【長財布マニア】国産革財布

メニュー

【革のビジネスバッグ】メンズでおすすめのブランド10選

このページでは革のビジネスバッグを扱うメンズブランドを、価格帯を分けてご紹介したいと思います。

低価格帯のブランド3選

■ ビジネスレザーファクトリー

その名の通りビジネスに特化した革製品を取り揃えたブランドです。なんとバッグが10,000円台で入手できます。かと言って質が悪い訳ではなく、欧州産の本革を使っています。そこそこの革で安くビジネスバッグを買いたい方におすすめします。

バッグ以外にも10,000円以下の財布や2,777円の名刺入れなど、気になる商品多数です。日本製ではありませんが、製品の購入がバングラデシュの雇用に繋がり、貧困や労働問題の解決にも繋がっているという点に注目です。

設立年 2014年
価格帯 10,000円台
製造地 バングラデシュ

 

ビジネスレザー公式ストア

 

■ MORAL CODE(モラルコード)

モラルコードはアメリカ発の革ブランドです。こだわりの高級プレミアムレザーを使ったバッグが1万円台から購入できるとあって人気を集めています。安さの秘密は革の製造(なめし)も革製品の製造も海外で行われていることですが、十分に高い品質を保っています。

 

 

また、もう一つ安さの秘密として中間業者をカットしている点も挙げられます。このレザーでこの価格は他のブランドでは到底考えられません。もちろんデザインも良いので、ページを見てみるときっと欲しくなると思います。

設立年 2011年
価格帯 1万円台〜4万円台
製造地 海外

 

モラルコード公式ストア

 

■ TRANSIC(トランジック)

トランジックはイタリアやニューヨークなど世界各地の革ブランドの製品を販売するセレクトショップです。海外製ではありますが、本格的なビジネスバッグが1万円台から入手できるとあって最近人気を集めています。

 

 

写真のバッグはラインナップの中では高めの65,000円となりますが、イタリア・トスカーナ地方のレザーがふんだんに使われ、デザイン性も使いやすさも抜群。低価格帯のショップながら、皮肉にもこのバッグが一番人気となっています。

設立年 2011年
価格帯 1万円台〜7万円台
製造地 海外

 

トランジック公式ストア

中価格帯のブランド3選

■ オロビアンコ

若者向けの財布やバッグを扱うブランドとして人気のオロビアンコも多数のラインナップがあります。どれもデザイン的にビジネスカジュアルな服装に合うと思います。

シルバーのロゴがオロビアンコのデザインの象徴で、ファンにはたまらないですね。3万円台の物がお手頃でおすすめです。

設立年 1996年
価格帯 3万円台〜6万円台
製造地 海外

 

オロビアンコ公式ストア

 

■ アニアリ

そのデザイン性やカラーラインナップから、オシャレに気を使う人に人気があるブランドです。ブランドの立ち位置としては主に20代向けの印象ですが、製品を見ると30代40代でも全然イケます。

バッグも財布も日本製で質が高い割にそれほど高くないのでコスパが良いと感じます。写真のバッグは36,300円。かなり良いと思います。

設立年 1997年
価格帯 3万円台〜5万円台
製造地 日本

 

アニアリ公式ストア

 

■ フジタカ

1941年創業の大阪の革ブランドです。洗練されたデザイナーがいる、一歩先行く革ブランドだと感じています。老舗はどこもシンプルな製品を作りがちですが、フジタカはバッグにも財布にもちょっとしたグラデーションを加えたり、和を取り入れたモダンな物もあります。

万双と比べると、その対極を攻めていると言っても過言ではありません。ビジネスバッグの種類も価格帯も豊富なのが嬉しいです。バッグに力を入れているのがよく分かります。

設立年 1941年
財布価格帯 3万円台〜20万円台
製造地 日本

 

フジタカ公式ストア

高価格帯のブランド3選

■ ココマイスター

ヨーロッパ産のとにかく良いレザーを使い、日本の熟練職人の手によって仕立てられているため、製品のクオリティが高いのが特徴です。日本のブランドとしては珍しく、ハイエンドブランドに位置づけられます。

エイジングが楽しめるレザー製品が多いのも特徴です。10万円以上するものばかりですが、とにかく良いビジネスバッグが欲しい方にはおすすめします。

設立年 2009年
財布価格帯 9万円台〜23万円台
製造地 日本

 

ココマイスター公式ストア

 

■ 土屋鞄製造所

約半世紀もの歴史がある、日本国内でも名の知られた土屋鞄。もともとはランドセルメーカーとして出発したブランドですが、レザーに関する知識や実績は充分にあり、品質の高い革製品があります。

カチッとした物、少しカジュアルな物など、30代以上の大人の男が持つにふさわしいアイテムが揃っています。ブランド名に「鞄」が入っているほどですから、品質で裏切られることはありません。

