレーズ名刺入れの方は、クリスペルカーフロシュと較べて横幅も小さくなっていて、実際に名刺を入れるとかなり窮屈です。

 

▼ 下の写真は、上がクリスペルカーフロシュ、手前がロンドンブライドルセントブレーズ

 

 

▼ 例えば、名刺20枚をそれぞれに入れてみると下のような感じになります。

 

 

まずは、ロンドンブライドルセントブレーズですが、斜めにしないと名刺が入りません。これではこちらの名刺と先方の名刺を分けることも困難な上に、肝心の名刺が少し曲がってしまう危険もありそうです。せっかくデザインが良い名刺入れだけに非常に残念です。もしこの名刺入れをご購入される場合は、実際に手に取ってみられることをお勧めします。

 

こちらのクリスペルカーフロシュ名刺入れは多少ましですが、それでもやはり名刺は斜めに入れる感じになってしまいそうです。

 

 

■ 片マチ(U型)の名刺入れ2点

 

クリスペルカーフ名刺入れの特徴

ドイツの名門タンナーの生む最高級ボックスカーフは、表面のきめ細かな「水シボ」に光が当たると、キラキラと輝くひょうな表情を見せます。軽くて上品な名刺入れです。

価格 23,000円
評価 評価4
備考 外装:クリスペルカーフ 内装:クリスペルカーフ/ヌメ革 カラー:4色

 

ロンドンブライドル名刺入れの特徴

外装は英国の誇る高級馬具革ブライドルレザー、内装はイタリアの伝統皮革マットーネという、人気高級皮革を内外装に使用した名刺入れです。蓋を開くとコンセプトを象徴する「馬と貴族」のロゴマークが刻印されています。

価格 20,000円
評価 評価4
備考 外装:ブライドル 内装:マットーネ カラー:6色

■ ポケットタイプ

マチが付かないカードポケットに収納するタイプです。収納力としては劣りますが、スリムで軽く、シンプルな分、価格的にも求めやすいものになっています。

 

 

ナポレオンカーフ名刺入れの特徴

イタリア産オイルドヌバックを使用した名刺入れで、やわらかな手触りが特徴です。他のココマイスター名刺入れとは異なり、唯一両サイドダブルポケットタイプの薄型仕上げになっています。

価格 12,000円
評価 評価4
備考 外装:ナポレオンカーフ(イタリアンオイルドヌバック) 内装:ナポレオンカーフ/シャンタン カラー:6色

まとめ

以上、名刺入れ10選をご紹介しました。

 

名刺入れの場合は、長財布以上に構造による使い勝手の差が出ると言えそうです。デザイン的な好みはもちろんありますが、名刺入れとしてはやはり分厚いよりスリムな方がスマートですし、機能性・使い勝手も良くなければなりません。

 

そういう意味では、まずは「片マチ(W型)タイプ」、次に「通しマチ(U型)タイプ」をお薦めしておきたいと思います。名刺入れ選びの一助にして頂ければ幸いです。