【日本製メンズ革財布】ブランド13選!国産がおすすめ

メニュー

日本製メンズ革財布ブランド13選

メンズ革財布を選ぶ時には、一体どのブランドがいいのか悩んでしまう方も多いでしょう。たくさんのブランドから選ぶのは大変ですよね。

 

もし初めて革財布を選ぶなら、日本製のメンズ財布がおすすめ。日本職人の技術は世界でも認められるほど高いため、有名海外ブランドよりも優れていることが多いのです。ここでは、国産ブランドの中でもイチオシの、おすすめブランドをご紹介していきます。

■ ココマイスター

ココマイスターは、「英国紳士が愛した極上長財布」のコンセプトのもとに作られました。ヨーロッパの高級皮革の素材と日本の職人の技術力から作られる「大人の雰囲気」を演出できるアイテム。1つ1つ職人の匠の技を駆使して仕上げることから、質の高さは常に評価され続けています。
初めて使用する際には硬さを感じることがありますが、徐々に革がほぐれていくので、使用感も抜群。使用期間が増すほど味が出ることもココマイスター愛好家にとっては嬉しい要素になっています。
日常生活からビジネスの場まで、幅広いシーンで活躍してくれる心強いアイテムであり、ココマイスターの財布を持つだけで一層、存在感のある大人の男性に近づくことが可能です。

設立国 日本
設立年 2009年
財布価格帯 13,000〜120,000円

 

ココマイスター公式サイト

 

ココマイスターを更に詳しく

■ YUHAKU(ユハク)

ベラトゥーラ技法を使用して唯一無二のカラーを実現したのがYUHAKU。
日々の生活にマッチするべく、上質感と扱い易さの絶妙なバランスを保っているブランドです。色に関しては、手染めでグラデーションを施すことから、同じ製品を二度と作ることができないという特徴を持っています。
見た目のスタイリッシュさ、美しさが注目されますが、製造段階で触り心地と使いやすさを追求するなど、財布の内部まで最大限のこだわりを追求しています。
自分専用財布を持ちたい、大切な日のプレゼントにパートナーへ贈りたいという時にピッタリのアイテム。ユニセックスのバリエーションも豊富に用意されていますので、世界に1つだけの財布を探してみてはいかがでしょうか。

設立国 日本
設立年 2006年(2009年ユハクに改組)
財布価格帯 15,000〜195,000円

 

YUHAKU公式サイト

 

YUHAKUをもっと詳しく

■ 土屋鞄製造所

1965年に小さなランドセル工房からスタートした土屋鞄製造所。子供たちが6年間続けて使用する革のランドセルは丈夫でなければなりませんし、愛用され続ける工夫が必要となります。
そのノウハウを大人が利用する革製品に生かし、約半世紀にわたり愛されてきたブランド。「革のダイヤモンド」と評されるコードバンの長財布は、品を表す光沢と肌ざわりが良いことが特徴です。
何よりもその品質に魅了されることで長年、土屋鞄製造所の財布を利用し続けている方は多くいらっしゃいます。
土屋鞄製造所の財布を利用するだけで、大人のエレガンスさを演出できるだけでなく、ポケットから取り出した瞬間にスマートな男性と思わせることのできる良質なアイテムです。

設立国 日本
設立年 1965年
財布価格帯 5,500〜46,000円

 

土屋鞄公式サイト

 

土屋鞄をもっと詳しく

■ GANZO

ブラックやブラウンのシンプルな色が多く、重厚感溢れる上質な革を使用していることからビジネスシーンに合わせやすいGANZO。
「あなたの手によって“世界最高”の完成品となる」というコンセプトのもと、使い込むほど味が出るまさに、大人のためのアイテムです。
他のブランドよりも光沢が強く、見た目の質感の良さだけでなく耐久性も持ち合わせています。長年使用してもダメージを受けるどころか、逆に味が出てくるという点は人気のブランドの理由であり、GANZOの最大の特徴です。
日本の職人によって一切の妥協をせずに作られる本格派の高級財布。もちろんビジネスシーンだけでなくカジュアルにもマッチしますので、自分へのご褒美としていかがでしょうか。

