【マルティーニ】超かっこいい財布おすすめ3選

メニュー

マルティーニのメンズ長財布3点

マルティーニ・クラブウォレットの特徴

イタリア産ミネルバボックスを全面に使用しています。光沢を抑え、適度なシボ感のあるレザーです。その落ち着きある革は30代以上の大人が持つことでより画になります。

価格 38,000円
評価 評価4.5
備考 全面的に欧州産ミネルバボックスを使用・縫製地は日本

 

マルティーニ・アーバンウォレットの特徴

マルティーニシリーズの中でもシンプルな折りたたみ式の長財布。シックで気品があり、大人向けな感じです。余分な物を省きたい方にオススメです。

価格 42,000円
評価 評価4
備考 全面的に欧州産ミネルバボックスを使用・縫製地は日本

 

マルティーニ・オーモンドウォレットの特徴

外側も内側もミネルバボックスという皮革を贅沢に使用したマルティーニシリーズの長財布。このタイプには珍しく小銭の容量が大きいのが特徴です。

価格 40,000円
評価 評価4
備考 全面的に欧州産ミネルバボックスを使用・縫製地は日本

マルティーニとは?

 

手に持つと、しっとりとした手触りと革の重みを感じるマルティーニシリーズは、ココマイスターの中でも1、2の人気を誇るマットーネシリーズと同じタンナーの生み出す高級皮革です。植物タンニンなめしによる製造工程は同じながら、最終工程の違いによって見事に味付けの異なる革となっており、使う人の好みに合わせた選択が可能です。本稿では、その違いに特にスポットを当ててみたいと思います。

■まさに「大人の休日」感あふれるマルティーニ

まず初めに結論めいたことを書いてしまうと、マルティーニシリーズは、その謳い文句通り「大人の休日」にぴったりな、ハイクラスのカジュアルウォレットとして見事に仕上がっていると思います。

 

 

冒頭で触れたように、このマルティーニシリーズには、兄弟分とも言えるマットーネシリーズが存在します。マットーネシリーズは、革の表面が光沢を持ち、ビジネス&フォーマルからカジュアルまで広範囲をカバーする汎用性の高いウォレットです。

 

一方、マルティーニの方は、特に使用開始直後は表面がマット(光沢のない)な感じで、
また財布を手にした時に、マットーネよりも「くたっ」とした印象を受けます。それがフォーマル・スーツよりも、ジャケットが似合いそうな雰囲気を醸し出しているのです。

 

この「くたっ」と感は、ふにゃふにゃということではありません。マルティーニは財布の表裏両面に同じ高級皮革(ミネルバ・ボックス)を採用する贅沢な造りで、且つオイルをふんだんに含むことから財布に「重み」と「しっとりした触感」があります。表現が難しいのですが、重厚で高級な「くたっ」と感なのです。

 

 

またこの質感のおかげで、財布を閉じたときに膨らまず、数字以上にスリムな使用感が得られるのは、特筆に値すると思います。

■イタリア老舗タンナーによる伝統的バケッタ製法

革そのものの製法にも少し触れておきたいと思います。マルティーニは、イタリアの老舗タンナー(バグラッシ・カルロ社)が伝統的「バケッタ製法」によって作る最高級皮革で、植物タンニン100%で鞣(なめ)された牛皮に、オイルをゆっくりと時間をかけて染み込ませていきます。

 

 

植物タンニンによるなめし工程は、近代の主流であるクロムなめしに比べて時間や手間暇がかかります。これはタンニンを皮の中に深く浸透させていくためには、徐々に濃度の異なるタンニン槽に付け替えるなど、多くの工程をふむ必要があるためです。

 

更にバケッタ製法においては、その最大の特徴と言える、通常よりも何倍ものオイルを含ませる工程を経るわけですが、これら多くの工程によって、丈夫で、経年変化が美しく、またしっとりとした質感のオイルドレザーが生まれます。

 

 

マットーネシリーズについても、同じタンナーの手によって、同じバケッタ製法によって作られるもので、色合いや触感は非常によく似ています。

 

違いが出るのは最終工程の仕上げ部分で、マットーネの方には卵白を原料に用いたカゼイン加工が加えられることで、革の表面に艶と張りが出ています。逆にマルティーニシリーズではこの艶感が抑えられているために、内外装に違和感なく使用可能な、落ち着いた印象の革となっています

■お手入れ方法

通常、革財布の場合は、保湿力を高めるために適合オイルの塗布などが推奨されますが、マルティーニについては当初から油分をたっぷり含むため、それほど神経質なメンテナンスは必要ないでしょう。また油分は、日々の使用によっても自然に補われます。

 

カサつきが気になってきたらクリームを塗り、雨・水分によるシミが気になる場合は防水スプレーの使用をお勧めします。

 

 

お手入れ方法の詳細は【革財布メンテナンス講座】で詳しく解説しています。

 

革財布メンテナンス講座

■マットーネvsマルティーニ

マルティーニシリーズには見た目の派手さはありません。外装に光沢感があり、内装にコントラストの効いたヌメ革を用いているマットーネシリーズの方が、価格的には安いにもかかわらず、ぱっと見では高級感があるかもしれません。

 

マットーネラージウォレット

 

しかし、マルティーニのさりげない高級感や、手にしっくりとくる触感、革のやわらかさと重みからくる操作感には、捨てがたいものがあるのです。購入当初のマットな感じも、使い込むうちに艶をたたえた深い表情へと変化していきます。

 

マルティーニクラブウォレット

 

見た目の派手さよりも、使い心地、リラックスした雰囲気を求めるなら、マルティーニシリーズをおすすめしたいと思います。

 

 

マルティーニの製品一覧を見てみる

マルティーニで特に人気の2点

マルティーニ・クラブウォレットの特徴

イタリア産ミネルバボックスを全面に使用しています。光沢を抑え、適度なシボ感のあるレザーです。その落ち着きある革は30代以上の大人が持つことでより画になります。

価格 38,000円
評価 評価4.5
備考 全面的に欧州産ミネルバボックスを使用・縫製地は日本

 

マルティーニ・アーバンウォレットの特徴

マルティーニシリーズの中でもシンプルな折りたたみ式の長財布。シックで気品があり、大人向けな感じです。余分な物を省きたい方にオススメです。

価格 42,000円
評価 評価4
備考 全面的に欧州産ミネルバボックスを使用・縫製地は日本