【30代向け】メンズ財布ブランド13選!プレゼントにも最適

メニュー

【30代男性におすすめ】人気のメンズ財布ブランド13選

30代に入ると「高品質の財布を使いたいな」と、大人のオトコを意識する人が増えてくるようです。でも、どのブランドがおすすめなのか、よくわからない男性も多いのではないでしょうか。ここでは、30代の男性にチェックしていただきたい人気メンズ財布ブランドをご紹介していきます。尚、品質の高い国内ブランドを優先したいと思います。

■ ココマイスター

いい長財布を選ぶなら、ヨーロッパ産の高級皮革で、日本の職人の手によって仕立てられたものが最もクオリティが高いといわれています。ココマイスターの長財布は、人気のブライドルレザーなどを見てみても分かるように、欧州産高級レザーを使用し日本職人の手作業で仕立てられたものです。エイジング、収納力などを見ても、他に劣らぬ品質を保っています。ビジネスでもカジュアルでも活躍するデザインは、手にして後悔のないデザインと言えるでしょう。

設立国 日本
設立年 2009年
財布価格帯 13,000〜120,000円

 

ココマイスター公式ストア

■ GANZO

皮革袋物メーカーでも老舗で知られる「AJIOKA」が展開するブランドです。GANZO製品にはAJIOKAで培ったレザーのノウハウが詰め込まれており、シンプルながらも品質の高いアイテムがラインナップしています。カラー展開は、比較的シンプルで落ち着いた色が多く、ビジネスにもカジュアルにも使えるのが、男性たちにも評価されているようです。レザーメーカーの製品だけあり、経年変化も充分に楽しめるので、皮革ファンにもおすすめできます。

設立国 日本
設立年 2001年
財布価格帯 12,000〜270,000円

 

GANZO公式ストア

■ JOGGO

欧州産の上質なレザーを使用していながら、14,800円という格安価格を実現した財布です。レザーの色の組み合わせを自分で選ぶことができ、プレゼントにも喜ばれています。メイドインジャパンではないのが安さの理由ですが、実はこの財布の製造がバングラディシュにおいて雇用を生み出し、貧困対策に繋がっています。買うことで社会貢献できるという優れた仕組みです。縫製をチェックした上で出荷されていますので、品質にも問題ありません。

設立国 日本
設立年 2007年
財布価格帯 14,800円

 

JOGGO公式ストア

 

※プレゼント用ページですが、ご自分で購入される方も多いです。

■ メンズレザーストア

こちらはブランドではなく、ネットショップの紹介になります。本格的な国産革ブランドを複数取り扱っており、ブライドルレザー・コードバン・クロコダイル・エレファントなど多数のレザーから選ぶことができます。特に1番人気のアドバン長財布(写真左・牛革)は独特の風合いと発色が美しく、他で見ることのできない代物です。それでいて価格は3万円以下とリーズナブル。是非手にして欲しい逸品です。

設立国 日本
設立年 2017年
財布価格帯 24,840〜118,800円

 

メンズレザーストア公式へ

■ 土屋鞄製造所

約半世紀もの歴史がある、日本国内でも名の知られた土屋鞄。もともとはランドセルメーカーとして出発したブランドですが、レザーに関する知識や実績は充分にあり、品質の高い革財布があります。大人っぽい落ち着いたデザインの革財布がメインなので、ビジネスシーンにも使えるのが評価ポイントです。社名の通りバッグがメインなので、メンズ財布のラインナップが少なめなのがちょっと残念です。

設立国 日本
設立年 1965年
財布価格帯 5,500〜46,000円

 

土屋鞄公式ストア

■ プレリーギンザ

銀座1丁目に本社と店舗を構える(株)ゴールドファイル・インターナショナルは複数のオリジナルブランドを運営しています。その中のプレリーギンザは「最高品質商品」をコンセプトに立ち上げられ、同社を代表する国産ブランドです。全国のデパートで取り扱いがあり、その信頼性を疑う余地はありません。また、更に質の高いブランドであるジュエルや中国製で廉価なプレリー1957、レディースのル・プレリーなども展開し、幅広いニーズに応えています。
設立国 日本
設立年 1957年
財布価格帯 21,600円〜35,640円

 