設立国 日本
設立年 2001年
財布価格帯 12,000〜270,000円

 

GANZOオンラインストア

 

GANZOをもっと詳しく

■ 万双

リーズナブルな価格設定で高品質なアイテムを提供している万双は、1995年に創立された日本のブランドです。
特徴の1つとして販売されるものには自社のロゴやタグを一切付けない点です。一見シンプルで寂しい印象を受けるのですが、厳選された天然革を少数精鋭の職人で作り上げる徹底したこだわりでカバーしています。
「世界最高峰の品質」と「常識的な価格」をコンセプトにしています。後者は高級ブランドの常識を覆した形になっていますが、結果的にはユーザーから信頼を勝ち得た戦略となりました。また、品薄の状態が続くことがあるため、万双の財布を確実に手に入れるためには事前に早めの予約をとっておくと良いでしょう。

設立国 日本
設立年 1995年
財布価格帯 7,500〜120,000円

 

万双オンラインストア

 

万双をもっと詳しく

■ CYPRIS (キプリス)

1995年に設立された株式会社モルフォが展開するCYPRIS。最高級レザーの使用と最高レベルの技術集団が作るアイテムですが、他のブランドに比べコストパフォーマンスが良い点が特徴の1つ。
その中でも「菊寄せ」という革の加工技術は目を引くものがあります。革製品のコーナー部分に放射状に寄せることによって耐久性を大幅にアップさせるだけでなく、見た目も美しいものに仕上げます。手抜きは一切しない。職人のこだわりが垣間見えてきます。
細部にこだわりを見せるCYPRISは、他のブランドよりも1万円単位で価格が抑えられているアイテムもあることから、多くの人に愛用され続けています。大切な人へのプレゼントに最適です。

設立国 日本
設立年 1995年
財布価格帯 5,000〜170,000円

 

キプリス公式ストア

 

キプリスをもっと詳しく

■ ソメスサドル

ソメスサドルは、日本唯一の総合馬具メーカーとして1964年北海道に創業しました。騎手の命を守る馬具は、時速60kmを超える速度で走る馬の負荷にも耐えられるように設計され、絶対的な丈夫さと安心感を持ち合わせています。
その技術を応用して作り出される財布は、革の品質はもちろんのこと長年利用するユーザーのことを第一に設計されます。
国内メーカーと比較してもリーズナブルな価格のアイテムを取り揃えています。シンプルなデザインのものが目立ちますが、使用感を重視するユーザーに圧倒的な人気があります。使い始めは革が硬すぎるのでは?と感じることがありますが、使用していくうちに手に馴染む使用感に近づいていきます。

設立国 日本
設立年 1964年
財布価格帯 10,000〜35,000円

 

ソメスサドル公式ストア

 

ソメスサドルをもっと詳しく

■ PRARE(プレリー)

1957年に創業されたPRAREは品揃えに定評があります。コードバンを使用した最高級の“ジュエル”、最高品質商品がコンセプトの“プレリーギンザ”、中国で生産される“プレリー1957”。
そのなかでも注目したいのが、コードバンを使用しているアイテムです。革製品の中でも繊細さがあり、滑らかな肌触りが特徴です。
別名キングオブレザーと呼ばれているように、革製品を代表する存在感を放っています。革製品を愛用している方にとっては説明するまでもないですが、1度使用すると生活に必要不可欠なものになり得るでしょう。落ち着いた大人の印象を作ることができるアイテムです。

設立国 日本
設立年 -
財布価格帯 1〜3万円台

 

プレリー公式ストア

■ FARO(ファーロ)

