【長財布マニア】国産革財布

メニュー

yuhaku(ユハク)の解説と長財布・魂のレビュー

 

今回は革のグラデーションで他の革ブランドを凌駕するyuhakuについて詳しく解説し、財布のレビューもしてみたいと思います。

yuhaku(ユハク)の解説

「まるで色鮮やかに塗を重ねた陶器のような存在感」

 

これは今回本稿を執筆するに当たり見返した、初めて私自身がyuhakuを見た時のメモです。そしてその初めて見た時の印象と驚きは、今も薄れることはありません。

 

革財布ブランドとしてyuhaku(2009年設立)は後発組であり、日本には素晴らしい品質の国内ブランドが他にもたくさんありますが、そんな中でもyuhakuは唯一無二の存在感を放ち続けています。

■yuhaku最大の特徴

その存在感の源となっているのは、やはりなんといっても深みのあるグラデーションがかかった染色です。特にyuhakuの染色との相性の良さが抜群とされるカーフレザー(生後6ヶ月以下の仔牛の革でキメが細かいのが特徴)を用いたシリーズでは、息を呑むような色合いが表現されます。

 

 

他方コードバンなどにおいても、多くの国内ブランドが採用し国内最高品質と謳われるレーテルオガワ製の革をベースとしていますが、そこに更にyuhakuの染色を重ねることで、やはり一目見てyuhakuとわかる仕上げとなっています。

 

このグラデーション・染色は、元々「ユウハク」の雅号でアート活動をしていた創業者・仲垣氏が絵画に用いていた技法を転用し、シューズやオーダーメイド革製品染色の研究を経て、yuhakuブランドとして実を結んだもの。

 

 

一つ一つ手作業で施され手間暇がかかっているのは一目瞭然ですが、それが個体ごとの個性に繋がるのはもちろんのこと、結果として染色の際に廃液・汚水が出ることが無く、環境にも優しくなっているとのことです。また、このグラデーションは、最終的には落ち着いた色合いへと経年変化を見せていくそうです。

■バックオーダーを抱えるほどの人気

先日横浜のyuhaku本社へ伺った際のお話では、工房には現在10人ほどの職人さんが在籍されているそうですが、手染めのために注文が捌ききれておらず、むしろ生産量を抑えているとのことでした。

 

 

大量生産の時代に、手間暇のかかる製法を守っていることが現在の人気に繋がっているのだと感じます。

■yuhakuの人気ウォレット

それではyuhakuウォレットの中で、特に人気となっているものを、いくつかご紹介しておきましょう。尚、価格はいずれも2019年2月現在の税込み価格となります。

 

【1】LongWallet(長財布)YVE110 56,160円

 

yuhakuの染色にベストマッチングのきめ細かいイタリア産ベビーカーフを使用。yuhakuの代名詞とも言える、ベラトゥーラ技法による染色が施され、深みのある、まさに息をのむ美しさ。定番中の定番の一つと言えるウォレットです。

 

 

財布の構造は「笹マチ」と言われるタイプで、サイドのコバ部分から見ると笹の葉のように先細りとなっています。

 

 

また、マチ付き小銭入れは、埋め込まれるように設えられており、収納力を確保しながら財布全体の厚みが極力薄くなるように設計されています。

 

【2】LongWallet (長財布)YVP116 69,120円

 

YVE110の上位モデルとも言えるYVP116は、使用する革や外装デザインを踏襲しつつ、YVE110で6枚だったカード収納枚数を12枚に、前面部分にコンパクトに埋め込まれていたマチ付き小銭入れを、一般的な札入れの横に移動するなど、サイズ感は極力変えずに収納力をアップ。

 

 

更には内装の一部に傷がつきにくいサフィアーノレザー(型押しレザー)を採用するなど、様々な進化を見せたモデルとなっています。

 

【3】ラウンドファスナーウォレット YFC114 69,120円

 

国内で最高品質を誇ると定評のレーテルオガワの水染めコードバンに、yuhaku独自の染色を重ねたウォレット。

 

この後、この財布を詳しく見ていきたいと思います。

 

---------------

 

