GANZO・ココマイスター・土屋鞄・万双・キプリスを徹底比較

メニュー

GANZO・ココマイスター・土屋鞄・万双・キプリスを比較

このページでは日本の有名革ブランドを5つ、私見たっぷりに解説したいと思います。

■ ココマイスター

 

ココマイスター自由が丘店

2009年設立という非常に若い会社でありながら、その巧みなマーケティングによって、ネットでの革財布の売上シェアをかなり奪い取ってきてるブランドです。

 

2016年7月現在で、東京の3店舗を始め名古屋・大阪・神戸と全5店あり、主要都市で実店舗による販売も強化しています。

 

事務所も自由が丘から南青山の一等地に移転し、従業員と売上の拡大を続けています。今最も勢いのある革ブランドです。

 

● ココマイスターの長財布の印象

 

質が良いのはもちろんですが、事前にライバル調査をしっかりした上で売れる製品を開発し、デザイン性の優れたウェブサイトで販売を仕掛けてきます。

 

コードバンやブライドルレザーなどの王道以外にも、マットーネやナポレオンカーフなど独自のシリーズを幾つも作り上げているのも魅力的です。

 

価格は3万円前後の物が多いので、庶民が入手しやすいのもありがたいですね。一番高い物でも6万円ですからガンゾと比べると安いと思います。

 

※ 管理人は多数所有しています。

 

ココマイスター公式ページ

■ GANZO(ガンゾ)

 

ガンゾ本店(東京都・表参道)

ガンゾの運営元である株式会社AJIOKAは大正6年創業で、2017年には創業100周年を迎える歴史ある企業です。

 

創業からこれまで皮革袋物専門メーカーとして、全国百貨店と取引をしてきたようです。全国の有名デパートで取扱いがありますので、信頼度はダントツです。

 

東京の表参道と大阪の心斎橋に直営店がある他、オンラインショップでも各製品の購入が可能です。

 

● GANZOの長財布はこんな感じ

 

GANZOは大衆よりも若干富裕層向けの価格帯が多いです。35,000円〜45,000円と安くはないですし、10万円近くする物もあります。シェルコードバンなどこだわりの革も一部に使われています。

 

牛革の他、クロコダイル、リザードなど様々なレザーの、様々な形式の長財布が入手可能です。

 

直接職人に聞いた話なのですが、縫製は熟練職人が担当しているそうです。そのためか製品にムラがなく、どれも上質です。信頼度・質共に群を抜いています。

 

※ コードバンの長財布を買いました。

 

GANZO公式ページ

■ 土屋鞄製造所

 

土屋鞄 丸の内・新丸ビル店

GANZOほどではないですが歴史ある企業で、創業から半世紀が経っています。ネットと全国にある10店舗での直販のみで、デパートに卸したりはしていません。

 

海外(香港)にも進出しています。

 

お店の雰囲気や製品がココマイスターと少し似ています。ただこちらはその会社名の通り鞄がメインで、長財布にはあまり力を入れていないようです。

 

革製品が好きな方で知らない人はいない、信頼度も抜群のブランドです。

 

● 土屋鞄の長財布はこんな感じ

 

価格帯はココマイスターと同じで3万円前後の物が多いですが、長財布の種類が多くないので、店舗に行っても物足りなさを感じるかもしれません。質はもう文句なしです。

 

土屋鞄公式ページ

■ キプリス

キプリスは直営店を持っておらず、全国有名デパートもしくは直営のオンラインショップで購入が可能です。

 

質は良い方だと思うのですが、私が購入したコードバンの財布はよく見ると縫製にムラがあり、これまで紹介してきたブランドと比べると少し質は落ちるかもしれません。

 

実店舗も無いのでブランドイメージがあまり湧かず、愛着を持ちにくいなぁというのが個人的な感想です。

 

● キプリスの長財布はこんな感じ

 

キプリスコレクションという高価な価格帯の関連ブランドもあり、値段は下は15,000円、上は170,000円とピンきりです。牛革、コードバン、リザード、クロコダイルなど様々なレザーの長財布があります。

 

悪くないブランドだと思うのですが、私が購入した財布は縫製がひどかったので、熟練職人による縫製ではないのかもしれません。

 

特別おすすめはしていません。

 

※ コードバンの長財布を買いました。

 

キプリス公式ページ

■ 万双

 

万双本店 (東京都・御徒町)

万双は技術は確かなのですがあまり商売上手とは言えないかもしれません。ウェブ上での戦略が出遅れてる感が否めません。

 

ただ、良い製品を手頃な価格で提供しようという誠意は伝わってきます。店員さんが「卸をすると価格を上げなければならないからやっていません。」と仰っていたのが印象に残っています。

 

● 万双の長財布はこんな感じ

 

デザイン性が高くないように感じます。ブライドルレザーの財布を購入したのですが、高貴な感じではなく、革が柔らかくてだいぶイメージと違っていました。

 

その代わり鞄は良い物が多かったです。価格も他社の同類の製品よりも割安です。製品ラインナップが豊富なので、革製品全般を楽しむのに良いブランドだと思います。

 

※ ブライドルレザーの長財布を買いました。

 

万双公式ページ

まとめ

高級で上質な長財布を求めるならGANZO、バッグを求めるなら土屋鞄と万双です。そして当サイトでご紹介しているような3万円前後の手頃な長財布であればココマイスターがおすすめです。

 

 

最近では6万円以上の高級革財布にも力を入れていて、大衆向けから富裕層までをカバーするようになってきました。最高価格はコードバンの長財布・12万円です。

 

ココマイスター公式ページ