FAROを表現するときに一番初めに出てくるワードとして「極薄」が挙げられるのではないでしょうか。レザーなのに厚みが約1mmという画期的なデザインが際立っている長財布に強烈なインパクトがあります。これは、ベタ張りと呼ばれる技術を使って再現されました。
強度の高い革を使用しているにも関わらず、しなやかさも兼ね備えています。
「アクセサリーとして美しさを追求する」という、財布の概念を覆すような上質な高級財布ブランドです。
また、財布の内部には小銭用のファスナー、カード、お札を入れるスペースも作られているという細部にもこだわり抜いています。FAROは、スマートな生活を送りたいビジネスマンの方に人気のあるアイテムです。

設立国 日本
設立年 -
財布価格帯 20,000〜220,000円

 

ファーロ取扱いストア

■ ワイルドスワンズ

「自分らしくなれるもの」というコンセプトのワイルドスワンズ。丸みを帯びた湾曲のデザインが特徴的です。上質な革の素材をもとに、1点1点職人の手によって作られる財布は、存在感のあるアイテムに仕上がっています。
ビジネスシーンよりも日常生活やカジュアルなシーンの主役となるワイルドスワンズは、繊細なデザインとは裏腹に、持つ人をワイルドにさせる力を持っています。
デザインに注目が集まりがちですが、上質な素材だけを使っている点からも長年の使用にもダメージを受けにくく、長年の利用にも全く問題ありません。
ワイルドスワンズのユーザーは、リピーターも多く、ずっとこのブランドのみを使い続けているという方も少なくありません。

設立国 日本
設立年 1998年
財布価格帯 3〜5万円台

 

ワイルドスワンズ取扱いストア

■ 大峡製鞄

大峡製鞄(おおばせいほう)は、初めて耳にする人も多いかもしれません。このブランドは1935年創業と歴史は古く、かつては、皇室の薬箱を製作していた実績もあるそうです。実績も格式高いですが、皮革素材はパダラッシィ・カルロ社やワルピエ社など世界の有名タンナーから仕入れているため、クオリティはかなりのもの。ベーシックなデザインが多く、30代〜50代の本物志向の、大人の男性に好まれているのが特徴です。

設立国 日本
設立年 1935年
財布価格帯 12,000〜100,000円

 

大峡製鞄公式サイト

■ ポーター

日本製の財布や鞄ブランドでは、高い知名度を誇るポーター。吉田カバンが展開するラインであることも、多くの方がご存知ではないでしょうか。ブラックなどのベーシックな色・デザインのアイテムもあれば、個性的なものもあり、特に20代などの若い世代を中心に好まれています。ジャパンメイドにこだわり、リーズナブルながらも高品質のアイテムを展開。手にすれば、約半世紀受け継がれてきた「一針入魂」の吉田カバン精神を感じられるでしょう。

設立国 日本
設立年 1962年
財布価格帯 9,000〜33,000円

 

ポーター公式ストア

■ ヘルツ

日本生まれのレザーバッグブランドとして創業したヘルツは、40年以上の歴史があります。クールでシャープというよりは、どこか革の温かみを感じられるような柔らかいデザインのアイテムが特徴です。カラーバリエーションも豊富ですが、中でも人気なのは明るいキャメル。太めの糸のステッチがアクセントとなり、ヘルツというブランドの世界観を伝えています。マットな質感のものが中心なので、光沢のあるレザーが苦手な方にもおすすめです。

設立国 日本
設立年 1973年
財布価格帯 3,500〜28,000円

 

ヘルツ公式サイト

■ 番外編・2ブランド

最後に番外編として、ネットではほとんど見かけないブランドを2つご紹介します。

 

ウォームスクラフツマニュファクチャー

 