以上、yuhakuの方から直接伺ったお話に当方の主観を加えていくつかご紹介してみました。これ以外にも予算に応じて様々なタイプや小物が揃っています。価格帯としてはお手頃、とは言いませんが、絵画的技法を用いたyuhakuの染めは圧倒的に美しく、個性的なプレゼントとしてもおすすめです。

 

公式ストアを見てみる

長財布徹底レビュー

 

今回ご紹介するYFC114もやはりうっすらとしたグラデーションがかかり、更にその素材となっているのは国内産の高級皮革コードバンということで、期待が高まります。

■コードバン独特のソリッドな艶に濃淡の美しさがプラス

馬の臀部からわずかに採れるコードバンは、表面が非常にスムーズ且つ堅牢な革です。
そのソリッドな感触は、長期間に渡って使われることが予定されているようで、非常に安心感を感じます。また、一点一点丁寧にグレージング(艶出し仕上げ加工)が施された表面には、まるで鏡のように周囲が映り込みます。

 

 

Yuhakuの公式blogによると「ヨーロッパに見られるパティーナのような技法はクリームでお化粧のように色付けされるグラデーションカラーだが、yuhakuでは絵画技法をアレンジした独自の技術により何度も手作業による染めを繰り返す事でそのグラデーションを表現」とあり、またYFC114では「レーデルオガワの水染めコードバンと、yuhakuの手染めの融合」となっています。

 

 

yuhakuの大きなな特徴ともなっているこのグラデーションは、今回チョイスした「ブルー」ではそれほど目立たないのですが、かえって控えめな濃淡模様が、普段使いやビジネスユースには程よい感じです。

■オリジナルファスナータグ

このウォレットのもうひとつの大きな特徴と言えるのが、こちらのファスナータグ。ユハクのロゴが刻印されたオリジナルタグで、材質はおそらく真鍮かステンレスだと思います。

 

 

財布を使用する度に必ず触れる部分ですが、デザイン的なアクセントになっているとともに、実用性の高い形状、質感の高さを併せ持っています。

■ツートンカラーの内装

ファスナーを開けると、内装はブラウン系統の牛革が使用されているのですが、内装の一番外側、カードポケットの少し上辺りが、一部分だけ色が変わっており、目立たないながらもツートンカラーとなっています。

 

 

触った感触では、おそらく外装のコードバンと同じ素材が張られているようなのですが、これが意外とおしゃれです。外装には凝っていても、内装は意外とシンプルな財布も多い中、こだわりの見られる部分です。

■実用的なマチ付き小銭入れ

真ん中に設えられた小銭入れのファスナーを開くと、片側にマチが付いており、中の小銭が選別しやすくなっています。このマチはあるのと無いのとでは使い勝手に雲泥の差が生まれます。

 

 

また小銭入れ部分の革は結構厚手にできています。ここが意外と薄くて耐久性が心配になる財布もありますが、これはしっかり作ってあるなという印象を受けました。

■余裕のあるカードポケット

カードポケットは左右に6枚分ずつ、計12枚分が用意されています。必要十分な数だと思いますが、更に良いのは、ポケットの幅に若干の余裕があること。一般的なクレジットカードを入れた場合、カードが横方向に数ミリ動くほどの余裕があります。

 

 

カード入れ部分は、カードが抜け落ちない程度にキツめに作ってあるものが結構ありますが、特にラウンドファスナー型のウォレットの場合は、あまり意味がありません。ファスナーを開いて、更にカードの取り出しに苦労するのでは、日々使うウォレットとしては操作性が著しく悪くなってしまいます。

 

 

このウォレットでは、カード入れ部分の牛革が柔らかめなのも、扱いやすさに繋がっています。

 

-------------------------------

 

 

本作・YFC114にはダークブラウン・ブルー・ワイン・グリーンの4色がラインアップされています。公式サイトの画像を確認する限り、手染めの個体差もあるとは思いますが、ワインカラーのもので最も濃淡がはっきりと出ているようです。

 

 

価格は、69,120円(税込・2019年1月現在)。コードバンであることを考えると、決して高いとは言えないのではないでしょうか。

 

 

全体的にコードバンの高級感・耐久性、yuhakuらしい染め、そして実用性を兼ね備えたYFC114は、どなたにでもお勧めしたくなる、間違いのない一本だと思います。

 

 

公式ストアを見てみる