【長財布マニア】日本製メンズ革財布

メニュー

【革のビジネスバッグ】メンズでおすすめのブランド7選

このページでは革のビジネスバッグを扱うメンズブランドを、価格帯を分けてご紹介したいと思います。

低価格帯のブランド4選

■ HushTug(ハッシュタグ)

中間業者がいないことで「品質は上げるが価格は抑える」を実現したハッシュタグ。写真のビジネスバッグには欧州各国でも引き合いのあるクロムなめしされた牛革が全面に使われいて、それでいて価格は税込みで24,980円。ハッシュタグでも人気上位の商品です。

 

 

しかも30日以内は返品可能で「使い勝手が悪かった」「思った色味と違った」という理由でもOK。ネットでバッグを買うのが不安な方も安心です。海外製ですが日本製に遜色ない品質なのが素晴らしいです。

設立年 2018年
価格帯 2万円台
製造地 海外

 

ハッシュタグ公式サイト

 

■ MORAL CODE(モラルコード)

モラルコードはアメリカ発の革ブランドです。こだわりの高級プレミアムレザーを使ったバッグが1万円台から購入できるとあって人気を集めています。安さの秘密は革の製造(なめし)も革製品の製造も海外で行われていることですが、十分に高い品質を保っています。

 

 

もちろんデザインも良いのでページを見てみるときっと欲しくなると思います。安い・品質が良い・格好良いの三拍子揃ったブランドです。

設立年 2011年
価格帯 1万円台〜4万円台
製造地 海外

 

モラルコード公式サイト

 

■ TRANSIC(トランジック)

トランジックはイタリアやニューヨークなど世界各地の革ブランドの製品を販売するセレクトショップです。海外製ではありますが、本格的なビジネスバッグが1万円台から入手できるとあって最近人気を集めています。

 

 

写真のバッグは27,500円でトランジックでレビュー件数が最も多く、評価も一番高いビジネスバッグ(ブリーフケース)です。

設立年 2011年
価格帯 1万円台〜7万円台
製造地 海外

 

トランジック公式サイト

 

■ ビジネスレザーファクトリー

その名の通りビジネスに特化した革製品を取り揃えたブランドです。なんとバッグが10,000円台で入手できます。かと言って質が悪い訳ではなく、欧州産の本革を使っています。そこそこの革で安くビジネスバッグを買いたい方におすすめします。

 

 

日本製ではありませんが、製品の購入がバングラデシュの雇用に繋がり、貧困や労働問題の解決にも繋がっているという点に注目です。写真は税込み17,598円のスタンダードなビジネスバッグです。

設立年 2014年
価格帯 10,000円台
製造地 バングラデシュ

 

ビジネスレザー公式サイト

中価格帯のブランド2選

■ アニアリ

そのデザイン性やカラーラインナップから、オシャレに気を使う人に人気があるブランドです。ブランドの立ち位置としては主に20代向けの印象ですが、製品を見ると30代40代でも全然イケます。

 

 

バッグも財布も日本製で質が高い割にそれほど高くないのでコスパが良いと感じます。写真のバッグは36,300円。かなり良いと思います。

設立年 1997年
価格帯 3万円台〜5万円台
製造地 日本

 

アニアリ公式サイト

 

■ フジタカ

1941年創業の大阪の革ブランドです。洗練されたデザイナーがいる、一歩先行く革ブランドだと感じています。老舗はどこもシンプルな製品を作りがちですが、フジタカはバッグにも財布にもちょっとしたグラデーションを加えたり、和を取り入れたモダンな物もあります。

ビジネスバッグの種類も価格帯も豊富なのが嬉しいです。バッグに力を入れているのがよく分かります。

設立年 1941年
主な価格帯 3万円台〜20万円台
製造地 日本

 

フジタカ公式サイト

高価格帯のブランド1選

■ ココマイスター

ヨーロッパ産のとにかく良いレザーを使い、日本の熟練職人の手によって仕立てられているため、製品のクオリティが高いのが特徴です。日本のブランドとしては珍しく、ハイエンドブランドに位置づけられます。

 

 

エイジングが楽しめるレザー製品が多いのも特徴です。10万円以上するものばかりですが、とにかく良いビジネスバッグが欲しい方にはおすすめします。

設立年 2009年
主な価格帯 9万円台〜23万円台
製造地 日本

 

ココマイスター公式サイト

ピックアップ3点

ここでは実際に売れているビジネスバッグを取り上げてご紹介します。

■ シンプルなデザイン

これはハッシュタグで一番人気のビジネスバッグです。超シンプルなデザインで、しかも大容量なのが嬉しいです。

 

 

直接広報の人に話を伺ったところ、様々なバッグを扱う中でこのビジネスバッグとトートバッグがダントツで人気なのだそうです。本格的な牛革を使っていながら税込み24,980円でしかも30日間は返品可能というのは魅力的ですね。

 

このバッグの商品ページ

 

■ これは格好良い

モラルコードで一番人気のビジネスバッグです。緩すぎもせず硬すぎもせず、カジュアルでもスーツでも活躍してくれそうなバッグです。

 

 

ビジネスとプライベートで使い分ける必要が無いというのが最近人気のあるバッグの特徴かもしれません。プレミアムレザーを使用しながらも価格は税込み23,980円に抑えられています。

 

価格も魅力ですが単純に格好良いですよね。

 

このバッグの商品ページ

 

モラルコードのバッグ一覧はこちら。

 

モラルコード公式サイト

 

■ 安さが魅力

こちらはビジネスレザーファクトリーのビジネスバッグです。安さが魅力のスタンダードなバッグで税込み17,598円です。

 

 

価格以外の魅力は正直ありませんが、この価格でこの品質であれば十分に納得できます。本格的なビジネスバッグを安く手に入れたい方におすすめします。

 

このバッグの商品ページ

 

ビジネスレザーファクトリーはビジネスバッグの種類がとても豊富なので、こちらの一覧ページも是非合わせてご覧下さい。どれも税込み1万円台です。

 

ビジネスレザー公式サイト

バッグの記事一覧

いつもは革財布のレビューを中心にしていますが、今回、革素材として抜群の耐久性を誇る人気の高級皮革・ブライドルレザーをふんだんに使用したダレスバッグを入手しました。以前から狙っていたものの、なかなかのお値段なので躊躇していましたが、実際に手にとると「お値段以上」の品質を感じます。早速レビューしてみたいと思います。■ダレスバッグについてダレスバッグというのは、米国の国務長官を務めたダレス氏が使用してい...

今回ご紹介するのはココマイスターの『ブライドルバンガーブリーフ』 というブリーフケース。その特徴はなんと言っても、英国産最高級ブライドルレザーを使用していること。革製のブリーフケースはもちろんたくさんありますが、ブライドルレザーを使用したブリーフケースは珍しいです。他のブランドにもないことはないですが、革自体が非常に堅牢でとても高度な技術を必要とされるため、これを製造できる工房は限られるのが現状で...

ココマイスターのビジネストートで最近人気を集めているのがマットーネ・ガブリエルです。ココマイスターの銀座並木通り店に行った時に、陳列されているこのバッグを見て一目惚れして購入しました。店員さんによると、プライベート用としても売れているのだそうです。確かにこれはカジュアルな服装にも合いますね。こちらは使い込むうちにほどよい光沢が出てくるマットーネという革が使われています。これぞ革!というオーソドック...