やたらと長ったらしいブランド名が気になりますが、兵庫県にある新喜皮革というタンナー(革の製造業者)が手がけるブランドです。自ら革を製造して革製品まで仕上げるブランドは他にありません。私が購入したナチュラルコードバンの財布は、200頭に一頭しか採れない希少な肌色のコードバンが使われており、その美しさに一目惚れして購入しました。どの製品も販売数が限られるため、公式サイトでの取扱いは少数です。店舗は関西の阪急が中心で、東京だと有楽町にある阪急メンズ東京の1階にあります。どれも非常に高価ですが、品質な間違いなく国内最高峰です。

設立国 日本
設立年 2014年
財布価格帯 48,000円〜

 

公式サイトへ

 

 

 

Isetan Men's (イセタンメンズ)

 

東京は新宿にある伊勢丹メンズ館のオリジナルブランドです。伊勢丹メンズ館1階の財布売り場には、GANZO・キプリス・YUHAKU・プレリー・FAROなどなど国内最高峰の革財布が多数展示されています。その中にあるIsetan Men's(イセタンメンズ)の財布も他に引けを取らない品質です。ネットでの取扱いもありますが、伊勢丹メンズ館は私のイチオシのお店ですので、是非一度足を運んでみて下さい。ここに来ればきっと欲しい財布が見つかります。

設立国 日本
設立年 -
財布価格帯 16,200円〜

 

公式サイトへ

おわりに

中には初めて聞くブランドもあるかもしれませんが、どれも品質が高く、大切な人へのプレゼントに選んでも恥ずかしくない高いクオリティのものばかりです。

 

もし財布選びに迷っているのならぜひ、国内ブランドのメンズ革財布を検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめのメンズ財布ブランド

 

【 ココマイスター 】

 

日本を代表する革ブランドの一つ。欧州産レザーを日本の熟練職人が一つ一つ丁寧に仕上げます。2009年誕生の若いブランドながらも、20代から60代まで幅広い層に支持を受ける人気ブランドに成長。予算2万円代から

 

ココマイスター公式サイトへ

人気ブランドの記事一覧

このページでは日本の有名革ブランドを5つ、私見たっぷりに解説したいと思います。

私はココマイスターの財布を多数持っていますし、当サイトでもココマイスターの財布をイチオシ商品として紹介しています。ただ、購入するにあたって「どんなブランドなのかもっと知りたい」という方もいらっしゃるはず。そこで、ココマイスター歴の長い私が、様々な観点から解説したいと思います。ココマイスターとは?そもそもココマイスターを立ち上げたのは、2009年創業の株式会社ルアンジュ。「世界に通用する日本製ブラン...

1965年にランドセルメーカーとして創業した土屋鞄製造所。当初たった2人で始まった「子どもたちの6年間をしっかりと支える鞄」造りは、時を経て業容を拡大し、今では大人向けの鞄や財布など、多くの人の相棒となる製品を生み出しています。「皮」を鞣すことによって「革」を造り出す人間の知恵は、古来多くの「丈夫な」道具とし使われてきました。それは人が身に付ける服に始まり、過酷な競技で人の身体を守る防具として、そ...

今回のレビューは、まさに「吸い込まれそうな」と言う表現がぴったりなほどの美しさを持つ、YUHAKU(ユハク)の束入れYVE110です。この表現は、メーカーの謳い文句ともなっていますが、こちらのレビューをご覧頂ければ、それが決して大袈裟ではないことがお分かり頂けるのではないかと思います。元来絵を描いていたユハクの職人さんが染め上げたという深みある色合いは、他に類を見ない一品で、またそのコンパクト性は...

国内外のタンナーから仕入れる厳選素材を、日本の職人技で形にしていく。そのシンプルなデザインと、日本製ならではの品質をミックスさせたコンセプトの「GANZO」は、多くの革財布マニアを魅了しています。※ 本店 (東京・表参道)ブランドとしての「GANZO」が立ち上がったのは2001年と比較的最近ですが、実は皮革製品を扱う歴史は古く、1917年に東京日本橋に設立された「味岡順太郎商店」に端を発します。皮...