設立年 1965年
財布価格帯 5万円台〜20万円台円
製造地 日本

 

土屋鞄公式ストア

ピックアップ5点

ここでは実際のビジネスバッグを取り上げてご紹介します。

■ 安さが魅力

こちらはビジネスレザーファクトリーのビジネスバッグです。

 

 

安さが魅力の、スタンダードなバッグです。税込み16,498円です。

 

 

価格以外の魅力は正直言って特に無くて、本格的なビジネスバッグを安く手に入れたい方におすすめします。

 

このバッグの商品ページ

 

ビジネスレザーファクトリーはビジネスバッグの種類がとても豊富なので、こちらの一覧ページも是非合わせてご覧下さい。

 

どれも税込み1万円台です。

 

ビジネスレザー公式ストア

 

■ スーツでもカジュアルでもOK

これはモラルコードのビジネスバッグです。

 

 

緩すぎもせず、硬すぎもせず、一つあればカジュアルでもスーツでもどっちもOKです。

 

 

プレミアムレザーを使用しながらも価格は税込み21,780円に抑えられており、当サイトでご紹介している財布よりも安くてかなり人気が高いです。

 

 

私も持っていますがこれはダントツでおすすめです。一つ持っておくと色んなシーンで使えて便利です。

 

このバッグの商品ページ

 

モラルコードのバッグ一覧はこちら。

 

モラルコード公式ストア

 

■ イタリアンレザーが美しいビジネスバッグ

こちらはトランジックのビジネスバッグです。本格的なイタリアンレザーを使用しており、丸みを帯びたデザインはこのページでご紹介しているバッグの中で一番美しいです。

 

 

 

価格は税込み71,500円と少々値が張りますが、オシャレ感を出したい方におすすめします。

 

 

このバッグの商品ページ

 

トランジックのバッグ一覧はこちら。

 

トランジック公式ストア

 

■ ブライドルレザーでカチッと決める

こちらはココマイスターのビジネスバッグです。

 

 

英国産の重厚で堅牢なブライドルレザーを使用しているので、スーツに合わせてビシッと決めるには最適なバッグです。

 

 

容量はあまり期待しないで下さい。もちろんビジネスに必要な物は入りますが、このバッグはたくさん入れるためには作られていません。

 

その代わり、見た目の印象を一段階も二段階も引き上げてくれることは間違いありません。

 

 

最高級ブライドルレザー使用して日本の職人が製造しているので、価格は税込み155,000円と高いですがそれに見合う価値を提供してくれます。

 

このバッグの商品ページ

 

■ 特徴的なデザインで差別化する

最後もココマイスターから。

 

一般的なビジネスバッグとは形状が異なるので、「変わったバッグですね」の一言から話が弾むかもしれません。

 

 

大容量なので荷物が多い人にはありがたいです。

 

 

若い方よりも30代後半〜50代の方が持つことで、大人の風格をプラスしてくれるような、そんなバッグかもしれません。

 

 

価格は税込み138,000円とやはり高いですが、他の人が持っていない変わったデザインのバッグを求める方におすすめします。

 

このバッグの商品ページ

 

ココマイスターもビジネスバッグの種類が豊富で、約20商品の中から選べます。一覧ページも合わせてご覧ください。

 

ココマイスター公式ストア

革バッグのレビュー記事一覧

ココマイスターのビジネストートで最近人気を集めているのがマットーネ・ガブリエルです。ココマイスターの銀座並木通り店に行った時に、陳列されているこのバッグを見て一目惚れして購入しました。店員さんによると、プライベート用としても売れているのだそうです。確かにこれはカジュアルな服装にも合いますね。こちらは使い込むうちにほどよい光沢が出てくるマットーネという革が使われています。これぞ革!というオーソドック...

いつもは革財布のレビューを中心にしていますが、今回、革素材として抜群の耐久性を誇る人気の高級皮革・ブライドルレザーをふんだんに使用したダレスバッグを入手しました。以前から狙っていたものの、なかなかのお値段なので躊躇していましたが、実際に手にとると「お値段以上」の品質を感じます。早速レビューしてみたいと思います。■ダレスバッグについてダレスバッグというのは、米国の国務長官を務めたダレス氏が使用してい...

今回ご紹介するのはココマイスターの『ブライドルバンガーブリーフ』 というブリーフケース。その特徴はなんと言っても、英国産最高級ブライドルレザーを使用していること。革製のブリーフケースはもちろんたくさんありますが、ブライドルレザーを使用したブリーフケースは珍しいです。他のブランドにもないことはないですが、革自体が非常に堅牢でとても高度な技術を必要とされるため、これを製造できる工房は限られるのが現状で...