【長財布マニア】国産革財布

メニュー

【5万円台】かっこいいメンズ長財布とブランドを厳選

5万円以上する財布を買う人なんているの?って思う方もいると思いますが、意外といるんです。特にユハクは公式サイトのランキングを見るとわかりますが、5万円以上する財布が売れ筋となっています。

おすすめのブランド

■ yuhaku(ユハク)

ベラトゥーラ技法を使用して唯一無二のカラーを実現したのがyuhaku。日々の生活にマッチするべく、上質感と扱い易さの絶妙なバランスを保っているブランドです。色に関しては、手染めでグラデーションを施すことから、同じ製品を二度と作ることができないという特徴を持っています。見た目のスタイリッシュさ、美しさが注目されますが、製造段階で触り心地と使いやすさを追求するなど、財布の内部まで最大限のこだわりを追求しています。自分専用財布を持ちたい、大切な日のプレゼントにパートナーへ贈りたいという時にピッタリのアイテム。ユニセックスのバリエーションも豊富に用意されていますので、世界に1つだけの財布を探してみてはいかがでしょうか。

設立年 2006年(2009年ユハクに改組)
財布価格帯 15,000〜195,000円
製造地 日本

 

yuhaku公式サイト

■ ウォームスクラフツマニュファクチャー

兵庫県にある新喜皮革というタンナー(革の製造業者)と関連の深いブランドです。新喜皮革が製造したコードバンやホースハイドなど使用した革製品を手がけています。会社名が『株式会社コードバン』ですから、それだけでコードバンにかける熱い思いや決意のようなものが伝わってきます。私が購入したナチュラルコードバンの財布はレザーが希少なため、ネットでの取扱いはありません。他の製品も販売数が限られており、店舗での販売が優先されています店舗は大阪の阪急やE-MA、東京だと有楽町にある阪急メンズ東京の1階にあります。どれも非常に高価ですが、品質は間違いなく国内最高峰です。

設立年 2014年
財布価格帯 48,000円〜
製造地 日本

 

公式サイトへ

■ GANZO

ブラックやブラウンのシンプルな色が多く、重厚感溢れる上質な革を使用していることからビジネスシーンに合わせやすいGANZO。「あなたの手によって“世界最高”の完成品となる」というコンセプトのもと、使い込むほど味が出るまさに、大人のためのアイテムです。他のブランドよりも光沢が強く、見た目の質感の良さだけでなく耐久性も持ち合わせています。長年使用してもダメージを受けるどころか、逆に味が出てくるという点は人気のブランドの理由であり、GANZOの最大の特徴です。日本の職人によって一切の妥協をせずに作られる本格派の高級財布。もちろんビジネスシーンだけでなくカジュアルにもマッチしますので、自分へのご褒美としていかがでしょうか。

設立年 2001年
財布価格帯 12,000〜270,000円
製造地 日本

 

GANZOオンラインストア

おすすめの長財布2点

ジョージブライドル・ロイヤルウォレットの特徴

これは驚くことに表面の革だけでなく内部の革もブライドルレザーが使用されています。全面ブライドル仕様の超高級長財布。最初は革が堅くて使いにくくても徐々に馴染んでいきます。ブライドル好きにはたまらない逸品です。

価格 50,000円
評価 評価5
備考 外側内側ともに欧州産ブライドルレザー・縫製地は日本

 

クリスペルカーフ・ロシュウォレットの特徴

クリスペルカーフを用した、折り畳みタイプで薄さにこだわった長財布。クロムなめしされてできたその光沢と適度なシボ感が大人の魅力を引き立てます。こちらはビジネスシーンにおすすめです。

価格 54,000円
評価 評価4
備考 外側内側ともに欧州産ボックスカーフ・縫製地は日本

おすすめの二つ折り財布1点

コードバンクラシック・スウィープの特徴

マイスターコードバン(水染めのコードバン)とは違いロウ引きのコードバンを使用しているため、ツヤや派手さを抑えたシックな仕上がりになっています。しかし使ううちにロウが取れ、少しずつツヤが出て輝きが増していきます。

価格 51,200円
評価 評価5
備考 国産ロウ引きコードバン使用・内部はベルギー産アマンデルレザー・縫製地は日本

まとめ

5万円台の財布をネットで買うならユハクがおすすめです。ウォームスクラフツマニュファクチャーの財布は店舗だと品揃えが豊富なので、東京・大阪・京都・博多近辺にお住まいの方は是非行ってみて下さい。