東京の上野に本社と店舗があるということで、行ってきました。また、ブライドルレザーの長財布も買ってみました。それぞれ詳しくレポートします。

1995年設立の万双は、「世界最高峰の品質」と「常識的な価格」を標榜する革製品ブランドです。「ブランド」と呼ぶことが万双のコンセプトに合っているかどうかわかりませんが、その製品を手にすると、この謳い文句が決して大げさなものではなく、モノ造りに対する真摯な姿勢が伝わってきます。例えば財布造りにおいて、全体のデザインや素材に比べると目立たない部分とも言えるコバの処理。財布造りの全行程の中で、実は最も時...

ソメスサドルは北海道の砂川市に本社のある、日本を代表する革製品ブランドの一つです。1964年創業の老舗です。今回北海道へ来る機会がありましたので、3店舗を回ってきました。また長財布を購入しましたので、そのレビューもしてみたいと思います。

こんにちは。長財布マニアです。札幌へ行った際、ちょっと足を伸ばしてソメスサドルの本社がある砂川ファクトリーショップへ行ってきました。今回はその時の模様をお伝えします。いざ砂川へ札幌駅から特急のスーパーカムイに乗りました。JR北海道の特急って大丈夫かしらと若干の心配をしつつ。。チケットホルダーが付いているのが新鮮でした。車内で特急券の確認をするのですが、ここに置いておけば寝ている時に起こされることが...

キプリスは、様々なスタイルの革小物などを展開する株式会社モルフォの中核ブランドで、メンズとレディスに大きく分かれています。メンズ財布では、ブランド開始当初から20年以上使い続けている定番素材「コードバン」や、クロコダイル、ピッグスキン、鹿革、キップなど、他社であまり見かけないような素材を含め、様々なラインアップを揃えています。また女性向けでは、明るい優しいカラーのバッグなどが豊富に揃っています。ブ...

PORTER(ポーター)は、国産の老舗カバンメーカー「株式会社 吉田」、通称吉田カバンの主力ブランドです。12才で上野の老舗鞄工房の職人としての修行を積んだ創業者吉田吉蔵が、東京・神田須田町に吉田鞄製作所を設立したのは昭和10年のことです。その後、現在の社名である株式会社吉田への改組を経て、昭和37年に立ち上げられたのが「PORTER」ブランドになります。それまで「吉(きち)さんのところのカバン」...

昭和10年創業の大峽製鞄(おおばせいほう)は、皇室御用達の薬箱や、日本伝統の手縫い技術で作るランドセルなどを筆頭に、「品質と職人技」にこだわって、多くのビジネスバッグや、財布・名刺入れなどの革小物を産み出している老舗国産ブランドです。最高級素材の革だけを使用する「品質」へのこだわりと、手縫いをはじめとする伝統ある「職人技」へのこだわり。 大峽製鞄は徹底したクラフトマンシップを受け継ぎ、手作りならで...

1973年創業のHERZ(ヘルツ)は、革鞄を始めとして「永く使える」こだわりの革製品・革小物を産み出し続ける革鞄工房。名称のヘルツはドイツ語の「ハート(心)」に由来するそうですが、まさに心を込めた鞄造りを標榜する純国内工房です。タンナーと共同で試作を繰り返し、植物タンニンによるなめし工程や染色工程を経て生まれる革は、天然の革の証であるトラやバラ傷などの個性と共に、ヘルツが理想とする丈夫なオリジナル...

色を自由にカスタマイズして注文可能な革財布&小物JOGGO(ジョッゴ)。例えば長財布なら、外装や内装の色はもちろんのこと、アクセントにマチの色を変えてみたり、カードポケットの色を変えてみたりと、遊びゴコロにあふれるオリジナルカラーアレンジが可能です。色も、ビジネス向けの落ち着いたトーンから、フラミンゴピンク、アイボリーホワイトといった明るい色まで計12色が用意されており、WEBサイトで簡単にシミュ...