プレリー公式ストア

■ アヤメアンティーコ

まだ歴史の浅いブランドですが、日本だけでなくイタリアにも工房を構える本格派のブランドです。価格は一番高い財布で30,000円程度なので割と庶民的で親しみやすいです。どれもイタリアンレザーを使った柔らかめの財布で、カジュアル向けの製品が多いです。ブライドルレザーやコードバンでカチッと決めたい方には別のブランドをおすすめします。

設立国 日本
設立年 2013年頃
財布価格帯 11,000〜31,000円

 

アヤメアンティーコ公式ストア

■ ソメスサドル

ソメスサドルは北海道を中心に展開している日本の革ブランドです。あまり馴染みのない人が多いと思いますが、北海道に4店舗、東京にも青山の直営店と松屋銀座のインショップがあります。馬具を宮内庁に納めていたほどですから、技術的に相当認められている会社です。個人的にはブライドルレザーの長財布がお気に入りで、大切に保管しています。

設立国 日本
設立年 1964年
財布価格帯 10,000〜35,000円

 

ソメスサドル公式サイト

■ エッティンガー

 

英国レザーブランドのエッティンガーの財布は、スーツにも似合うと男性から人気のあるブランドです。英国王室御用達ブランドでもあり、グレンロイヤルとホワイトハウスコックスと並んで、英国御三家とも呼ばれているようです。エッティンガーは、一見シンプルなデザインですが、内装のカラーレザーが斬新だったり、個性が光るアイテムが多いのも特徴です。薄くて耐久性もあるレザーは、毎日ハードに働く男性立ちからも評価を得ています。

設立国 イギリス
設立年 1934年
財布価格帯 29,000〜73,000円

 

エッティンガー公式ストア

■ ホワイトハウスコックス

ホワイトハウスコックスは、なんと19世紀から続くイギリスの老舗ブランド。ブランドラインナップの中では、ブライドルレザーの財布や名刺入れなどの革小物、ベルト、バッグなどが人気です。もともとは馬具メーカーであったことから、レザーに関する知識や実績は充分にあるブランド。品質に対する信頼は十分にあるといえるでしょう。伝統的な製法で仕立てられるレザーグッズは、エイジングを楽しみたい革マニアを満足させる魅力を持っています。

設立国 イギリス
設立年 1860年
財布価格帯 18,000〜52,000円

 

公式ストア

■ グレンロイヤル

 

スコットランドで設立されたグレンロイヤル。1979年創業と比較的歴史の浅いブランドですが、ブライドルレザーの評価が高く、経年変化が楽しめると革マニアからも人気を集めています。日本製のように繊細な仕立てではありませんが、価格は3〜4万円代と比較的リーズナブルで、革製品初心者でも手にしやすいブランドと言えるでしょう。また、経年変化を楽しみたい人であれば、充分にその魅力を味わえるといえます。

設立国 イギリス
設立年 1979年
財布価格帯 14,000〜88,000円

 

グレンロイヤル公式ストア

■ 池之端銀革店・Cramp

 

池之端銀革店は様々なブランドを取り扱うレザーショップ兼工房です。特に人気なのが、オリジナルブランドであるCramp(クランプ)の長財布。UKブライドルレザーを使用した極厚の財布で、抜群の収納力と存在感が特徴です。池之端銀革店はよく雑誌で取り上げられていますし、伊勢丹新宿でも取り扱いがあることからも、その信頼性の高さが伺えます。東京に実店舗もあるので、革好きの方は行ってみてはいかがでしょうか。

設立国 日本
設立年 2012年
財布価格帯 20,000円〜68,000円

 

池之端銀革店・公式ストア

■ 薄い財布abrAsus(アブラサス)

「ポケットの中での快適さ」を追求して作られた『薄い財布』です。グッドデザイン賞を受賞しており、ネット上でも話題となりました。日本で製造された革で、日本で加工・仕上げをされており、薄さだけでなく品質も追求されている財布です。メインの財布としては若干心もとないですが、ちょっとコンビニへ行く時などのサブの財布としては非常に便利だと思います。

設立国 日本
設立年 2009年
財布価格帯 14,950円

 

abrAsus公式ストア

おわりに

どのブランドも品質が高いですが、30代の男性には、個性のあるデザインや、経年変化が楽しめる味わい深い財布が人気のようですね。30代ともなると、とにかく流行を追うというスタイルではなくなり、自分に合ったデザインを選びたい人が多いと思います。この8選のブランドの中から、自分にマッチする財布が見つかるといいですね。